映画:ほんとにあった!呪いのビデオ68

「ほんとにあった!呪いのビデオ68」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ほんとにあった!呪いのビデオ68の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2016年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第68作。禁断の儀式にまつわる三部作「禁忌 中編」、戦後混乱期の朧な残滓「花束」、失われた船影を捉えた「灯台」など7本を紹介する。演出/構成は本シリーズと深い因縁があり長年演出補として活躍してきた菊池宣秀。ナレーションは中村義洋。

あらすじ動画

ほんとにあった!呪いのビデオ68の主な出演者

演出/菊池宣秀、演出補/川居尚美、森澤透馬、阿草祐己、熊倉健一など。ナレーション/中村義洋。

ほんとにあった!呪いのビデオ68のネタバレあらすじ

【起】– ほんとにあった!呪いのビデオ68のあらすじ1

ほんとにあった!呪いのビデオ68のシーン1

画像引用元:YouTube / ほんとにあった!呪いのビデオ68トレーラー映像

「おことわり:本作品は、投稿された映像をそのままの状態で紹介しているため、画像の乱れやノイズなどが生じる場合がありますが、あらかじめご了承ください。

これからご覧いただくのは、一般視聴者より投稿していただいた映像です。ご覧いただいた後、不可解な出来事や霊的現象が起きた場合、こちらでは一切の責任を負いかねます。本作品は、お祓いを済ませております」

◆「置き傘」投稿者/相澤慎一(仮名)

投稿者の男性が恋人とのデートの帰り道、公園で撮影された映像。

雨模様の夜間、2人が木立の多い公園をそぞろ歩くうち小雨が降り始め、それまで傘を持たされ文句を言っていた恋人が、ここぞとばかりに傘を独り占めして歩き始めます。

ところが間もなく彼女の顔に冷たい何かが滴り、ぬぐった指も赤い粘液で汚れます。投稿者は彼女にカメラを向けますが、傘の裏側に浮かんだ巨大な老婆の顔に気づき、悲鳴を上げて逃げ出します。

その置き傘は、投稿者のバイト先のファーストフード店の女性常連客の忘れ物だったそうですが、後の調査で、その女性は半年ほど前、信号無視の車に轢かれて亡くなっていた事が判明します。

「まさかこれは、亡くなった女性がお気に入りの傘に宿り、現れた姿である、とでもいうのだろうか」とナレーションが入ります。

◆「花束」投稿者/依田里美

ある晴れた平日、単身赴任中の夫に送るホームビデオを撮るため、7歳の娘と共に公園に出掛けたという投稿者。

けれど目当ての公園が混んでいたため、少し先の人気の無いアスレチックのある公園に行ったところ、娘が知らぬ間に上の広場に移動し、なぜかしおれた花を持っていたのだとか。

それが公園の外の道路端にあったと聞いた投稿者は、お供え物だと思って一緒に戻しに行った後、再び遊び始めたそうですが、娘がなぜかまた花を持っていて「そこに落ちてた」と言われたそうです。

後日、夫のその映像を送ったところ、折り返し電話があり「妙なモノが映ってるから、その公園にはもう行かない方がいい」と言われ、ようやく映像の異変に気づいて投稿したのだとか。

スタッフは投稿者と共にそのお供えの状況を確認しますが、撮影場所は住宅地の中の山の斜面を利用した公園で、花と供物はその出入口付近の歩道上に置いてありました。

また花は映像の物より新しく、明らかに誰かが供養している様子です。

スタッフは投稿者と分かれて近隣住民に聞き込み調査をしますが、当日はそれらしき情報は得られませんでした。

しかしその数週間後、その時声を掛けた住民の中年男性=中谷士郎(仮名)から連絡が入ります。

彼はなぜか公園の花の話が気になり、10年ほど前まで公園の出入口近くで酒屋を営んでいた高齢の父親に聞いたところ、60年ほど前、父親が中学生だった頃、そこには廃屋があり傷痍軍人(戦傷を負った軍人)が住みついていたそうです。

彼は両足と片腕を失った姿でその廃屋の前にゴザを敷き、物乞いをしていたそうですが、彼の父親は怖くて近寄れないまま上京してしまったそうです。

けれどある年の正月、帰省した父親はその軍人がいなくなっている事に気づき、中谷の祖父(父親の父親)に聞いたところ「死んだ」とだけ言われたのだとか。

地元で聞いた話では、その軍人は年の瀬の寒い日に病に倒れたそうですが、助ける者はおらず、苦悶の末死亡したのだとか。

そこに公園が造られたのは30年ほど前で、子供が遊具から落ちるなどの事故が相次いだことから『傷痍軍人の祟りだ』と噂が立ったため、周辺住民がお供え物をするようになったのだとか。

それは持ち回りや特定の人物ではなく、その軍人に対して罪悪感を抱いたであろう複数の人間が、代わる代わる続けているそうです。

そこで問題映像が紹介されます。

投稿者の娘は実にあどけない少女で、花を戻した後、再び公園で遊び始めますが、知らぬ間にまた枯れた花を持っており「そこにあった」と笑っています。

彼女はその花を持ったままアスレチック遊具の前で話し始めますが、花を握った手に別人の手が被り、カメラから外れる瞬間、その背後の柱の陰に、片腕で俯き加減の寂しげな男の姿が映り込んでいます。

「まさか、この映像に映り込んだモノは、戦後の混乱期、かつてこの場所で亡くなった傷痍軍人の姿である、とでもいうのだろうか」とナレーションが入ります。

◆「ホテル」投稿者/向井敬(仮名)

投稿者が友人と北陸を旅行した際、興味本位で立ち入った廃ホテルの映像。それはすっかり朽ち果てたコンクリートの建物で、残留物も多く荒れてもいますが、まだ落書きなどはないようです。

2人は2階に上がり撮影を続けますが、廊下や室内の隅々は暗く不気味で、投稿者が窓のあるバーカウンターを映し始めた頃、廊下の奥から友人が入って来ます。

投稿者は一瞬ギョッとして友人にカメラを向けますが、その足元には廊下に寝そべり上半身だけをのぞかせた不気味な女の姿が映り込んでいます。

投稿者は、その後泊まったホテルで足元に重みを感じ、ナニモノかに乗られた感覚に襲われたそうです。

「まさかその現象は、映像に映り込んだモノの仕業である、とでもいうのだろうか」とナレーションが入ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ほんとにあった!呪いのビデオ68」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