映画:ほんとにあった!呪いのビデオ73

「ほんとにあった!呪いのビデオ73」のネタバレあらすじと結末

ほんとにあった!呪いのビデオ73の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2017年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第73作。温厚な人物が突如豹変する三部作「おくりもの 中編」、見事な花火をドローンで撮影中に現れた異形「花火の上」など6本を紹介する。演出/構成は「×ゲーム」「アイズ」の福田陽平、「境界カメラ」シリーズ「ミテハイケナイ都市伝説」の寺内康太郎。ナレーションは中村義洋。

あらすじ動画

ほんとにあった!呪いのビデオ73の主な出演者

演出/福田陽平、寺内康太郎、演出補/川居尚美、寒川聖美、舞木ひと美、大力、演出応援/大塚裕司、ナレーション/中村義洋。

ほんとにあった!呪いのビデオ73のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ほんとにあった!呪いのビデオ73のあらすじ1

ほんとにあった!呪いのビデオ73のシーン1 「おことわり:本作品は、投稿された映像をそのままの状態で紹介しているため、画像の乱れやノイズなどが生じる場合がありますが、あらかじめご了承ください。
これからご覧いただくのは、一般視聴者より投稿していただいた映像です。ご覧いただいた後、不可解な出来事や霊的現象が起きた場合、こちらでは一切の責任を負いかねます。本作品は、お祓いを済ませております」

◆「サプライズ」投稿者/藤井彰(仮名)
帰宅した投稿者を妻と娘が満面の笑顔で出迎えて驚かせる、実に微笑ましいサプライズ映像に映り込んだモノ。
映像は、幼い娘と妻が楽しげにケーキを用意して部屋を暗くし、脱衣所に隠れるシーンから始まります。そこに間もなく投稿者が帰宅し、不安気に妻子を呼んだところで明かりが点いて「パパ!おめでとう!」となるその幸せいっぱいの映像の中、浴室内の暗がりに2度、茫洋と口を空けた長い髪の女が映り込んでいます。
投稿者によれば、その数日後、真下の部屋の住人が孤独死していた事が判明し騒ぎになったそうです。その住民女性は近所付き合いもせずに引きこもり、死因は衰弱死、死後2、3週間経っていたのだとか。後に部屋のお祓いも行われたそうですが、未だに空部屋のままだそうです。
「これは幸せそうな投稿者家族を妬む女の霊の姿、とでもいうのだろうか」とナレーションが入ります。

◆「夏合宿」投稿者/高橋怜菜(仮名)
投稿者の中学時代の、部活の夏合宿のビデオ映像。メンバーの結婚を機に古い映像を見て異変に気づき、ある奇妙な出来事を思い出したのだとか。
その晩、投稿者らが騒いでいたところ突然先輩がやって来て、彼女らの部屋から「助けて!助けて!」と叫び声がしたため、心配になって様子を見に来たと言われたのだとか。
その部屋は8畳ほどの洋室で「助けて」という音声は確認できませんが、入口に立った先輩の左膝から下が透けて無くなっています。また皆がお菓子を食べるシーンで、背後に映った押し入れの中に、ざんばら髪でどす黒い2つの顔が映り込んでいます。
その宿泊施設の裏手には川があり、1970年代前半、突然の集中豪雨で中州に取り残された男女の学生6人が亡くなる事故があったそうです。
「これらは、投稿者たちに助けを求めるこの世ならざるモノからのメッセージ、とでもいうのだろうか」とナレーションが入ります。
投稿者は後日、当時のメンバー全員で宿泊施設近くの神社にお祓いに行ったそうです。

