映画:「超」怖い話 TV完全版 episodeⅡ

「「超」怖い話 TV完全版 episodeⅡ」のネタバレあらすじと結末

「超」怖い話 TV完全版 episodeⅡの紹介:1991年から続く実話怪談シリーズ「『超』怖い話」。多数いる採話者の中でもカルト的な人気を誇る「DINER ダイナー」「東京伝説」の平山夢明による実話怪談をベースに、恐怖体験の収集に取り憑かれた中年男の狂気とその家族の崩壊を描いた2006年放映のホラードラマの第2巻。監督/脚本は「妖怪奇談」「私の奴隷になりなさい」の亀井亨、共同脚本は「クロユリ団地」「劇場霊」の加藤淳也。特殊メイクは「妖怪奇談」の河野顕子。

あらすじ動画

「超」怖い話 TV完全版 episodeⅡの主な出演者

三島茂男(菅田俊)、その娘沙羅(野村恵里)、その妻雅子(鳥居かほり)、沙羅の別人格ノジル(マメ山田)、「クビダンゴ」:茂男少年(小川光樹)、その母照美(谷川みゆき)、その父茂(村岡典文)、「ヒツギモグリ」:遠藤佐喜子(児玉多恵子)、「ヒンジャノイノリ」:羽村(田代功児)、浮浪者(愛染恭子、河端保成、佐藤壱兵など)、羽村の同僚(大和啄也、岩田雄介など)

「超」怖い話 TV完全版 episodeⅡのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

これまでの経緯/三島茂男は恐怖体験の収集にのめり込み、家庭を顧みない。その娘沙羅は霊感体質から精神を病み、別人格ノジルを良き相談相手としている。唯一平凡な感覚を持つ茂男の妻雅子も徐々に精神を蝕まれる。①「クビダンゴ」茂男の幼少時、父親が持ち帰った骨董の”処刑図”の掛け軸が怪異を呼び、茂男の母親が壊れ家族崩壊した事が判明。②その掛け軸は密かに茂男が継承し、彼の母同様、雅子が壊れて失踪し、追って茂男も失踪する。②沙羅は両親を探すうち、田舎のバス停で喪服の女性から「ヒツギモグリ」の話を聞き、縊死した雅子を発見する。③一方、茂男は下町に流れ着き「ヒンジャノイノリ」に関わって行く。

【起】- 「超」怖い話 TV完全版 episodeⅡのあらすじ1

ある日雅子は、桐箪笥の奥にあった無惨な斬首の画の掛け軸を見つけ、じっと見つめます。
そこに落ち込んだ沙羅が帰宅し、ノジルと話し始めますが、雅子がやって来て「いい加減にして!うるさい!うるさい!」と叫びながら沙羅に暴行した後、和室で自らの腹を何度も叩き、呻いていました。
沙羅はノジルのせいだと責めますが、「君が良い子の振りをすればするほど俺は悪い奴になる。俺はクスリなんかじゃ消えない!」と言い返されます。
そこに茂男が帰宅し雅子の行方を聞きますが、沙羅に分かるはずもなく、その腫れた顔を見て事態を察したようです。
沙羅に「お父さんは家族と上手くいってたの?」と聞かれた茂男は、幼い頃の奇怪な体験を語り始めます。

彼が幼い頃、一家は山中の一軒家で暮らしていて、茂男の父=茂は出張が多く、骨董品集めを趣味とする真面目な男性、母=照美はその父親によく尽くす優しい穏やかな女性でした。
ある夏、長い出張から戻った茂は「なかなか手に入らない貴重な品だ」と言い、家族に”処刑図”の掛け軸を広げて見せます。
それは江戸時代の斬首刑を記録した画で、処刑人が恐ろしい形相で刀を振るい、血まみれの首無し死体と無惨に弄られた生首がいくつも転がっている怖ろしい図柄で、罪人の血を用いたという血飛沫は毒々しい血色をしていました。
照美は茂男少年には見せまいとしますが、彼はその美しい赤に魅入られ、目が離せなかったそうです。
その掛け軸は床の間に掛けられますが、照美がそれを見ながら自慰をする茂男に気づいて片づけられます。
彼女は2人に処分したと言いますが、茂男少年はその晩、首無しで血塗れの亡者が布団の周囲を歩き回るという体験をし、絶叫します。
茂男は「幽霊ってモノを見たのはそれが初めてで、それ以来、全てが狂い始めた気がする」と語ります。

