映画:うしろの正面

「うしろの正面」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

うしろの正面の紹介:2017年に公開された日本のホラー映画です。童謡「かごめかごめ」をベースとしたホラー作品になっており、オカルト好きな女性3人組の不確かな友情が描かれているのが特徴的です。三宮英子監督の初の長編映画であり、脚本の松下愛子氏とは短編映画で2回ほどタッグを組んでいます。本作の主人公を演じる吉田裕美氏にとっては、初の主演作となります。ちなみに本作は「レディースホラー」の確立を目指して作られた映画のようです。

あらすじ動画

うしろの正面の主な出演者

杏(吉田裕美)、舞衣子(こうのゆか)、美紀(富永早絵)、ダイスケ(関幸治)、怪物の妊婦(星野佳世)

うしろの正面のネタバレあらすじ

【起】– うしろの正面のあらすじ1

うしろの正面のシーン1

画像引用元:YouTube / うしろの正面トレーラー映像

夫のダイスケの転勤で東京に引っ越してきた杏は、荷物の片付けをしていました。引越しをしたばかりの彼女は、友達がいなくて悩んでいます。

すると夫がヨガ教室のチラシを持ってきました。杏はヨガ教室に行き、そこでオカルトやスピリチュアルが好きな舞子や美紀と出会います。

共通の趣味を持つ3人はすぐに仲良くなりました。一緒に神社にお参りをすると、大人と子供が一緒になってかごめかごめをして遊んでいます。

オカルト好きの美紀がかごめかごめは子供を間引く歌らしいと言います。その後、美紀の発案で、3人はオカルトブログを始めることになりました。

様々なオカルトやスピリチュアルの話を投稿していたある日、舞子がお香をつけると、美紀が体調を悪くします。彼女は舞子と同じく、妊娠していました。

ですが美紀は子供が嫌いだったため、産みたくないと思っています。

美紀は杏に対して、代わりに産んでくださいと言いました。

家に帰った杏は、夫に愚痴ります。杏は子供が産みたくても産めなくて悩んでいたのです。

2人は不妊治療を行うことにしました。

杏は舞子の家に行きます。美紀は妊婦の振りをする通り魔殺人の噂が、ブログのコメントに書き込まれていたと話をします。彼女は体調を悪くする方法ばかり調べていました。どうしても子供を産みたくなかったのです。

そのため同じ妊婦である舞子と美紀は、徐々に険悪な雰囲気になっていきました。

杏は止めようとしますが、舞子から妊娠していないくせにと言われてしまいます。無言の時間が過ぎていきました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「うしろの正面」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×