映画:「超」怖い話 TV完全版 episodeⅢ

「「超」怖い話 TV完全版 episodeⅢ」のネタバレあらすじと結末

「超」怖い話 TV完全版 episodeⅢの紹介:1991年から続く実話怪談シリーズ「『超』怖い話」。多数いる採話者の中でもカルト的な人気を誇る「DINER ダイナー」「東京伝説」の平山夢明による実話怪談をベースに、恐怖体験の収集に取り憑かれた中年男の狂気とその家族の崩壊を描いた2006年放映のホラードラマの第3巻。監督/脚本は「妖怪奇談」「私の奴隷になりなさい」の亀井亨、共同脚本は「クロユリ団地」「劇場霊」の加藤淳也。特殊メイクは「妖怪奇談」の河野顕子。

あらすじ動画

「超」怖い話 TV完全版 episodeⅢの主な出演者

三島茂男(菅田俊)、その娘沙羅(野村恵里)、その妻雅子(鳥居かほり)、沙羅の別人格ノジル(マメ山田)、茂男少年(小川光樹)、その母照美(谷川みゆき)、その父茂(村岡典文)、刑事(藤田浩、佐藤良洋)、看守(藤沼剛、松田信行)、警察官(菊池健一)など。

「超」怖い話 TV完全版 episodeⅢのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

これまでの経緯/三島茂男の奇行の元凶は、幼少時、彼の父親が持ち帰った”処刑図”の掛け軸だと判明するが、その霊障により一家は壊滅、茂男の妻雅子も縊死を遂げた。茂男の娘沙羅は霊感体質からその事実に気づくが、精神を病み、別人格ノジルを良き相談相手としている。①沙羅は更なる真実を知るため茂男の実家に行き、ノジルと共に「アワセカガミ」を用い、茂男少年が霊障による狂気に取り憑かれ母親を殺害した事実を知る。②茂男は長年の採話によって導き出された答えを確信し、その頃から夢想していた究極の恐怖を得るため「カイブツ」と化す…。

【起】- 「超」怖い話 TV完全版 episodeⅢのあらすじ1

◆chapter:9「アワセカガミ/ソノイチ」
沙羅は、三島家崩壊の元凶となった”処刑図”の掛け軸の根本に立ち帰ろうと、茂男の実家を目指し、途中の駅で女子高生らの「アワセカガミ」の噂を耳にしますが、実行する時刻や見えるモノに関しては曖昧でした。
彼女は、茂男の実家へと続く一本道で、こちらに手を振る茂男少年と父親を見て手を振り返し、実家の庭では、中に入って行く自分の姿を目撃します。
家の中は家財道具が散乱する廃屋となっていましたが、見て回るうち、柱時計が息を吹き返したように動き出し、茂男の母照美の「おかえり」という声を聞き、床の間に掛かった”処刑図”の掛け軸と刀、まだ幸せだった頃の両親を目撃し、元気に駆け回る茂男少年に導かれるかのように、2階にあった茂男少年の書き物机を見つけます。

机の上には”ほころびの記録”と題された茂男の取材ノートが何冊も積んであり、彼もまた最近、実家に立ち寄ったと気づきます。
その始まりには、茂が持ち込んだ一幅の掛け軸”処刑図”のせいで彼の人生が狂い始めた事、そして人々の恐怖体験の収集の意味が書かれていました。
「人の一生は書物に似ている」「恐怖話はそのページに刻まれた歪みのようなモノで、そここそが”ほころびの世界”である」と。
また茂の骨董の古鏡をアワセカガミにし、夜12時に覗いて何が見えるか何度も試した事、そして「子供時代から試しているが一向に”ほころびの世界”が見えない」とも。

沙羅は途中で現れたノジルに手伝わせ、骨董の古鏡を使ってアワセカガミを作って覗き込みますが「心、持ってかれるよ」と止められ、ノートにあったやり方に則り、改めてアワセカガミを作り、12時を待ちます。
それは床に”ジゴク”という名の四角い古鏡を上向きに置き、その上部にアワセカガミになるよう”カミ”という名の楕円の古鏡を吊り下げて固定し、その中央を赤い紐で繋ぐという方法でした。
赤い紐は無数に連なる鏡像のトンネルを貫き、床の鏡は過去を、上部の鏡は未来を映し出すのだとか。

【承】- 「超」怖い話 TV完全版 episodeⅢのあらすじ2

◆chapter:10「アワセカガミ/ソノニ」
沙羅はその赤い紐の行方をあれこれと考え「世界は延々と繰り返しているだけじゃないかな」と気づいたところで柱時計が12時を打ち始め、昔、茂男が「12時にアワセカガミをすると、2つの鏡はそれぞれ別世界への入口となる」と言っていた事を思い出します。
待つこと暫し、沙羅の意識は、茂男の少年時代、部屋ごとに置かれた鏡の中へと飛ばされます。