間もなく茂は再び出張に行き、照美も普段通り見送りますが、深夜、浴衣姿でタバコをふかす彼女は妙に色めき立ち、処分したはずの掛け軸を見つめて何事かを呟き、菩提寺の無縁仏に参るようになります。
そんなある夜、彼女は茂男少年が覗いているのを知った上で、掛け軸を見ながら自分の腹を何度も叩き、身悶えていました。
また食事中、突然優しい声で「茂男ぉ…もうすぐ弟が出来るよ。昨日授かったんよ」と言い出します。それは茂の子ではなく、昨夜突然腹がスイカほど膨らんで無数の生首が生まれたと言うのです。
照美は怯える茂男の肩を掴んで「イヤやったけど、あんたにはまだ分らんやろうけど、痛くて生んだんよ!いくつも、いくつも…」…
彼女はそう言って痣だらけの内股を茂男に見せ、「お父さんには絶対言わんといて」とすがったのです。
話を聞いていた沙羅はひどく動揺し、泣きながら「母さんも同じ事してた!」と打ち明け、茂男は慌てて桐箪笥の中を探しますが、掛け軸は見つかりませんでした。

【承】- 「超」怖い話 TV完全版 episodeⅡのあらすじ2

大嵐の中、茂男は雅子は実家にいるはずだと言い、沙羅を強引に車に乗せ、実家に向かいます。沙羅は落ち着いた様子で、話の続きをねだります。

照美の異様な様子に危機を感じた茂男少年は、頑なに約束を守ったそうですが、茂に廊下についた傷の事を責められ、夜には添い寝に来た照美に包丁を突きつけられ「お父さんに言うな」と脅されたりするうち、白状したそうです。
沙羅はこの瞬間、道端に佇む首無しの亡霊を見ますが黙っていました。
同じ頃、三島家の菩提寺には雅子が現れ、無縁仏に花を供えていました。
掛け軸は照美が和箪笥の奥に隠し持っていたため、着物は全てカビだらけになり、茂は彼女を折檻して掛け軸を取り上げ、寺に持っていこうとしたそうです。
両親は彼の前では普段通りにしていましたが、照美は茂男少年に無数のまち針入りのご飯を出し、腫れた顔で睨みつけていました。
それでもなぜか怪異は納まらず、首無しの亡霊は夜な夜な現れて歩き回り、ある夜茂男は、抜身の刀を引きずって両親の寝室に行き、茂にいきなり切り掛かったそうです。
子供が振るう刀が当たるはずもなく、茂は飛び起きて事無きを得ますが、照美はそれを知っていたのか(廊下の傷は、茂男少年が夢遊病のように同じ事をしてつけたと思われる)、観音開きの洋服箪笥から出て来て、憎々しげに舌打ちをし、掛け軸を引きずりながら大雨の降る庭へと出て行ったそうです。

