映画:あそこの席(山田悠介原作)

「あそこの席(山田悠介原作)」のネタバレあらすじと結末

あそこの席の紹介:2005年9月3日公開の日本映画。「リアル鬼ごっこ」の人気作家・山田悠介の同名小説を映画化した学園ホラー。呪われた席に座った転入生の女の子の身に起こる、不可解な現象とその恐怖を描く。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

あそこの席(山田悠介原作)の主な出演者

瀬戸加奈(阪田瑞穂)、土屋裕樹(細田よしひこ)、竹上淳子(浅香友紀)、沖圭市(上山竜司)、井ノ原大輔(宮下雄也)、本城沙也加(小松愛)、関綾乃(市川春樹)、鈴木千佳(矢口聖来)、市村史朗(眞島秀和)、土屋久子(根岸季衣)

あそこの席(山田悠介原作)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①3年B組に転校した加奈は、呪いの席に座ってからおかしなことが起きるように。その席に座った生徒・綾乃、千佳、明日香3人が失踪&不審な死を遂げていると知る。 ②綾乃に別れを切り出された裕樹が綾乃を殺害、席を守っていた。市川は教え子の綾乃に手を出していた。

【起】- あそこの席(山田悠介原作)のあらすじ1

あそこの席(山田悠介原作)のシーン1 2年B組の高校の教室で、女子生徒の鈴木千佳は、こわばった顔で周囲を見渡しています。
折しも教室では、期末試験が実施されていました。
他の生徒たちは無言で、テスト用紙に向かっています。
振り返った千佳は、後ろの席の女子生徒・竹上淳子に「なに?」と言われ、すぐ前を向き直りました。
テスト用紙の白紙の部分に「トラナイデヨ」という文字が浮かび、千佳は半狂乱になります。

「お願い、返すから許して」と言った千佳は、テストの時間の後、屋上へふらふらと歩いていきました。
校舎にショパンの『別れの曲』のピアノ演奏が流れるなか、千佳は屋上から飛び降り自殺をします…。


年度が替わり、2年B組のプラカードは、3年B組に付け替えられました。
高校では3年間クラス替えがなく、みんな同じ教室で過ごすのです。
教室変更がなくプラカードが挿げ替えられるだけで、席替えもありませんでした。

瀬戸加奈は、東京からこの学校へ転校してきました。
担任教師の市村史朗は、「すぐクラスの一員になれる」と加奈に声をかけます。

加奈を連れて教室へ向かいながら、市村も、担任になったばかりだと告げました。
もともとB組の担任だった教師は、急に体調を崩して休職し、市村が急遽、担任の座についたそうです。
市村は学校に前からいましたが、担任は初めて受け持ちました。


転校生として紹介された加奈は、趣味がピアノだと言います。
教室の中ほどに、空いた席が1つだけありました。
加奈はそこの席をあてがわれます。
席に座ったのを、周囲のみんなが注目しているようで、加奈は居心地が悪い思いをしました。
右横の席に座る男子生徒・土屋裕樹は名乗ってあいさつしてくれましたが、あとはみんな知らんぷりします。

クラスの委員長を務める本城沙也加は、学校を案内しながら加奈に、クラス替えをしてもらったらどうかと言いました。
どうしてそんなことを言い出すのか、加奈は不思議に思います。

放課後、ショパンの『別れの曲』のピアノ演奏を聞いた加奈は、音楽室へ行ってみました。
しかしグランドピアノがあるだけで、人はいません。
音楽の女性教諭が出てくると、加奈に声をかけました。
ピアノ演奏を聞いたと言う加奈に、女性教諭は「弾いていないわよ、誰も」「あなたもう帰りなさい」と注意します。


翌日から加奈は、小さないじめに遭います。
上履きを隠されたり、シャーペンの折った芯を顔に飛ばされたり、黒板消しやチリトリを上から落とされたり…。
いじめに遭うような原因を作るほど、加奈はまだクラスで何もしていませんでした。
不快に思うよりも先に、なぜなのかと加奈は疑問に思います。