その光景は、茂男少年がその画に魅入られ、母の照美に取り上げられたところから始まりますが、茂男自身が語った話とは、微妙に違っていました。
茂男と同様、照美もまたその画に魅せられ、異常をきたしたのは明らかでしたが、茂男少年が父親に「照美がおかしくなり、いくつもの生首を産み落とした」と語った事を白状した事により、彼女は不義(浮気)を疑われて折檻され、まち針の飯で仕返ししたのです。(※照美が生首を産み落とした話そのものも、茂男少年の妄想だった可能性も)
また、茂男少年は照美が箪笥の奥に隠した掛け軸を探し出し、鏡の中にいる沙羅にも気づいて睨みつけたのです。

また茂男少年の元に首無しの亡者が現れた事は確かでしたが、彼は抜身の刀を引きずって、ふらふらと亡者の後をついて行ったのです。
沙羅は「お父さん、昔から何かに取り憑かれてる!私のお婆ちゃんだった人探さなきゃ!きっとそれが何か関係してる!」と狼狽えますが、ノジルは気の無い返事を返しただけで、彼女は再び下の鏡を覗き込みます。
その瞬間、沙羅は両親の寝室の鏡に飛びますが、そこには「一首、二首、三首…」と呟き、不気味な笑みを浮かべ、血だらけで横たわる照美の首を、刀で切り落としている茂男少年がいたのです。それは彼の話とは全く異なる彼自身による母親殺害というまごうことなき事実でした。
沙羅は「止めてー!」と叫んで号泣しますが、茂男少年は彼女の存在を知ってか知らずか、鏡を見つめて歪んだ笑みを浮かべるだけでした。

沙羅はひとしきり泣いた後「あの掛け軸が無かったらいいのに」と呟きますが、ノジルは「バカか!過ぎ去った事が変わるか!そんな事できたら誰も苦労しないでしょ」と言い捨て、上の鏡を覗き込み「俺たちは今、こうやって過去を見てるが、その俺たちを上から見ている誰かがいるのかも。所詮俺たちもただの1ページなのかも…決まった事は変わらないって事」と呟きます。
沙羅は、茂が出張から戻ったあの夏の日に飛び、道端の鏡から叫びますが何も変わらず、下の鏡に怪物が現れたため、やむなく鏡を結ぶ赤い紐を切断して儀式を終え、ノジルとともに掛け軸を焼き捨て、疲れ果てて眠ってしまいます。

【転】- 「超」怖い話 TV完全版 episodeⅢのあらすじ3

◆chapter:11「カイブツノユメ」
茂男がようやく実家に戻り、物置で鉈を拾って中に入り、書き物机にしがみつくようにして”ほころびの記録”の続きを書き、辺りを見渡し、出て行きます。
その間沙羅は物陰に隠れ、暴れるノジルを押さえ込み、何とか見つからずにやり過ごします。
茂男が出て行った後、沙羅はそのノートを読もうとしますが、ノジルが取り上げ「最後まで書いたねぇ」と感心し「俺たち死んじゃうよ?それでも読む?後悔するよ?」と聞き、それでもうなづく彼女に読み聞かせます。

「多分、この”ほころびの記録”はこのまま行けば誰の目にも触れる事はない。しかし私は知っている、この世界が1つでない事を。30年近く人々の話を聞いて導き出した自分なりの真実。確実に存在する幾重にも重なった遺恨の世界。今、自分に存在する恐怖という麻薬が完全に己の精神を蝕んでいる事は分かっている。ただ、より強い恐怖、完璧な恐怖だけが私の心を支配する。自分が子供の頃に知った極上の恐怖はどこに存在するのか。行きついた先が”ほころびの記録”。人は人を恨んだ時こそ相手に対する恐怖を増幅させ、その者の精神を破壊するほどの力を持つ。そこで考えた結果、最大の恨みを自分が背負う事、それが自分に与えてくれる恐怖を想像するだけでリビドーに近い感覚を覚える。自分に与える最大の恐怖の継続…」
沙羅は意味が分からず、ノジルはそれを「父ちゃんは”怖い”という事に取り憑かれて、怖い事をいっぱい集めて記録してたけど、一番シビレるスーパーな怖さは『恨みを買う事』だって気づいたんだって!…でね、今からやる事先に書いちゃったみたい…いっぱい殺すって!」と要約します。
その間、茂男は貧民窟や町中を無言で歩き回り、会う人ごとにその頭部を鉈で叩き割り、殺害していきます。殺害された人々はそのまま倒れて動かなくなりますが、町にはそれでも平穏な日常が流れています。
「でね…でね…そのまま読むよ。『至極の恐怖に味わうに至る結論は、我が身の分身、沙羅をこの手に掛ける事とする。そうすれば、沙羅が与えてくれる最大の恐怖の継続が可能になると考えた』…お前、父ちゃんに壊される!!」…
沙羅は「どうしよう!」と涙ぐみますが、やがて腹を決めたようにノジルを抱きしめ「今までありがとう」と言い、その場を離れます。
ノジルはその背中に「元気でね」と声を掛け、消えて行きます。