◆「民宿」投稿者/中西亮介
投稿者が、温泉マニアの職場の先輩と共に訪れた真冬の温泉宿で撮影された映像。
予報で翌日が雪と知った彼らは、雪道用のタイヤが無く不安だったそうですが、投稿者は動揺する先輩をよそに早めに寝てしまったそうです。
そころがその翌朝から先輩の様子がおかしく、帰りを急かした挙句「何か感じたか?」と言われ、問題映像を見せられたのだとか。
問題映像の部屋は和室に布団敷きで、先輩は煌々と明かりが点いた部屋から外を見るうち、雪に気づいて投稿者を起こそうと近づきます。しかしその時耳元で声を聞いたそうで(音声は記録されていない)、画面には突然ブロックノイズが走り始め、窓辺にある衣桁(和式の衣紋掛け)に、首を吊った骸骨のようなモノが映り込みます。それは一瞬の出来事でしたが、先輩は激しく動揺しカメラを左右に振り続けていました。
検証したところ、それは数個のブロックに分かれて映り込んでいて、合わせると確かに衣服を着た腐乱した首吊り死体のように見えるのです。
先輩はひどく怯え、いきなりその死体の服が投稿者の物だと決めつけ「このままでは首吊り自殺をするからその服を捨てろ」と言い出したそうです。
投稿者は一見フツーの青年で、もちろん自殺するような心当たりもありません。
しかしスタッフの脳裏には、本シリーズ52巻「奇怪な未来」とその顛末となる67巻「奇怪な過去」の柴崎瑛太(仮名)の一件が過ぎったのです。
それは学生時代のバカンスの映像に映り込んだ投稿者自身の自死映像が、後に投身自殺と言う形で終焉を迎える投稿者の未来を予知していたという、ゾッとするエピソードでした。
「果たしてこれは投稿者の先輩が言うように、投稿者の未来を映し出した、とでもいうのだろうか?それとも偶然この世ならざるモノを映し出したと解釈すべきなのだろうか?」
スタッフは万が一のため、彼の親族や連絡先などを聞いたそうですが、2017年5月現在、特段変化はないそうです。

【承】- ほんとにあった!呪いのビデオ73のあらすじ2

ほんとにあった!呪いのビデオ73のシーン2 ◆「おくりもの 中編」投稿者/久松香澄(仮名)
※これまでのあらすじ
2016年11月29日、磯崎家で行われたホームパーティで、妻の薫(仮名)に激高し、刃物を向けたその家の主=磯崎茂(仮名)。普段温厚な彼が豹変した瞬間、眼を剥いた死人のような顔に変貌していた。
その後、薫は、茂が会社の部下の虐め問題で悩んでいた事、彼女のパート先の元上司近藤(仮名)につきまとわれている事を告白。茂はそれを浮気と勘違いして激高したかに見えた。
しかし茂はその後、休職して引きこもり、薫や演出補寒川に暴行を加えるなどした後、2月半ばに失踪。同時に10歳の娘由美(仮名)は不登校となり、茂と同様の異常をきたす。

一方スタッフは、投稿者で茂の同僚の妻=久松香澄(仮名)の協力で、茂の部下=溝口(仮名)から、茂が社内虐めの被害者=部下の真山悦子(仮名)から相談を受けていた事を知る。
しかし加害者T子(仮名)は、同年11月29日に電車の人身事故で死亡。同日現場と思しき駅のホームで撮影された映像では、悦子も一瞬、茂と似た死人顔に変貌し、どちらも「モッカイ ナレ!」という意味不明の言葉を叫んでいた。
ところがT子の葬儀が執り行われた12月3日、参列した社員の飲み会の席で、悦子が突然茂にキスをし、急速に親しくなる。
茂は溝内に「悦子に”おくりもの”をもらった」と漏らした後、12月18日のパーティで豹変。悦子はその数日後に突然退職し連絡が途絶えている。
・・・

2月19日の取材の際、茂の妻薫(仮名)は、茂と同様に豹変している10歳の娘由美(仮名)に関する、ある事実を打ち明けていました。
実は由美は、学校で虐めに遭っており、茂が失踪した直後から、怒りを露わにし同級生の写真を切り刻んでいると言うのです。
それはT子から虐められ、その事故現場付近で豹変していた悦子、妻薫の浮気に激高し、妻を暴行した茂の状況と似ており、スタッフは由美の同級生らの身の危険を案じつつも、茂の怒りの矛先である妻の元上司=近藤(仮名)の勤務先を訪ね、ケガで入院した事実を知り、茂の犯行ではと疑念を抱きます。

