映画:アイアムアヒーロー

「アイアムアヒーロー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(6件)

アイアムアヒーローの紹介:2016年4月23日公開の日本映画。花沢健吾の人気コミックを、『GANTZ』シリーズの佐藤信介監督が、大泉洋を主演に迎えて映画化したサバイバル・ホラー。謎のウィルスに感染し、理性を失い、人を襲う生命体ZQN(ゾキュン)へと変貌したかつての人間と、彼らから生き残ろうとする人々との壮絶なバトルが描かれる。主人公と行動を共にするヒロインを長澤まさみと有村架純が演じる。

あらすじ動画

アイアムアヒーローの主な出演者

鈴木英雄(大泉洋)、早狩比呂美(有村架純)、伊浦(吉沢悠)、サンゴ(岡田義徳)、黒川徹子〔てっこ〕(片瀬那奈)、中田コロリ(片桐仁)、松尾(マキタスポーツ)、三谷(塚地武雅)、千倉(風間トオル)、アベサン(徳井優)、藪〔小田つぐみ〕(長澤まさみ)

アイアムアヒーローのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①売れない35歳の漫画家・鈴木英雄はアシスタント生活。同棲する恋人・徹子とは破局寸前。ある日謎の病気が流行、噛まれるとZQNという感染者が生まれて街は大混乱に陥る。 ②英雄は逃げる途中で女子高校生・比呂美と出会い富士近くまで到達する。標高の高い所だとウイルスが死滅するという掲示板の噂を信じ、富士を目指す。赤ちゃんに噛まれた比呂美は半感染の状態に。 ③富士ロイヤルアウトレットパークというモールで大量の非感染者と合流した英雄は、仲間に入れてもらうが、サンゴと伊浦が反目、大量のZQNに襲われる事態に。生き延びた英雄、藪、比呂美は伊浦の車で脱出を図る。

【起】– アイアムアヒーローのあらすじ1

アイアムアヒーローのシーン1

画像引用元:YouTube / アイアムアヒーロートレーラー映像

35歳の男性・鈴木英雄(すずき ひでお)は、15年前にマンガのコミック賞佳作に入選したものの、現在は漫画家・松尾のアシスタントとして生活しています。

英雄は34歳の恋人・黒川徹子と同棲していますが、徹子は頼りにならない英雄に愛想をつかし、破局寸前に陥っていました。

普段の英雄は中年のアシスタント男性・三谷ともう1人の男性、若い女性アシスタント・みーちゃんの4人で、漫画家・松尾のマンガのアシスタントをしています。

その日テレビのニュースで6日の午後6時、広島県広島市昭和町の45歳の女性が、土佐犬に噛まれて重体、女性は意味の分からないことを話していて精神鑑定に回されるという事件が報道されました。直後、女性アナウンサーは「土佐犬『が』噛まれる」と訂正しました。

みーちゃんは「土佐犬が女性に噛まれる」ということについて考えていましたが、テレビでは次のニュースに移っており、35歳の無職男性が小学2年の女児にわいせつ行為を働いたと報道します。

英雄が35歳ということで三谷が「ついに鈴木君も犯罪者か」と呼びかけます。英雄は「マンガについてどう思うか」と議論を吹っ掛け、マンガこそ日本が世界をリードする最高峰の文化だと言って、三谷や他のメンバーの喝采を浴びる…という妄想をしては独りごとを洩らし、三谷に注意されました。

帰宅してネームを切る英雄は、興に乗ると趣味のクレー銃を出して構え、ヒーロー気取りになります。英雄は猟銃・空気銃所持免許を持っており、本物のクレー銃を所持していました。

しかしこれも徹子に「仕事しないなら寝なよ。銃も売れば?」と言われます。

雑誌スピリッツの出版社に持ち込みしても編集者には「主人公が普通だ」と指摘されます。名前も覚えられない鈴木は「えいゆうと書く英雄です」と自己紹介しますが、同期デビューした中田コロリが出世街道を驀進しているのに対し、「開店休業」状態でした。妄想だけが膨らみます。

持ち込みが失敗に終わった日、英雄は徹子に叱られました。「いつまで待てばいいの、そういうのは夢じゃなくて妄想っていうのよ。もう無理」と言われ、英雄は家を追い出されました。徹子は左腕に包帯を巻いています。

生真面目な英雄は、クレー銃と共に追い出されながら「てっこ、ごめん。あのさ、銃の所持許可証だけ取ってくれないか」と言って怒りを倍増させます。

公園のベンチで中田コロリのマンガを読んで「やっぱ面白いわあ」と呟きました。隣のベンチに座っている老人が、震えて「あ゛あ゛あ゛あ゛」と唸っていたことには気づきません。

翌朝仕事場に出勤すると、松尾とみーちゃんは体調不良で休みでした。みーちゃんのストーカーの三谷が、妻子持ちの松尾とみーちゃんがいつも仕事後に逢い引きしていると言います。

テレビニュースでは謎の新型ウイルスが流行し始めていることを告げますが、男性3人のアシスタントは誰もニュースを聞いていません。風邪薬を探しに出てきた松尾の首筋に貼られた絆創膏を、三谷の表現「歯型並みのキスマーク」だと注視して見ました。

「〆切、こない気がするわ」と言う松尾の目は赤く充血し、少し静脈が浮き出ています。

3人の男性が仕事場で仮眠を取っている時、英雄の携帯に徹子から電話がありました。急いでベランダで取った英雄は「英雄君、ひどいこと言ってごめん。私、やっぱり英雄君といたい」と言われ、声がいつもと違うことから、メロンパンと栄養ドリンクを買って急いで帰宅します。

鍵を持たずに出たと気づいた英雄は徹子に電話しますが、扉の向こうの徹子は応答しません。新聞受けから覗くと徹子はベッドに寝ており、起き上がったと思うとベッドの下にぼとっと落ち、痙攣しました。尋常ではない動きです。

徹子はブリッジの姿勢になるとうつぶせ、四つん這いのまま扉に近づきました。全身には黒い静脈が浮き出ています。えびぞり状態で襲ってきた徹子は、ドアに噛みついて歯を全部抜くと、英雄を部屋に入れて左手に噛みつきました。歯がないので英雄は内出血で済みます。

揉み合いになった英雄が徹子を振り払うと、徹子は英雄のコミック佳作賞のトロフィーに首を貫かれて動かなくなりました。夥しい血が流れ始め、英雄は足早にその場を去ります。

何が起きたのか把握できない英雄は、仕事場に戻る間にも異様な光景を目撃しました。右腕を怪我した女性や、頭上を通過する大量の飛行機…中には軍用機もあります。

仕事場に着くと、三谷が血まみれの金属バットを持って立っていました。テレビで新型感染症のニュースが流れています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アイアムアヒーロー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×