間もなく全身血だらけの姿で鉈を持った茂男が戻り「沙羅!中にいるんだろ?気づいてたんだけど、お前が最後だから」と声を掛けます。
彼は部屋中を探し回りますが、沙羅は物陰に隠れ様子をうかがっています。
「ごめんな。父さん、止められないんだ。お前が生まれた時、本当に嬉しかったんだ。やっと会えたんだって。このことは父さん、6年3組の昼休みからずーっと考えてたんだ」「全部オヤジが悪いんだ。あんな掛け軸買ってきて」「そうだ沙羅、今日はお前の誕生日じゃなかったっけ?だから今日にしたんだ」「まぁ、いっか」…

次の瞬間、彼は「沙羅、お前は俺の母さんと同じにおいがする」というなり、沙羅を見つけて狂った眼で見つめ「偶然かな。いや違うだろ」と言いながら、泣き叫ぶ彼女を引きずり出します。
狂った眼をした茂男は、優しい声で「誰かに苛められたのか?大丈夫か?」と言いますが、沙羅は恐怖のあまり失禁し、それに気づいた茂男は幼い子供にするように彼女の股間を覗き込み「怖いのか?しょうがないな!お前はほんと子供のまんまだな!お父さんが洗ってやるから!」とこぼし、風呂場の前まで引きずって行きます。
沙羅は泣き叫んで必死に抵抗し、何とかその手を逃れますが、腰が抜けて動けません。

茂男は怒ったように彼女を指差し「お前、どこまで知ってるんだ?…ああ、母さんどこ行ったんだろ?」とこぼし、沙羅に「お母さんは死んじゃったじゃない!」と言われますが、「違うよ!お父さんのお母さんだよ!そこにいるだろ!」と廊下の奥を指差します。
沙羅は「私見たんだよ!鏡の中で!お父さんが…お父さんが子供の頃!殺した!」と叫びますが、茂男は「は?!」と眼を剥き「お前は小さい時からウソばっかつきやがって!」と怒鳴りつけます。
それでも沙羅は「お父さんのお母さんは、お父さんが殺したんだよ!」と叫びますが、同時に柱時計が鳴り始め、首無しの亡霊が徘徊する光景を思い浮かべた茂男は、沙羅を「お風呂入ろう!お風呂!」と急かした直後に「一首足りない」と呟いて沙羅を見て「あ、あった」と呟き、彼女を浴槽の中に叩き込み、その頭部を鉈で何度も殴打して殺害します。

【結】- 「超」怖い話 TV完全版 episodeⅢのあらすじ4

◆chapter:12「オワリノハジマリ」
全てを終えた茂男は今一度書き物机に戻り、血だらけの指でページをめくり、何事かを書こうとしますがままならず、その指の血をなすりつけます。
彼は血まみれのコート姿で両手に荷物を抱え、町の通りを走って逃げますが、細い路地から現れた沙羅の亡霊を見て眼を剥き、嘔吐します。
その頃、実家には警察が駆けつけ、のんびりとした捜査が始まっていました。

その夜、茂男は物置に隠れて怯え「俺のせいじゃない!みんなオヤジの掛け軸が悪いんだ!」と呟いてましたが、そこにも血まみれの沙羅の亡霊が現れ「痛いよぉ…寒いよぅ…」と悲愴な声で訴えます。
茂男は「なあ!沙羅!お前も見たろ?!母さんも、雅子も沙羅も壊しちまった!みんな掛け軸のせいだ!」と泣いてすがりますが、沙羅はよわよわと彼を叩いて「お父さんが死ねばいいのに…なんでお父さんが死なないの?」と言うのです。
茂男は「え?!は?!俺はまだ死にたくない!」と言って逃げ出し、その後ろを沙羅の亡霊が「お父さんが死ねばいいのに!!」と絶叫しながら追って行きます。
町中を走り続け、疲れ果てた茂男は、警察署に自首し、気を失います。

取り調べで刑事は、実家から押収した”ほころびの記録”を突きつけ、「みんなこれに書いてある。計画してたのか?」と聞きます。
茂男はギラギラした眼でうつむき「この世界じゃない世界をいろいろと調べていたんです。やらなきゃいけなくて…ひとつ首が足りないんです」と言いますが、「妙な言動で精神鑑定に持ち込もうとしてる」となじられ、「もう、死刑にしてください」と呟きます。
そして妙な顔でニヤつき「恐怖ってのは通り過ぎると心が躍るんですが、継続すると死にたくなるんですよ。殺してください。疲れました」と言うのです。
刑事は全くわけが分らず「あんた、いったい何がしたいんだ?」と聞きますが、茂男はそっぽを向いて「多分、自分の母親を探してたんです」と呟いただけでした。

