映画:「超」怖い話 TV完全版 episodeⅠ

「「超」怖い話 TV完全版 episodeⅠ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

「超」怖い話 TV完全版 episodeⅠの紹介:1991年から続く実話怪談シリーズ「『超』怖い話」。多数いる採話者の中でもカルト的な人気を誇る「DINER ダイナー」「東京伝説」の平山夢明による実話怪談をベースに、恐怖体験の収集に取り憑かれた中年男の狂気とその家族の崩壊を描いた2006年放映のホラードラマの第1巻。監督/脚本は「妖怪奇談」「私の奴隷になりなさい」の亀井亨、共同脚本は「クロユリ団地」「劇場霊」の加藤淳也。特殊メイクは「妖怪奇談」の河野顕子。

「超」怖い話 TV完全版 episodeⅠの主な出演者

三島茂男(菅田俊)、その娘沙羅(野村恵里)、その妻雅子(鳥居かほり)、沙羅の別人格ノジル(マメ山田)、カウンセラー(金谷真由美)、「アリヌマ」:荒木老人(市丸得男/清水響)、複眼の少年(酒井一世)、「クロイスジ」:瑕疵物件の住人知美(森脇英理子)、不動産屋神尾(針生楊志夫)、知美の友人加奈子(竹田朱見)、「アオコゾウ」:前橋(日向丈/下山葵)、池田(片山享/坂本優太)、老婆(志水恵美子)、アオコゾウ(けーすけ)、「タロジ」:美香(宗政美貴)、健吾(村岡典文)、和江(播田美保)など。

「超」怖い話 TV完全版 episodeⅠのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①三島茂男は役所勤めの傍ら、恐怖体験の収集にのめり込み、家族をないがしろにしている。②その娘沙羅は霊感体質から精神を病み、別人格ノジルを良き相談相手としている。③家族の中で唯一平凡な感覚を持つ茂男の妻雅子は徐々に精神を蝕まれていく。④そんな中、茂男は隠者のように暮らす荒木老人から幼い頃の異様な記憶「アリヌマ」、瑕疵物件に住む女性知美から「クロイスジ」、老婆から地域に伝わる妖怪「アオコゾウ」、体中に異様な傷を負う女性美香から「タロジ」の話を聞く。

【起】– 「超」怖い話 TV完全版 episodeⅠのあらすじ1

三島茂男は、2人の看守と共に刑場に向かう途中、ふと振り向いて「まだいたのか」と呟きます。

彼は、布で目隠しされ、首に縄を掛けられた瞬間「今見えてるのは全部ウソだ…」と呟きますが、最後は聞き取れません。

また「あの電球は切れてる」と3度言い、看守は辺りを見回しますが、そこは暗い洗面所のような場所で、唯一の裸電球にも問題はありません。

看守は「わかった、後で替えておく」と言って執行を告げ、首縄を絞めます。

「お前は分かってない…」彼が呟いて間もなく、看守は彼から離れ、電球は何度か瞬い切れ、辺りは暗闇になります。

◆chapter:1「アリヌマ」

その日、茂男は、山裾の古い木造の一軒家を訪ねますが、周囲ではカラスが激しく鳴き騒いでいます。

荒木老人は彼に、欠けた茶碗で茶を出し、カラスの愚痴をこぼしますが、茂男は「酒屋で話した話をもう一度聞かせてください。そういう話を聞くのが好きなんです」と頼み、レコーダーのスイッチを入れます。

戦時中、東京から田舎に疎開した荒木少年は地元の子供に虐められ、母親が持たせてくれた御守りを川に捨てられてしまいます。

彼は悔しさと悲しさでたまらなくなり、子供ながらに死のうと思い、蟻の行列を追いながら山へと向かったそうです。

蟻の行列はどこまでも続き、身を屈めて夢中になって追ううち、カラスが鳴き騒ぐ山道に迷い込み、怖くなってしまいます。

しかし突然、カラスの声がピタリと止んで不気味な音が響き、”赤くて、黒くて、油のように光る”モノが現れます。それは何万、何億という蟻の大群がぶつかり合う音でした。

その瞬間、荒木少年はそれまでの辛さを忘れ、その不思議な光景に見とれますが、ふと「この無数の蟻を自分のモノにしたい」という衝動に駆られて群れに石を投げ込み、蟻は幾筋もの黒い流れとなって散ってしまいます。

すると背後に、汚い絣の着物を着た、川に流れたはずの彼の御守りを首に下げた、たくさんの目がある少年が現れ、妙な声を出しながら追いかけてきます。

彼は泣きながら必死で逃げますが、ふと逃げるから追われると気づいて立ち止まり、複眼の少年と対峙します。すると複眼の少年はたじろいで御守りを落とし、2人は同じ動作で屈み、御守りを拾おうとします。

その瞬間一声カラスが鳴き、2人とも驚いて反対方向に逃げ出し、荒木少年は振り返らずに逃げ続け、なんとか家に帰りつきます。

茂男はすかさず「荒木さん、その話には続きがありますよね?そのたくさんの目を持つ少年はどうなったんですか?あなた、御守りを持ち帰ったんですよね?」と促し、荒木老人はじろりと彼を睨みつけ、しぶしぶ続きを話し始めます。

部屋の隅の仏壇には、黒く古びた御守りが供えてあります。

翌日、荒木少年は、件の山道に御守りを取りに行きますが、御守りの側には複眼の少年も戻っていました。2人は再び同じ動作で御守りを取ろうとしますが、2人の手が触れた瞬間、荒木少年の頭には、複眼の少年の「お守りの代わりに何かくれ」という考えが直接伝わって来たそうです。

荒木少年が何を思ったかは不明ですが、複眼の少年は御守りを荒木少年に渡し、山の中に走り去って行ったそうです。

けれど荒木老人はわなわなと震えて爪を噛み、茂男に「そいつに何を上げたんです?」と聞かれた途端、声を上げて泣き出します。

一方、茂男の娘沙羅は、カウンセラーの引田の元を訪ね、道端でもがき苦しむ泥まみれの水死人を見た事を話し、その絵を描かされます。

その夜、茂男は、ダイニングテーブルで荒木老人の慟哭を聞きながら黙々と取材ノートをつけていましたが、傍らで夕餉の支度をしていた妻の雅子は「イヤだ、そんな話集めてどうすんの?」と眉をしかめます。

茂男はふと「お前だったら、自分の大切なモノと引き換えに何でもいいからくれって言われたら、どうする?」聞き、彼女は「大切といえば娘だけど…何でもいいならゴミかな。カラスかな」と言い、老人の慟哭のわけを聞きます。

茂男は「神隠し。この人は、行方不明になった旧友を忍んで泣いてるんだ」と言い、「友だち思いなんだね」と感心する雅子の言葉を否定はしませんでした。

(※荒木少年が複眼の少年に差し出したのは、おそらく彼を虐めていた地元の子。荒木が老人となった今でも寂れた小屋で隠者のように暮らす様子から、未だその後悔の念に苛まされていると思われる)

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「「超」怖い話 TV完全版 episodeⅠ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×