一方、茂と悦子が叫んでいた「モッカイ ナレ!」という言葉は、寒川の分析により「モッカになれ!」であると判明。スタッフはオカルトや心霊に造詣が深い魔術堂の店主KATOR氏に相談する事に。
彼によれば『モッカ(Mokkha)』とは、サンスクリット語の『モークシャ』が民衆化した言葉で「業の呪縛や輪廻から完全に解放された魂の状態」=「苦痛や生死から解き放たれた境地」=「解脱」という概念なのだとか。
本来なら「モッカになれ」=「あらゆる執着を捨てるべし」という意味だが、狂暴化した状態で他人に言い放てば「対象者を強制的に解脱させる」=「この世から去れ!」=「死ね!」という意味になると言うのです。
そこでスタッフは、現在狂暴化し引きこもっている茂の娘由美(仮名)を監視すべく、磯崎家の子供部屋付近に監視カメラを設置し、川居と寒川が交代で、付近に停めた車中のモニターで24時間体制で見守る事に。

また行方知れずの真山悦子(仮名)の調査のため、演出補の舞木ひと美、大力、演出応援の大塚裕司が増員されます。ちなみに大塚裕司は前巻/72巻の「存在しない友達」の投稿者で、事件に強い興味を持ち志願したのだとか。
彼らはネットやSNSなどから悦子の行方を追い、結果、舞木が悦子の元同級生から実家を聞き出し、悦子の母親から「悦子は実家には戻っておらず、電話も不通のため捜索願いを出した」との情報を得た上、母親と共に悦子が住んでいたマンションを訪ねる事に。
悦子の母親真山恵(仮名)は、なにより悦子の身を案じていましたが、悦子は不在で、郵便物も溜まっており、長らく帰宅していない様子でした。また壁にはインドのシヴァ神のイラストなどが飾られていましたが、母親には覚えがなかったようです。
またスタッフは、母親の許可を得て悦子のノートパソコンを調べ、サンスクリット語と思しきフォルダにあった、ある映像に着目します。
それは見知らぬ少女が自殺する映像で、少女の身元はおろか、入手経路すらわからないモノでしたが、スタッフは会議を重ねた上で公開を決断します。

問題の映像は、2010年前後に携帯電話で撮影された50分ほどの映像で、小学生と思しき少女が、カーテンの掛かった暗い部屋で怒りを込めて虐めた同級生らを実名で非難し、投身自殺を遂げるというモノでした。
少女は「みんながいたら私は生きられない!だって痛みはずっと続くの!痛い!痛い!痛い!生きるのが怖い」等々と語り、最期に「私、みんなが救われる方法を思いついたんだ…モッカになるんだ」「私が消したげる。一生、苦しまないように、みんなを解放してあげる…助けてあげる…その前に私がモッカになるね…バイバイ」と言い残し、窓から飛び降ります。
そして少女もまた「みんなが救われる方法を」と言った瞬間、件の死人顔に変貌していたのです。
(※巻末「続・おくりもの 中編」に続く)

【転】- ほんとにあった!呪いのビデオ73のあらすじ3

ほんとにあった!呪いのビデオ73のシーン3 ◆「花火の上」投稿者/小田部美和(仮名)
とある花火大会をドローンで撮影した映像。ドローンは花火よりはるかに上空に上がり、眼下で次々と打ち上げられる美しい花火を悠々と見下ろしています。
投稿者は映像制作会社の女性スタッフで、その花火大会の撮影は10年ほど前から市から依頼され、撮影しているのだとか。
またドローンが導入されたのは3年ほど前で、異変後、回収された機体には異常はなく、映像はリアルタイムでモニターに送られていたため無事だったのだとか。
映像には音声は無く、観客席近くから飛び立ったドローンが上空から見事な花火を捉えるうち、突然現れた人の手のようなモノに掴まれ、激しく回転しながら落下し、水中に没したところで映像が途切れます。
「カメラの位置は人の存在できない領域であるにもかかわらず、何者かがドローンに掴み掛り、墜落させるなど、到底考えられるはずもない。これはいったい何を映し出した映像だというのだろうか」とナレーションが入ります。
社内は”幽霊の仕業”とざわついたそうですが、その後は異変も無く今年も予定しているそうで、社内でも特に変わった事はないそうです。

