映画:ほんとにあった!呪いのビデオ21

「ほんとにあった!呪いのビデオ21」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ホラー映画

ほんとにあった!呪いのビデオ21の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2006年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第21作。駅のホームや病室に潜み人々を死に誘う存在「駅のホーム」「余命」、少女失踪の真相を追い”神隠し”の謎に迫る「誘拐」など8本を紹介する。構成・演出・撮影・編集は「お姉チャンバラ」「アイズ」の福田陽平。ナレーションは中村義洋。

ほんとにあった!呪いのビデオ21の主な出演者

演出補/中晶子、近野恵美、佐野亨。ナレーション/中村義洋。

ほんとにあった!呪いのビデオ21のネタバレあらすじ

【起】– ほんとにあった!呪いのビデオ21のあらすじ1

「おことわり:本作品は、一般視聴者によって投稿された映像により構成されており、そのため一部の映像の中に劣化・ノイズ等が生じる事がありますが、これはディスクの故障によるものではありません。あらかじめご了承ください。

本作品の中には、投稿者の証言の中で、見た事により、悪影響を及ぼす恐れのある映像が収録されています。鑑賞中、体調に影響、また、不可解な現象が起こった時は、直ちにディスクを止める事をお勧めします。

紹介する投稿映像を見た・聞いた事によって起きてしまった、心霊現象や不可解な現象の一切の責任は負いかねます。そのため、紹介する映像や音声によっては、自己の責任で鑑賞してください。本作品は、お祓いを済ませております」

◆「駅のホーム」

新宿で、15人ほどの大学のサークル仲間との飲み会で盛り上がった夜。終電となり、仲間たち数人と駅のホームに向かった投稿者川原涼太(仮名)は、別グループの女性が不調になったとの連絡を受け助けに行く事になり、ビデオを持った仲間をホームで見送ったそうです。

後日、ビデオ担当だった仲間から狼狽えて連絡が来て、異変を知ったそうで、ホームにはかなり人がいたため、悪戯ならば気づく人もいただろうし、度々飛び込みがある山手線のホームなので、自殺した霊が映ったのでは?と眉を顰めます。

問題の映像は、笑顔の投稿者に見送られ、電車に乗り込む仲間が持ったビデオが、ホームと電車の隙間を映した瞬間、その暗い隙間から真っ白な手が差し出されているモノでした。

「ここに棲みつく怨霊が、次から次へと自殺に誘い込んでいるのかもしれない…」とナレーションが入ります。

◆「ヘリコプター」

投稿者志水真希(仮名)による、九州阿蘇のヘリコプターの遊覧飛行の映像。雄大な景色に映り込んだ青空の中に、薄い靄のような顔が上から現れ消えて行きます。

「この映像を見た方で、死者の声が聞こえた方は、気をつけていただきたい…」とナレーションが入ります。

◆「余命」

すでに亡くなっている友人のお見舞い映像。投稿者の近藤翔(仮名)は、その友人の死が、映り込んだナニモノかによるものでは?と思い、かなり悩んだ末、投稿を決意したのだとか。

問題の映像は、投稿者が個室に入院している友人を見舞う様子を、何回かに渡って撮影したものだそうです。

当初、友人は元気そうで明るく投稿者らを出迎えますが、回を重ねるごとに衰弱していき、問題のシーンがある頃には、座る事そのものが億劫そうなほど弱り切っています。そのだるそうに俯く友人が座っているベッド端から、崩れた顔の子供のようなナニモノかがひょいッと顔を出し、その弱り具合を窺い見て、引っ込みます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ほんとにあった!呪いのビデオ21」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×