映画:アウトレイジワールド

「アウトレイジワールド」のネタバレあらすじと結末

アウトレイジ・ワールドの紹介:2011年に公開された映画です。拉致監禁と身代金目的の誘拐、2つの事件が次第に交差し、思いもよらぬ怪物と遭遇するといった内容です。「アウトレイジ・ワールド」というタイトルではありますが、北野武監督の「アウトレイジ」とは一切関係がありません。そもそも原題は「Rites of Spring」で、日本語に訳すと「春の祭典」となります。つまり「アウトレイジ」な要素は一切皆無というわけです。

あらすじ動画

アウトレイジワールドの主な出演者

レイチェル(アネッサ・ラムジー)、アリッサ(ハンナ・ブライアン)、老人(マルコ・St・ジョン)、ベン(A・J・ボーエン)、ポール(ソニー・マリネリ)、エイミー(キャサリーン・ランドルフ)

アウトレイジワールドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- アウトレイジワールドのあらすじ1

アウトレイジワールドのシーン1 1984年の春、5人の若者が失踪しました。そのうち1人は近所でも評判の美人です。翌年の春、再び何人もの少女が行方不明になります。以降、24年間、失踪者が続出し、遺体は1度も発見されませんでした。

とある小屋に1人の老人が住んでいます。テレビからはこの地域では計115ミリの雨が降り、豊作だと伝えています。カレンダーの3月20日にバツ印が付けられていました。老人はカバンを持って出かけます。

バーでレイチェルとアリッサが話をしていました。レイチェルの女性のミスで他の人がクビになってしまい、それを後悔しているのです。2人は車に乗って帰ろうとしますが、何者かに襲われ、拉致されてしまいます。

2008年、3月21日火曜日、ポールとベンが話し合っていました。彼らは身代金目的の誘拐を計画しており、ベンの弟トミーや妻エイミーも協力者です。計画実行まで後2時間、その間ベンとエイミーは計画についての話をしていました。ベンはポールに不信感を覚えていたのです。

一方のレイチェルとアリッサは老人に手首を縛られ、監禁されていました。老人はレイチェルに清潔かと質問し、アリッサの手首を切ります。アリッサから流れた血を集め、地下室へ振りかけました。その地下室には何かが住んでいたのです。

その頃、ベンはポールと共にセレブ宅に乗り込んでいました。ポールは知り合いから情報を集め、セレブ宅の行動を完全に把握しています。2人はまず娘のケリーとメイドのジェシカを捕えました。
その後、ケリーの両親も捕え、ポールは2時間以内に200万ドル用意しろと要求します。本気だと見せつけるため、ポールは奥さんを殺し、ケリーとジェシカを誘拐しました。

【承】- アウトレイジワールドのあらすじ2

アウトレイジワールドのシーン2 ベンと妻のエイミー、ポールの3人は車で逃走しています。メイドのジェシカまでなぜ連れてきたのか、ベンは尋ねました。ポールは顔を見られたからと答えます。娘だけを誘拐するはずではなかったのかとベンは詰め寄り、車内は険悪なムードになりました。
ポールは計画通りだと言い、ベンに向かって、トミーに連絡しろと命じます。ベンは渋々弟のトミーに連絡し、2時間後の6時に穀物倉庫に行けと伝えました。そしてベンは何か変だと思ったらすぐに逃げろと弟に警告します。

その頃、老人は自分の部屋で「春が来ました。お許しください。この季節を無事に過ごせるよう。やり遂げてみせます」と祈りを捧げていました。祈りを終えて監禁部屋にやってきた老人は、動物のお面をアリッサに被せます。その後、アリッサの服を全部脱がし、丁寧に体を洗い始めました。

老人の部屋には女の写真がたくさん貼られています。それに加えて、新聞記事の切り抜きも飾られていました。

ベンたちはアジトに到着しました。ポールが父親に連絡し、カントン通りの製粉工場に行き、金の入ったバッグを一番倉庫に置けと指示を与えます。父親は娘と引き換えだと言うが、それは無理だと断られます。ポールは30分以内に金を届けなければ、娘を殺すと脅しました。
ベンは倉庫の奥に誘拐した娘のケリーを連れて行き、手を縛ります。ポールはメイドのジェシカを森の中に放置する予定だと言いました。もうすぐ6時だからと2人は準備を始めます。