そこまで話して、茂男は駐車場に車を停め、シートを倒して休憩を取ります。
彼は「その後の母親の行方は分からない」と言いますが、ノジルが出て来て「人が自分の事を言う時にゃ、自分に都合のいいように言うんだ、騙されるな」と沙羅に忠告します。
翌日、父娘は三島家の菩提寺の無縁仏を参りますが、雅子はおらず、沙羅は墓地で虫取り網が動くのを見ますが、茂男には言いませんでした。
2人はやむなく帰宅しますが、沙羅は茂男にも”見えて”いると確信し、ノジルに「なのになぜ怖い話を集めているのか」と聞き、「理由は分かってるけど、俺が消されるから言えない」と言われます。
また茂男は、しばらく雅子の帰りを待ちますが「なんで持ってったんだ!あとちょっとなのに!クソ!」と毒づき、深夜、黙って出て行ってしまいます。
沙羅はすぐに気づきますが、ノジルに「お前、捨てられたんだよ」と言われ大粒の涙をこぼします。

【転】- 「超」怖い話 TV完全版 episodeⅡのあらすじ3

沙羅はしばらくぼんやりした後、「腹が減った!」と騒ぐノジルにソーセージをやって雅子を探しに行き、山間の町のバス停にたどり着きます。
そこに和喪服の美しい女性がやって来て、唐突に「ヒツギモグリって知ってます?今日はヒツギモグリの晩なんです。昔からこの地方には、たまにヒツギモグリがあるから、気をつけた方がいいですよ」と言われます。
女性は戸惑う沙羅に「気をつけろと言われても、何に気をつけたらいいのか分らないですよね」と微笑み、話し始めます。

女性の名は遠藤佐喜子。彼女によれば、最近中学の恩師の葬儀があり、出掛けに母親から「くれぐれもヒツギモグリに気をつけて」と言われて数珠を持たされたそうですが、迷信でしょ?と笑って出掛けたのだそうです。
彼女は提灯と鯨幕が掛かった大きな屋敷まで歩いて行き、声を掛けますが、立派な祭壇や通夜振る舞いの痕跡はあるものの、料理は食べかけで煙草はくすぶり、台所ではヤカンが煮立っているのに、なぜか人っ子一人見当たりません。
不安になった彼女は、ふと棺の中を見ようと小窓に手を掛けますが、遺体まで無いような気がして怖くなり、数珠を落とした事も気づかず逃げ出します。
彼女は懸命に家に帰ろうとしますが、町にも一切人影はなく、なぜか恩師の屋敷に戻されてしまいます。
「多分、罰が当たったんでしょう。大切な母親の数珠を落としてしまったんですから」「いくら自宅に戻ろうとしても、必ず先生の家の前に戻ってしまう…今思えばその時、あの世とこの世の狭間にいたんでしょうねぇ」…
沙羅に話の続きをねだられた佐喜子は「怖い事と、ワクワクする事って似てません?」と笑って沙羅を見つめ「分ります?私、誘惑に負けたんです」と言います。

彼女は諦めて祭壇に戻り、意を決して棺の小窓を開け、中を覗きます。
中には死に装束の彼女自身がいて、じろりと睨まれた瞬間、無数の透けた手が出て掴まり、逃げられなくなります。
「母親に『ヒツギモグリに気をつけろ』って言われてたんですけどねぇ…私、もう帰る場所が無いんです。あなた、気をつけて。今日はヒツギモグリの夜ですから」…佐喜子はそう言うと、薄くなって消えて行きます。

沙羅は夜まで町を彷徨いますが、誰にも会わないまま明かりが消え、やむなく自宅に戻ります。
するとなぜか自宅の玄関には葬式提灯が灯り、居間には立派な祭壇が設えてありました。彼女は佐喜子と同様に棺の中を見ますが、中は空っぽでした。
明け方、彼女は山の広場にたどり着きますが、そこには木の枝で首を吊った雅子の遺体が揺れていました。
沙羅は困り果てて遺体を降ろし、大声で泣き出します。