◆シリーズ監視カメラ「復元」投稿者/塚越康弘(仮名)
2005年10月頃に撮影された、とある会社に設置された監視カメラの映像。
投稿者は映像機材の設置や、様々な理由で失われた映像の復元などを請け負う会社のスタッフだそうで、問題映像は彼の入社前、その会社で発生した火災事故の証拠映像として復元を依頼されたモノなのだとか。
問題映像は、ビル内と思しき小さなオフィスを天井の隅から見下ろすアングルで、デスクは6台、手前の壁際にはスチール製の書庫、左手に衝立とコピー機があり、奥のデスクで若い男女の社員が話をしています。
画面は時折ノイズで乱れ、間もなくカメラの真下から突然炎が上がり、気づいた男女が立ち上がり、男は消火器を取りに行きますが、戻った時には壁全体から激しい炎が上がっており、手の施しようもありません。
ところが火の手は、火の気が全く無いと思われる奥や衝立などからも上がり、男女はやむなく逃げ出します。
無人のオフィスは激しい炎に包まれますが、その火の中に女性らしき黒い人影が佇んでいる姿が映り込みます。

撮影時刻は午後11時頃、男女の社員は残業していたそうです。また壁の次に火の手が上がるのは、奥のパソコンのモニターと右側の衝立で、どちらも火種が無く一瞬で燃え上がるような物ではありません。
結局火災原因は不明で、数ヵ月前、その会社の社長に映像を見せた際にはかなり驚いていたそうです。またその後、修復工事が施されたそうですが、焦げ臭さが消えず最終的には移転する事になったのだとか。
社長の話ではそのビルが建つ以前、その場所にあった民家で焼身自殺があったそうで、後日の調査で、昭和24年に原因不明の火災事故があり、20代後半の女性が亡くなっていた事が判明します。
「これはその女性の怨念が、この場所に再び火災を巻き起こした姿である、とでもいうのだろうか」とナレーションが入ります。
後日、スタッフはそのビルに調査に行き、当該フロアには別の会社が入居している事を確認、調査を継続するそうです。

【結】- ほんとにあった!呪いのビデオ73のあらすじ4

ほんとにあった!呪いのビデオ73のシーン2 ◆「続・おくりもの 中編」投稿者/久松香澄(仮名)
「みんなが救われる方法が、”モッカ”になる事」…そう言い残して、飛び降りた謎の少女。
大塚の「仮に3人が変貌する”顔”の人物が実在するなら、その特殊な人間性、カリスマ性、思想などの影響を受けているのでは?」という意見を元に、スタッフは再びKATOR氏の意見を仰ぐことに。
KATOR氏は「この考えは、×××の〇〇〇(伏音)にも見受けられたし、『世界を解脱させたい』という使命感は新興宗教にありがちだ。彼らには転生の概念があるため、『殺した』というより『(善行として)殺してあげる』という認識だと思う」と話します。
ただ、彼の言う宗教団体は20年程前に大事件を起こした後、解散しているため、少女が影響を受けたとは考え難く、彼女は「自分を苦しめる相手を消したい(殺したい)」一心で、どこかで見聞きした”モッカ”という言葉を使っただけではとも受け取れると言うのです。また顔の変貌については、謎のままでした。

