映画:ほんとにあった!呪いのビデオ74

「ほんとにあった!呪いのビデオ74」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

ほんとにあった!呪いのビデオ74の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2017年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第74作。温厚な人物が突如豹変する三部作の完結編「おくりもの 後編」、山道を猛スピードで這い回る異形「山道」、生霊と思しき姿を捉えた「カメラ機能」など6本を紹介する。演出/構成は「×ゲーム」「アイズ」の福田陽平、「境界カメラ」シリーズ「ミテハイケナイ都市伝説」の寺内康太郎。ナレーションは中村義洋。

あらすじ動画

ほんとにあった!呪いのビデオ74の主な出演者

演出/福田陽平、寺内康太郎、演出補/川居尚美、寒川聖美、舞木ひと美、大力、演出応援/大塚裕司、ナレーション/中村義洋。

ほんとにあった!呪いのビデオ74のネタバレあらすじ

【起】– ほんとにあった!呪いのビデオ74のあらすじ1

ほんとにあった!呪いのビデオ74のシーン1

画像引用元:YouTube / ほんとにあった!呪いのビデオ74トレーラー映像

「おことわり:本作品は、投稿された映像をそのままの状態で紹介しているため、画像の乱れやノイズなどが生じる場合がありますが、あらかじめご了承ください。

これからご覧いただくのは、一般視聴者より投稿していただいた映像です。ご覧いただいた後、不可解な出来事や霊的現象が起きた場合、こちらでは一切の責任を負いかねます。本作品は、お祓いを済ませております」

◆「山道」投稿者/野本達也(仮名)

投稿者がマウンテンバイクで山道を走行する様子を、頭部に装着した小型カメラで撮影した映像。

投稿者は軽快に風光明媚な山間の町を抜け、目も眩むような渓谷の橋を渡り、やがて細い山道へと入って行きますが、急斜面の道に差し掛かったところで、突然バランスを崩し転倒します。

その時彼は、泥にまみれたレンズの奥に、猛スピードで這い寄ってくる人影を見て叫び声を上げ、必死に起き上がろうとするうち、見失ってしまいます。

しかし次の瞬間、目前に迫っていた人影に驚き、再び悲痛な叫び声を上げる事に。

その時彼は、突然強い力で襲われ転倒したそうで、その人影は、彼の身体を乗り越え、過ぎ去ったのだとか。

彼はその後、無事近くの民家に辿り着き事無きを得たそうですが、後日、その地域には数多くの廃墟や心霊スポットがあり、霊の目撃談などが絶えない場所だと知ったそうです。

「そういった全国の”立ち入ってはいけない場所”には、我々が到底解明する事が出来ない事が起こり続けている、とでもいうのだろうか」とナレーションが入ります。

◆「積載車」投稿者/熊倉浩二(仮名)

車の運転業務を生業としている投稿者が、居眠り運転防止のため始めたという、その仕事ぶりを紹介する動画配信。

それはその日の最後に、死亡事故で破壊された軽乗用車を積載車で運搬する仕事だったそうで、積み込みの際には「これ(この車で人が)、死んでるから」「ヤメてくださいよー」と明るく話して作業を終え、走り始めます。

彼はダッシュボードのカメラに明るく話しかけながら、現場へと到着し、終了の挨拶をしてカメラに手を伸ばしますが、次の瞬間、助手席にいた不気味な女に驚き、外に転がり出る事に。

それは長い髪をした崩れ果てたミイラのような女で、その虚ろな眼窩は彼をじっと見つめているようにも見えます。

映像の中で彼は、何度も荷台を振り返っているのですが、ドアを開けようとするガチャガチャという音がずっと聞こえていたのだとか。

社長に連絡したところ、その場に積載車ごと乗り捨てるよう言われ、タクシーで帰宅したそうです。

社長によれば、20年程前、事故車を運搬した作業員が幽霊を目撃、その帰り道に事故死した事件があったそうで、翌日には、その車の大掛かりなお祓いが行われたのだとか。

「これは事故で突然人生を失い、無念を抱えたモノが、生きている者までもあの世に引きずり込もうとしている姿なのかもしれない」とナレーションが入ります。

それ以来投稿者は、事故車を運搬する前には必ず手を合わせるようになったそうです。

◆「ドッキリ」投稿者/斎藤慎之介

とあるバラエティ番組の収録映像。投稿者はその番組のADで、CS向けの番組だったそうですが、結果的にお蔵入りになったのだとか。

それはタレント佐野マリアへのドッキリ企画で、会議室に彼女を残し、心霊現象でドッキリさせるという内容でした。

問題映像は、狭い会議室で一人待たされる彼女を天井隅から見下ろすアングルで、会議机で携帯を見ている彼女の背後は壁になっており、大小2つの扉があります。

やがて仕掛けの呻き声やラップ音が響いて明かりが明滅し、小さな扉から出て来た幽霊役が、悲鳴を上げて逃げ惑う彼女を追い回すという一見ありがちな映像でしたが、四方の壁を移動するかのように、彼女と幽霊役以外の人影が何体も映り込んでいます。

撮影中、投稿者は全く気づかなかったそうですが、ディレクターは非常に怯え、それを機に引退し音信不通になってしまったのだとか。

また幽霊役の女優は本業が葬儀屋で前日にも葬儀があったそうで、撮影が終わると同時に体調不良を訴え、早々に帰宅したそうです。

天井のカメラに捉えられた人影は都合5か所、最後の1枚にはうっすらと顔のようなモノが見て取れます。また会議机付近の隠しカメラに捉えられた人影には仮面のような顔が確認できます。

その後、幽霊役の女優に事情を聞いたところ、前日の葬儀は病院で亡くなった高齢者のモノだったそうで、その後異変なども無いそうです。

またその場所にもいわく因縁などは無く、現在も調査中なのだとか。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ほんとにあった!呪いのビデオ74」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×