【結】- 「超」怖い話 TV完全版 episodeⅡのあらすじ4

その頃、茂男は工場と古い住宅が密集した下町に流れ着きます。
その地域ではホームレスの襲撃事件が多発していましたが、警察は何の手立てもせず、ホームレスたちは怯える日々を送っています。
その犯人はキツイ眼をした若い工員羽村で、鉄パイプを刀のように持ち歩き、昼夜分かたずホームレスを見つけるなり殴打するのです。
ある日、茂男は羽村の犯行を目撃しますが、彼自身、薄汚れたコートのフードを目深にかぶり、マスクで顔を隠した異様な風体だったためか、何事も無くすれ違っただけでした。
一方沙羅は雅子の遺体をもてあまし、茂男に電話をしますが、彼は路肩でうずくまり、電話に気づいた途端、携帯を叩き壊します。
沙羅はなんとか自宅に雅子の遺体を運び「これでイヤな事言われなくなったね」と言うノジルを黙らせ「私のせいだね」と呟きます。

同じ頃、工場脇の路地を根城にする女ホームレスの東海林とその仲間、西野と畠山は羽村への対策を思案していましたが、ビニールシート1枚隔てた隣のハウスには茂男がいて、じっと話を聞いていました。
そんなある日、畠山がゴミを捨てに来た羽村を見かけて後を尾け、彼が安アパートの104号に住んでいる事を突き止めます。
その夜、東海林は「これであいつを呪おう」と言い、拾った紙片を広げて見せます。それは茂男の字がびっしりと書き込まれた取材ノートの切れ端でした。
彼らはその手順に従って2体の人形を作り、羽村のゴミを漁ってフルネームを調べ、ゴミを持ち帰って片方の人形に入れ、104号の玄関前に置かれていた枯れた植木鉢の中に埋め込みます。
また、残った人形には彼らの髪の毛やペンダントを入れてハウスの中に吊るし「羽村が死にますように」と呪いをかけます。

一方、深夜冷蔵庫を漁っていたノジルは、件の掛け軸を見つけて沙羅を起こします。彼女は斬首された罪人の思念を感じ「この人、死ぬ間際に『呪ってやる!』って言った!」と怯えます。
沙羅は「掛け軸の振り出しに行こう」と言い出し、ノジルは「母さんはほっとくの?お前が強くなると俺が弱る」とこぼしていました。
彼女は雅子の遺体に布を掛け、掛け軸を持って旅に出ます。

羽村はそもそも無口無表情な男で、友人や彼女もおらず孤独で、職場でも「誰とも口きかないで、死んでんのと同じじゃん!」と嘲られ、彼らが呪い始めてからも特段変化はありません。
ホームレスたちは地団駄踏んで悔しがりますが、むしろ彼らの方が仲良く楽しげな様子です。
そんな中、茂男は羽村の玄関先の植木鉢の中から人形を掘り出し、ホームレスたちのガーゼや髪の毛を入れて、埋め直します。
そしてある晩、彼らのハウスに羽村が現れ、楽しそうに焚き火を囲んでいた3人を鉄パイプで順に撲殺します。
茂男はその音を聞きながら密かにその場を離れ、羽村は翌朝、工場の屋上から飛び降ります。

みんなの感想

ライターの感想

昔見た悪夢のような枯れた映像の中、「クビダンゴ」の茂男少年の母照美役谷川みゆきが圧倒的な熟女の魅(魔)力で迫り、「ヒツギモグリ」の佐喜子役児玉多恵子がその美貌と清楚な和装喪服で迫り(その恰好でなんと町中を駆け回るのですが、その風情も実に艶めいています)、極めつけは浮浪者役で登場する愛染恭子という贅沢この上ない女優陣大活躍の巻です。
残念ながら雅子(鳥居かほり)は亡くなってしまいますが、茂男役菅田俊は本来のドスの利いた演技でますます逼迫し、恐ろしい事に。
相変わらず子供と大人の狭間を揺蕩う沙羅(野村恵里)がどうなってしまうのか、ノジル(マメ山田)がどんな役割を担っているのか…期待と不安が入り混じる1本です。

※「超」怖い話 TV完全版 DVD-BOX

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「「超」怖い話 TV完全版 episodeⅡ」の商品はこちら