一方、追い詰まったスタッフは、ケガで入院中の薫の元上司近藤(仮名)に突撃取材を掛け、松葉杖姿で病院の敷地内を散歩していた近藤を発見して説得、取材へとこぎつけます。
そのケガは、出勤日にマンションを出た途端、突然後ろから突き飛ばされたとかで、被害届は出したものの犯人の顔は見てないそうです。
また薫に対するストーカー行為に関しては「確かに職場以外でも会ってはいたが、誘ったのは彼女で、不倫も肉体関係も無い。(薫に)金を貸していたから(そういう感じになってた)」と言うのです。
その金額は既に50万にも上り、「近藤に(一方的に)つきまとわれている」と言う薫の証言とは、全く異なるモノでした。

またその取材の帰り道、磯崎家の監視を担当している川居から緊急事態の知らせが入ります。
彼女が休憩から戻った際、寒川が車におらず、磯崎家を訪ねたところ、薫は留守で、台所で寒川と由美が意識を失い倒れていたと言うのです。
福田、舞木、大塚の3人は、急遽磯崎家で川居たちと合流する事に。

磯崎家で彼らを出迎えたのは川居で「(私が)着いた時には台所で由美が倒れていて、寒川が奥の間で倒れていた」「その後2人は病院に行き、寒川は入院、薫は由美を落ち着かせるため、一緒に2階にいる」と話します。
また由美が倒れていた場所には嘔吐物があり、大塚はその中で蠢いていたウジのような生物を発見しつまみ上げます。
その後、寒川は「監視中、由美が包丁を手にしたため、慌てて止めに行った」と証言、問題の映像が紹介されます。

時刻は夜。モニターで事態を知った寒川が駆けつけた時、由美は台所で包丁を手にして、怒った様子で何事か呟き、佇んでいます。
寒川はなだめながら近づきますが、由美は包丁で襲い掛かって揉み合いとなり、いきなり寒川を奥の間へと押し倒します。
寒川はそのまま動かなくなり、由美は台所まで這うなり嘔吐して倒れ、動かなくなります。
また襲い掛かった由美は「モッカ!モッカ!モッカになれ!」と叫んだ瞬間、件の死人顔に変貌、入院した寒川は、原因不明の高熱にうなされていたそうです。
「目の前で確実に連鎖していくこの数奇な現象を、我々には止める事は出来ないのだろうか。茂と悦子の行方、謎の自殺を遂げた少女の動画、そして由美までもが怪現象に見舞われてしまった。謎に塗れた磯崎家を襲う変異…次回我々は、衝撃的な真実に向き合う事となる…」とナレーションが入ります。
(※次巻/74巻「おくりもの 後編」に続く)

みんなの感想

ライターの感想

「おくりもの」では優秀なスタッフ寒川が巻き込まれるまさかの展開に。本作から登場する”魔術堂KATOR氏”とは、演出の寺内康太郎監督が「境界カメラ」シリーズなどでもタッグを組んだ御仁のようで。また前巻72巻で投稿者として登場した大塚裕司も”演出応援”として参加し、本シリーズでは珍しい大所帯での取り組みも見どころかと。
また本シリーズ52巻、67巻と巻を跨いで展開終結した「奇怪な未来」「奇怪な過去」はかなり印象深いエピソードだったのですが、「民宿」の投稿者は映り込んだ異形が彼自身だという認識が無い点で異なっているのがわずかな希望かと。このまま何も無い事を祈るばかりです。
ビジュアルのおススメは「サプライズ」、某妖怪かと思しき不可思議現象「花火の上」もぜひ映像でご覧頂きたい作品だと思います。

※「ほんとにあった!呪いのビデオ72」「おくりもの 前編」「存在しない友達」収録


※ほんとにあった!呪いのビデオ52「奇怪な未来」収録


※「ほんとにあった!呪いのビデオ67」「奇怪な過去」収録


※本作は「ほんとにあった!呪いのビデオ パーフェクトBOX7」にも収録されています。
(シリーズVol.65~77までを収めた13枚組のDVD-BOX)

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ほんとにあった!呪いのビデオ73」の商品はこちら