映画:へレディタリー継承

「へレディタリー継承」のネタバレあらすじと結末

へレディタリー 継承の紹介:2018年公開。監督は、今作が長編映画デビュー作となるアリ・アスター監督。「シックス・センス」などへの出演で知られているトニ・コレットが主演を務めるホラー映画となっている。今作は映画祭にてプレミア試写会が行われた段階から各方面の関係者より絶賛されており、一般公開前から注目されていた。評価も上々であり、「今世紀最大の恐怖」や「最近数十年で最も怖いホラー映画である」という評論家たちによる感想も話題を呼んだ。

あらすじ動画

へレディタリー継承の主な出演者

アニー・グラハム(トニ・コレット)、チャーリー・グラハム(ミリー・シャピロ)、ピーター・グラハム(アレックス・ウルフ)、ジョーン(アン・ダウト)、スティーブ・グラハム(ガブリエル・バーン)

へレディタリー継承のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- へレディタリー継承のあらすじ1

へレディタリー継承のシーン1 4人家族の母親であるアニー・グラハムは自分の作業部屋で仕事をしていました。アニーは小さな模型などを作り、色を塗って納品するミニチュア・ジオラマ作家です。家族がテーマの作品を仕上げているところへ、旦那であるスティーブ・グラハムが訪ねてきます。彼は喪服を着ており、アニーにも喪服を着るように催促します。アニーの母親であるエレンが亡くなったばかりであり、今日はエレンの葬儀当日でした。アニーは喪服に着替えて二人の子供を呼びに行きます。長男のピーターにも喪服を着せた後ピーターの妹であるチャーリーを探しますが、見当たりません。アニーが庭にある木の上にある小屋に行くと、そこでチャーリーは昼寝をしていました。チャーリーはお婆ちゃんに大変に可愛がられていたので、落ち込んでいました。アニーは葬儀に行くことを伝え、小屋を降ります。
エレンの葬儀には沢山の人が集まりました。アニーやスティーブが知らないような人も多く訪れ、アニーは驚いていました。ですが、アニーは母親とあまり良好な関係ではなく、微妙な距離感だったために葬儀でも複雑な心境でした。更に、アニーから祖母には近寄るなと言われ、エレンにも近寄らないように言われていたアニーの息子のピーターも、あまり悲しみはありませんでした。葬儀が終わり、少し砕けた雰囲気なっているとき、チャーリーは持っていたチョコレートを食べ始めます。スティーブはチャーリーにチョコレートにナッツが入っていないことを確認します。チャーリーはナッツのアレルギーを持っていました。
エレンの葬儀が終わり、ひと段落をしたのも束の間、グラハム一家も周囲では奇妙な出来事が起き始めます。アニーが母の遺品を入れた段ボールを開けて整理をしていると、部屋の暗闇に誰かがいるような感覚に襲われます。思い切って電気をつけても、そこには誰もいませんでした。
特に娘のチャーリーの様子に異変が生じ始めます。何もない場所で一点を見つめて立ち尽くしていたり、グロテスク絵を書いたりしていました。しまいには、窓にぶつかり死んだ鳥の首をハサミで切り取ったり、奇怪な行動が目立ち始めます。そんなアニーに、エレンの墓が荒らされているという連絡が入り、アニーは驚きます。

【承】- へレディタリー継承のあらすじ2

へレディタリー継承のシーン2 チャーリーの奇怪な行動に加え、エレンの墓が荒らされたという事件の事情聴取などで疲れ果ててしまったアニー。ある夜、ピーターは学校で誘われた同級生の家で行われるホームパーティへ行くために車を借りたいと言いだします。アニーはそれを許可する代わりに、チャーリーも連れて行くように言います。ピーターは拒絶しますが、アニーは祖母が亡くなったショックに苛まれているチャーリーを癒すためだと言ったため、ピーターは渋々承諾し、チャーリーを車の後部座席に乗せてホームパーティへ向かいます。
パーティ会場に着いたピーターとチャーリー。ピーターはチャーリーに好きに過ごしておくようにと言い、ピーターは仲のいい友達と二階の部屋へ向かいます。一人残されたチャーリーはジュースを飲んだりして過ごしていましたが、知らない人ばかりの場所で退屈になってしまいました。一人座っていると、ピーターの同級生が手作りのケーキを切り分け、配り始めました。チャーリーがケーキを貰い、食べていると、チャーリーに異変が起きます。そのケーキにはナッツが使われていたのでした。全身に蕁麻疹が出始め、呼吸がしづらくなってきます。チャーリーは二階にいるピーターに助けを求め、ピーターはチャーリーを車まで運び、急いで病院へ向かいます。
後部座席で苦しむチャーリーをバックミラーで確認しながら車を飛ばし急いで病院に向かっていました。段々呼吸もしづらくなり、苦しくなったチャーリーは、車の窓を開けて、後部座席から顔を出し呼吸をしていました。その時、車の目の前に鹿が飛び出してきました。反射的に右にハンドルを切ったピーター。すると、鹿は避けたのですが、鈍い音が聞こえました。車を止め、後ろの座席を確認するピーター。窓から顔を出していたチャーリーは、ピーターが右にハンドルを切った影響で道の端の電信柱に頭を巻き込まれて、首を切断されて亡くなっていました。それに気づいたピーターはしばらく何もできませんでしたが、ゆっくりと車を走らせ始めます。そのままピーターは家へ帰り、何も言わずに自分の部屋に入りました。
翌朝、ピーターが部屋から出てこないことを不思議に思いながら、アニーは出かけるために車に向かいます。ピーターは一睡もできないままベッドで横になっていました。すると、外からアニーの悲鳴が聞こえてきます。車の後部座席に頭が無い状態で座っているチャーリーを見つけて悲鳴をあげていたのでした。
母エレンに続いて娘のチャーリーまでを亡くしたアニーは精神バランスを崩し始め、スティーブには映画に言ってくると言いながら、家族を亡くした人が集うカウンセリングに通っていました。アニーはそこで、息子と孫を亡くしているジョーンという女性と出会います。