【承】- あそこの席(山田悠介原作)のあらすじ2

あそこの席(山田悠介原作)のシーン2 高校生活は残り1年ということで、わざわざ制服を新調する気になれず、加奈は東京で通っていたころの制服を着ていました。
唯一話しかけてくれる沙也加が、制服が都会らしく洗練されたものだと褒めます。

教室へ戻ると、加奈の座席に「ワタシノセキ トラナイデヨ」という落書きがなされていました。
加奈は不思議に思います。

後ろの席の竹上淳子が落書きを見て、加奈に「あんたの席ね、呪いの席って言われてるの。噂とかじゃないから」と言いました。
座った者は不幸になると、淳子は付け足します。
加奈は、クラスメイトがいつも自分を凝視している理由が、席にあるのではないかと思いました。
手がかりがつかめます。


机に手を入れるとケガをした加奈が机の中を見ると、そこには割れた鏡がありました。
裕樹が保健室に連れて行ってくれたので、加奈は裕樹に、席に座っていた子のことを聞きます。
裕樹から、加奈は座席に座っていた子のことを聞きました。

去年そこに座っていたのは、鈴木千佳という生徒でした。
加奈と同じように、去年の2学期に転校してきたのですが、期末試験の時に自殺をしたそうです。
加奈が「呪い」について聞こうとすると、裕樹は、放課後の文化祭の会議が終わるまで待っていてくれと言いました。
言われたとおり、加奈は教室で裕樹を待ちます。

時間があったので加奈は音楽室へ移動し、ピアノを弾きました。
ピアノの音色を聞きつけて、担任の市村が聞きにきます。
加奈の弾く『別れの曲』を聞いた市村は、失踪した女子生徒・関綾乃がその曲をよく弾いていたと言いました。


17時になったので加奈は教室へ移動しますが、裕樹は戻ってきません。
裕樹が来ないのかもしれないと思い、加奈が学校から去ろうとすると、教室に影が見えました。
急いで教室へ戻ると、髪の長い女子生徒の影があり、「私の席、取らないでよ」と加奈は言われます。
加奈はそのまま、気絶しました。

気絶した加奈の全身を、まさぐる手があります。
(このシーンの説明が、あとで出てくる)
加奈が意識を取り戻すと、保健室には担任の市村と裕樹がいました。
加奈は教室で気を失っていたところを、見つけられたのだそうです。
気絶する前に女子生徒の姿を見たことを加奈が訴えて、幽霊だろうかと言いますが、市村は相手にしません。

【転】- あそこの席(山田悠介原作)のあらすじ3

あそこの席(山田悠介原作)のシーン3 改めて裕樹に席のことを聞くと、裕樹が教えてくれました。担任の市村もそばにいます。
加奈が座っている席は「呪いの席」と言われており、座った生徒が次々におかしなことになるそうです。
千佳の前には千堂明日香という生徒が座ったのですが、明日香は退学して、今も病院に入院しているそうです。

明日香の前には、関綾乃が席に座っていました。
綾乃は失踪し、現在もなお行方不明です。
この2年で綾乃、明日香、千佳の3人が「あそこの席」に座り、いずれも不審なことに巻き込まれていました。
いっしょに話を聞いていた市村が、偶然と噂のせいだろうと言います。


裕樹は加奈に学校を休むよう勧めましたが、加奈は登校しました。
加奈は学校から帰った後、幽霊のことが気にかかったのでした。
市村に頼み、綾乃の写っている写真を見せてもらいます。
市村は、自分と綾乃のツーショット写真を見せました。
写真を見せる市村の後ろに、女子生徒の影が見えます…。

音楽の時間、裕樹が伴奏するピアノが何度も失敗をしたために、クラス委員の沙也加が注意しました。
クラス対抗の合唱大会が目前に控えているのですが、合唱はともかく、伴奏の裕樹の演奏がダメなので、沙也加はイライラしているのです。
休み時間に加奈が演奏すると、沙也加がおどろいて褒めました。
加奈がピアノを得意だと知り、裕樹の態度が冷たくなりますが、加奈は気づきません。

机の中に、加奈の両目に穴を開けたいやがらせ写真が入っていました。
写真を見た加奈は、自分に冷たく接する、後ろの席の淳子のしわざではないかと言います。
それを聞いた裕樹は、同級生を疑うなんてと怒りました。