茂男は、2人の看守と共に刑場に向かう途中、ふと振り向いて「まだいたのか」と呟きます。廊下の端には沙羅の亡霊がいて、茂男は「父さん、諦めた」と呟き、先へと促されます。
彼は布で目隠しされ、首に縄を掛けられた瞬間、背後に沙羅の亡霊が現れますが、「今見えてるのは全部ウソだ。なあ沙羅、ここは無い世界だ」と呟きます。
沙羅の亡霊は再び「寒いよ、痛いよ…」とか細い声で訴えますが、茂男は無視して「あの電球は切れてる」と3度言い、看守は辺りを見回しますが、そこは暗い洗面所のような場所で、唯一の裸電球にも問題はありません。
看守は「わかった、後で替えておく」と言って執行を告げ、首縄を絞めます。
沙羅の亡霊は、何度も何度も悲愴な声で訴え続けますが、茂男は「お前は分かってない…」と呟き、看守は彼から離れ、電球が瞬きます。
その瞬間、沙羅の亡霊は茂男に擦り寄り、その耳元に「まだ死ねると思うなよ」と囁き、電球が切れて真っ暗になり、刑場に叫び声が響きます。

刑場に再び明かりが灯った時、そこには刀を持った沙羅の亡霊がいて、血塗れになった刑場には、看守たちの死体が転がっています。
茂男はガクガクと震えていましたが、沙羅の亡霊は「逃げる事は許されない!…さあ!走れ!」と叫んで彼の首縄を叩き斬り、怯えて泣き叫ぶ彼を追い立てます。
彼は刑務服姿で手錠をしたまま必死で逃げますが、沙羅の亡霊がそれを追い、倒れるたび蹴りあげ、殴り掛かって追い立てます。
彼はのどかな村の単線に掛かった小さな踏切に、ほうほうの体でたどり着き、倒れ込みますが、線路に沙羅の亡霊が現れ、か細い声で何度も「お父さん」と呼びながら近づき、彼の尻を蹴りあげます。

茂男は血を吐き、沙羅の亡霊はそれでも「そばにいるのに眠らないで…ねえ…ねえ!…遊ぼ…」とすがりつきます。
茂男は弱り切った声で「ごめんな…」と呟き、「『ごめん』て、なに?!なんで?!…なんで早くそうしてくれなかったの?!」と嗚咽する沙羅の亡霊を抱きしめます。
彼女は「お父さん、やり直そう…リセットしよう…今度は間違えないで…ちゃんと、娘として愛して…」と泣き、何度もうなづく茂男の耳元で「だから…殺してあげる」と呟きます。
茂男は激しく痙攣して絶命し、沙羅の魂は小さな光の球となって、茂男の父親が出張から帰ったあの日へと飛んでいきます。

その夏の日、茂は、元気に家から飛び出してきた茂男を勢いよく抱き上げ、細長く古い箱に入った土産を開けさせます。
それはあの陰惨な掛け軸ではなく、美しい細工が施された骨董の望遠鏡でした。
茂男は早速それを覗き、一本道をやってくる沙羅を見つけて明るく手を振り、彼女も微笑んで手を振り返します。

みんなの感想

ライターの感想

茂男役菅田俊と沙羅役野村恵里の切迫し、身体を張った名演技無くしては、成り立たなかった作品かと思います。何はともあれ菅田俊がただただ恐ろしい。
これまでの大きな背中を丸めてぼそぼそ話す彼は、何か怖ろしいモノを内包している事は分かっていても、地雷が見えないのです。その理性のタガが外れ暴走する様が、どこか滑稽でありながらも凄まじい恐怖となって襲い掛かる。
対する沙羅役野村恵里の殺害シーンは実に凄惨で、憐れと言う他例えようがない。
ちなみに無差別殺人シーンは飄々としてどこかコミカルで、小さな田舎町で血まみれの大男がドカドカ殺してるのに、その傍で人々が平然と日常を過ごしているのがたまらない。あり得ないだろ、いや、こんなものかもしれないなぁと妙な説得力があるのです。
茂男少年役小川光樹の母殺害シーンも見事で、ある意味とても怪しく美しく仕上がっています。
ちなみに殺害シーンはこの上なく残酷で血飛沫もリアルですが、肉片や傷口は映らないよう工夫されています。放映時にはいろいろ物議を醸したというのも頷ける作品です。

※「超」怖い話 TV完全版 DVD-BOX

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「「超」怖い話 TV完全版 episodeⅢ」の商品はこちら