粋な男女が勢ぞろい!池波正太郎作品おすすめ人気ランキングTOP36を長年のファンの筆者がおすすめ

粋な男女が勢ぞろい!池波正太郎作品おすすめ人気ランキングTOP36を長年のファンの筆者がおすすめ

日本を代表する時代小説家といえば、池波正太郎さん!
「鬼平犯科帳」「仕掛人・藤枝梅安」「剣客商売」などなど、映像化もされて私達になじみの深い作品を数多く発表しました。
また、ご本人も浅草生まれの江戸っ子で粋な趣味人でグルメや旅、映画のエッセイも秀逸。

そんな池波正太郎さんですが、発表作品数が多く
「どれから読んでいいのかわからない…」
と迷われますよね。

そこで今回は、元・浅草在住、高校生の時に父親の「藤枝梅安」を読んだことがきっかけで池波正太郎作品にハマり、ファン歴20年以上の筆者が、池波正太郎さんのおすすめ作品をご紹介します!

ライター/トモトモ

中学生、小学生の2人の子育て中の主婦。 日本の小説が大好きで、最近は、ノンフィクションや実用書にもハマってます。 小学校で絵本読み聞かせもやっており、子どもと一緒に絵本や児童書も楽しんでいます。

池波正太郎作品の選び方は?

IMAGE

おおげさがきらい 池波正太郎未刊行エッセイ集1

Kindle版 > 直木賞受賞(26-50回)作家の本
講談社
池波正太郎(著)

¥440
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-02-10

池波正太郎さんは1923年に東京・浅草で生まれ、1950年代から急性白血病で亡くなる1990年まで、長きに渡り時代小説・大衆文学の第一線で活躍した作家です。

没後30年以上経った今も人気の高い作家ですが、若い世代の方には

「難しそう…」

と感じるかもしれません。

(↑池波正太郎さん風に表現…)

しかし、独特の表現・簡潔な言葉で沢山のことを語る池波正太郎さんの文章はとても読みやすいです。

時代小説を読みなれていない私達でもスラスラと頭に入り、情景が広がるんですよ!

そこで今回は「江戸・幕末小説から選ぶ」「『真田もの』から選ぶ」「忍者小説から選ぶ」「女性が主役の小説から選ぶ」「魅力のエッセイから選ぶ」に分けてご紹介いたします。

選び方その1.江戸・幕末小説から選ぶ

IMAGE

鬼平犯科帳[決定版](一) (文春文庫)

Kindle版 > 直木賞受賞(26-50回)作家の本
文藝春秋
池波正太郎(著)

¥723
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-02-10

池波正太郎作品といえば、「鬼平犯科帳」「仕掛人・藤枝梅安」「剣客商売」の『3大シリーズ』が代表作ですね。

この3シリーズは間違いない面白さですが、池波正太郎さんは他にも数多くの江戸・幕末小説を発表しています。

江戸時代を舞台とした「雲霧仁座衛門」「おとこの秘図」「あほうがらす」「秘密」

忠臣蔵を舞台にした「堀部安兵衛」「おれの足音」

新選組・幕末を描いた「幕末新選組」「近藤勇白書」「その男」「幕末遊撃隊」

西郷隆盛とその周りの歴史人を描いた「西郷隆盛」「人斬り半次郎」

などなど。

江戸・幕末の時代がリアルに感じられて楽しめますよ!

選び方その2.『真田もの』から選ぶ

IMAGE

真田太平記(1) (朝日コミックス)

Kindle版 > 直木賞受賞(26-50回)作家の本
朝日新聞出版
細川忠孝(著),池波正太郎(その他)

¥475
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-02-10

戦国時代の知将、ヒーローとして名高い真田幸村をはじめとする真田一族。

真田一族が登場する「真田もの」と呼ばれる小説も数多く発表しています。

池波正太郎は真田一族の中でも真田幸村の兄で、真田家存続のために徳川家の傘下の道を選んだ信之を高く評価。

1960年に直木賞を受賞した「錯乱」は、信之と老中のお家騒動のエピソードです。

その後も、今も伝説の人気作品「真田太平記」や「錯乱」を肉付けした「獅子」などを発表。

真田一族好きな方は、これらの作品から読んでみることをおすすめします。

選び方その3.忍者小説から選ぶ

IMAGE

池波正太郎短編コレクション10鬼火 忍者小説集

Kindle版 > 直木賞受賞(26-50回)作家の本
学研プラス
池波正太郎(著)

¥509
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-02-10

池波正太郎さんは、忍び達を描いた小説や、戦国時代に活躍した武士の話も多数発表しています。

「忍者丹波大介」「火の国の城」「夜の戦士」

「蝶の戦記」(女忍びが主役)など、

知られざる忍者の仕事や役割について学ぶことができますよ。

忍者に興味がある方は、これらの作品から読んでみることをおすすめします。

選び方その4.女性が主役の小説から選ぶ

IMAGE

夜明けの星 (文春文庫)

Kindle版 > 直木賞受賞(26-50回)作家の本
文藝春秋
池波 正太郎(著)

¥612
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-02-10

池波正太郎作品に登場する女性の登場人物は、みんな色々な強さを秘めた「イイ女」!!

女性が主人公の作品も多く、「おせん」「雲ながれゆく」「蝶の戦記」「旅路」「乳房」などの江戸時代小説や、珍しい現代小説「娼婦の眼」も発表。

色っぽく軽やかな読後感を覚える作品ばかりなので、女性が主人公の小説好きの方は、これらの作品から読んでみることをおすすめします。

選び方その5.魅力のエッセイから選ぶ

IMAGE

酒肴日和: 「そうざい」エッセイ選集 (徳間文庫カレッジ)

文庫 > 直木賞受賞(26-50回)作家の本
徳間書店
池波 正太郎(著),卓, 高丘(編集)

¥1,012
Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-02-10

エッセイストとしても人気の高い池波正太郎さん。

古き良き江戸の香りが残っていたころの東京や、戦後の貧しくても日本人の心が豊かだった時代に生きた池波正太郎さんが遺したエッセイは、ジャンルを問わず秀逸で、何度読んでも飽きない魅力があります。

思わずお店に訪れたり料理が食べたくなるグルメエッセイ「散歩のとき何か食べたくなって」「食卓の情景」

粋な男・池波正太郎の魅力がわかる「男の作法」「銀座日記」「日曜日の万年筆」

読むと作品世界をより深く堪能できる「鬼平梅安江戸暮らし」「江戸切絵散歩」などなど。

エッセイ好きの方はぜひお手に取ってみてください!

池波正太郎作品おすすめ本ランキングTOP36

池波正太郎作品の選び方を見たところで、おすすめ作品人気ランキングTOP36をご紹介します。

「この主人公や設定、興味あるかも」という作品がありましたら、チェックしてみてくださいね。

次のページへ
1 2 3 4 5 6 7
×