別の日。
伴奏が上達しない裕樹は、沙也加に「代わったほうがいいのではないか」と言われます。
それを音楽の女性教諭がかばいました。
裕樹はだまって、音楽室を出ていきます。

沙也加に推薦された加奈が休み時間にピアノを弾いていると、長い髪の女子生徒の影が忍び寄ります。
「私の席だけじゃなくて、ピアノまで奪おうとしてるじゃないの」
加奈はそう言われます。

【結】- あそこの席(山田悠介原作)のあらすじ4

あそこの席(山田悠介原作)のシーン2 加奈は沙也加から、音楽の女性教諭が、裕樹の母・土屋久子だと聞かされました。
さらに、綾乃が裕樹と付き合っていたことや、綾乃がピアノを弾いていたので、その影響で裕樹もピアノを始めたと聞きます。

体育の授業のあと教室へ戻ると、加奈の制服が切られていました。
写真に「呪殺」と書かれており、加奈はショックを受けます。

沙也加が「先生を呼んでくる」と教室を出ていきますが、同級生たちに「私は裏切っていない」と訴えました。
しかし訴えが聞き入れられず、沙也加は屋上から首に縄を巻いた状態で吊られます。
それを見た加奈は助けに行きますが、間に合いませんでした。

(加奈の靴を隠し、机に鏡を入れたのは沙也加のしわざと、回想シーンで判明。
裕樹の親友たちが、いやがらせに関与していたということも、判明)


教室へ行った加奈は、女子生徒の影を見ました。
その女子生徒は…幽霊ではなく、裕樹の女装だと知ります。
市村がやってきますが、裕樹の母・久子がメトロノームで殴り、気絶させました。


…裕樹と綾乃は交際していましたが、ある日綾乃は裕樹に、別れを切り出します。
「好きな人ができた。別れてほしい」
そう言われた裕樹は、ショックで綾乃を殺害してしまいます。
それを見た母・久子は、息子のために犯罪を隠匿しようと考えました。
綾乃の死体を隠し、失踪扱いにします。

綾乃の心変わりを認めたくなかった裕樹は、「別れを切り出したのは偽の綾乃で、本物の綾乃は自分の中にいる」と思い込みます。
そして裕樹は綾乃に代わり、綾乃の格好をして、恋人の席を守り続けていたのです。
そのあとに座った千佳や明日香にいやがらせをしたのは、裕樹と裕樹の親しい仲間たちでした…。


恋人の席を守ってなにが悪いと裕樹が言うと、本物の綾乃の幽霊が現れます。
綾乃の幽霊は、裕樹たちを襲い始めました。
裕樹の友人は頭にチリトリが刺さって死に、母・久子はグランドピアノに挟まって死にます。
淳子は転落死し、裕樹も死にました。
それを縛られた加奈は、見ていました。
加奈と市村は無事、解放されます。


後日。

加奈は無事です、何事もなかったかのように、テストを受けていました。
学校の席に書かれた落書きは、「ワタシノセキ、トラナイデヨ」ではなく、「ワタシノ『センセイ』トラナイデヨ」に変わっています。

…綾乃が裕樹に別れ話を持ち出したのは、綾乃が市村と付き合い始めたからでした。
市村は…教え子に手を出す教諭です。
転校してきた加奈を、市村はいやらしい目で見ていました。
階段の下からスカートを覗いたり、気絶した加奈の全身をまさぐったりしたのも、市村です。
綾乃と市村のツーショット写真は、教え子と先生という以上に親密そうでした。
(窓ガラスに映るシーンのみ、綾乃の幽霊だった)
綾乃と市村の関係に気づいた加奈は、自分の指がぼろぼろになっているのを見て悲鳴をあげます…(ピアノが弾けない指になってしまった)。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

裕樹が女装…という、なかなか奇天烈な内容。原作どおり。
幽霊のシーンも微妙。終盤はやや見ごたえあり。
気を付けていれば、声ですぐ女装してると判る。
裕樹もだが、市村もおそろしい(笑)。
短い映画なので、興味がある人は見たらよいと思う。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「あそこの席(山田悠介原作)」の商品はこちら