【転】- へレディタリー継承のあらすじ3

へレディタリー継承のシーン3 アニーはジョーンと親しくなり始め、ジョーンの家に行き悩みを聞いてもらったりしていました。ある日、買い物に行っていたスーパーで偶然ジョーンと出会います。そこでジョーンはアニーに見せたいものがあると言います。ジョーンの家へ行くと、ジョーンは孫と会話をすることに成功したと言い出します。信じられないアニーでしたが、実際に目の前でジョーンが儀式を行い孫の名前を呼びかけると、その通りに物が動いたりするのを目撃し、信じて、自宅に帰りすぐさまチャーリーを呼ぼうとチャレンジします。
スティーブとピーターを呼び、説明をしますが二人は全く信じません。チャーリーのことは忘れようと言うスティーブですが、アニーは聞く耳を持ちません。実際に二人の前で儀式を行うと、物が動き始めます。チャーリーにコップを動かすように呼びかけると、コップが動き始めます。驚いたスティーブとピーターは怖くなり、儀式を止めるよう説得し、アニーは儀式を止めます。ですが、チャーリーとコンタクトを取ることに成功したアニーは興奮を抑えきれません。
ある日、思い切って母エレンの遺品を整理しようとしていると、一冊のアルバムを見つけます。それをめくっていると、一枚の写真を見つけました。そこには、エレンとジョーンが一緒に写っている写真でした。ジョーンはエレンと知り合いだったのでした。驚いたアニーは調べていくと、彼女たちは悪魔を崇拝している集まりのメンバーで、「ペイモン」という悪魔の王の復活を目指していたのでした。

【結】- へレディタリー継承のあらすじ4

へレディタリー継承のシーン2 アニーは急いでジョーンの家へ行きますが、ジョーンは不在でした。家に帰り、屋根裏部屋を除くと、そこには墓から掘り起こされていたエレンの遺体があり、ペイモンの復活への準備が進んでいることを悟ります。
その頃ジョーンは、ピーターの学校の外にいました。休み時間外で昼食を取っていたピーターは道路に立っているジョーンを見つけます。何かを呟いている女性に不信感を感じながら、ピーターは授業へ戻りました。するとその授業中、ピーターは何かに取り憑かれたように、机に自らの顔を何度も打ちつけます。
スティーブの職場に、ピーターが怪我をしたという連絡がきます。アニーに連絡がいかないことを不思議に思いつつ、ピーターを迎えに行き家へ帰ります。家に着くと、真実に気づいたアニーが興奮状態でスティーブに訴えますが、学校からの連絡を無視していたアニーに対してスティーブは不信感を募らせます。アニーは屋根裏部屋にエレンの遺体があること、エレンとジョーンが悪魔崇拝者でペイモンの復活を目論んでいたことを話しますが、スティーブは信じないどころか、度々映画に行くと言って出かけていたアニーがエレンの墓を掘り起こしたのではないかと疑いをかけます。信じてくれないスティーブに対し、アニーはエレンの持ち物でありチャーリーが絵を描いていたノートを燃やして処分しなければならないと言い出します。しかし、以前焼却しようと暖炉に投げ込んだ際に自分の服が燃えたことを覚えているアニーは、ノートを燃やせば自分も燃えて死んでしまうとスティーブに告げます。しかし、スティーブは精神バランスを崩していると思い、全く信じません。アニーが意を決してノートを暖炉に投げ込むと、アニーではなくスティーブの体が炎に包まれました。悲鳴をあげるアニーですが、どうすることもできません。スティーブは焼死してしまいました。次の瞬間、悲鳴をあげていたアニーの表情が一変、真顔になり、正気を失います。
眠っていたピーターは夜目を覚まします。物音の一切しない家を不気味に思いながらリビングへ行くと、父親が亡くなっているのを目撃します。パニックになっているピーターの元へ、悪魔が取り憑いたエレンの遺体が襲いかかります。驚いたピーターは屋根裏部屋へ隠れます。すると、何かノコギリで物を切っているような音が聞こえます。ふと見ると、アニーが自らの首を糸鋸で切っていました。それを見たピーターは窓を突き破り飛び降りました。
飛び降りたピーターは何かに取り憑かれ、ゆっくりと歩き始めます。ピーターの体は庭の小屋に上がりました。そこには、エレンの葬儀に参列していた悪魔崇拝者が集まっていました。そのうちの一人がピーターに王冠を被せます。ピーターの体を使い、ペイモンが復活したのでした。

みんなの感想

ライターの感想

「今世紀最大の恐怖」というこれ以上ない謳い文句に相応しい、素晴らしい作品であったと思います。近年の洋ホラーは、大きな音で「驚かせる」傾向の作品が多い中、しっかりじわじわと雰囲気を作り上げ、「怖がらせる」ことに成功していると思います。後年、クラシックと位置づけられるであろう大傑作です。
  • とおりすがりさんの感想

    確かに演出は中々良かったけどね。でも地獄の王ペイモンとか怖いか?www
    欧米ならともかく日本人感覚だと失笑ものだが。

  • てんちょさんの感想

    あらすじがところどころ時系列も違うし出来事に対して主体となる人物も間違えている。
    うろ覚えで書いただろこれ。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「へレディタリー継承」の商品はこちら