【転】- アウトレイジワールドのあらすじ3

アウトレイジワールドのシーン3 老人は小屋の近くにある畑にいました。動物の頭の骨を持ち、「あなたのおかげで昨年も豊作に恵まれました。清い血液を。あの怪物に捧げます」と呟いています。すると男の目の前に、動物の頭の仮面をかぶった何かが現れました。何の前触れもなく現れたそれに向かって、老人は「あの怪物を呼び覚ましたまえ。そして我々を守りたまえ」と祈り始めます。

穀物倉庫にトミーが到着しました。そのとき、警察のサイレンが鳴り響きます。トミーは急いでカバンを持ち出し、車に乗り込みました。いつの間にか後部座席にケリーの父親が乗っており、トミーは拳銃を頭に突きつけられます。
父親はトミーを脅し、娘がいる場所へと向かわせました。ベンはトミーに連絡して金が手に入ったことを知り、ポールたちに成功だと告げます。彼らの計画では金を山分けした後、別々に逃げて連絡はしないということになっていました。
妻は計画の成功を喜びますが、ベンは複雑な顔をしています。実はベンは他人のミスを着せられ、会社をクビになっていたのです。その会社の社長こそがケリーの父親でした。

一方のレイチェルはロープから抜け出すことに成功していました。友達のアリッサは首を切られ、死亡しています。怒りに燃えるレイチェルは老人に殴りかかりました。老人は「あれを外に出したら大変なことになる」と言います。あれとは地下室にいた春の怪物のことです。
地下室から姿を現した春の怪物に気付き、レイチェルは逃げます。獲物を求め、春の怪物が後を追いかけました。

その頃、トミーはアジトにたどり着いていました。ケリーの父親も現れ、ポールに拳銃を突きつけ、娘を返せと叫びます。ケリーの父親はメイドのジェシカに拳銃を渡しました。ベンの手によって解放されたジェシカも拳銃を構えます。
ベンの妻エイミーがケリーの場所を教えます。その瞬間、メイドのジェシカがケリーの父親を射殺しました。実はポールとジェシカはグルで、はなから金を1人占めするつもりだったのです。ポールはトミーも射殺し、ベンたちに拳銃を向けます。

【結】- アウトレイジワールドのあらすじ4

アウトレイジワールドのシーン2 ベンとポールが争っているところへ、春の怪物から逃げていたレイチェルがやってきました。レイチェルは彼らに助けを求めます。その中に知り合いのベンを見つけました。なんとレイチェルのミスでクビになった男がベンだったのです。
レイチェルは早く逃げないと大変なことになると急かしました。その矢先、メイドのジェシカが春の怪物に首を切られてしまいます。ベンたちは訳が分からないまま、逃げ出しました。ベンはケリーも連れて行こうとしますが、すでに逃げた後だったのです。ケリーは建物の外で何者かに捕まっていました。

ポールは金を取りに戻ろうとしますが、その前にベンが立ちはだかります。騙されていたことを知ったベンは、すべてを警察に話そうとします。それを阻止するため、ポールはレイチェルを人質に取ります。
ベンの通報を止めたポールはレイチェルを連れ、金がある部屋へと向かいます。そこで春の怪物に見つかり、ポールは殺されました。ベンはレイチェルを見捨てることができず、妻と共に助けに向かいます。

レイチェルを探していた春の怪物はベンの声を聞き、ターゲットを変えます。春の怪物に見つかったベンと妻は建物の外に逃げました。逃げた先で1軒の小屋を見つけます。その小屋ははレイチェルとアリッサが監禁されていた場所でした。
2人は小屋内を探索し、女の写真と失踪記事が壁に貼られた部屋を見つけます。危機感を覚えた2人は逃げようとしますが、老人に捕まってしまいます。

ベンが目覚めると、妻は裸にひん剥かれ、体を洗われていました。老人は春になると人を誘拐し、春の怪物に生贄として捧げていたのです。それが老人の家系の伝統であり、豊作のためには必要なことなのでした。
話を終えた老人はベンの妻エイミーを生贄に捧げるため、外へと連れ出します。そうして老人はベンを殺そうとしますが、間一髪のところでレイチェルに助けられます。ベンとレイチェルは小屋の外に逃げ、磔にされているエイミーを見つけました。
その途端、春の怪物がやってきてエイミーを殺害し、ベンも捕まってしまいます。レイチェルは木の陰に隠れ、やって来た春の怪物を刺しました。しかしそこにいたのは春の怪物ではなく、ベンだったのです。間違ってベンを殺したレイチェルは懺悔しつつ、車に乗って、その場から去りました。

レイチェルはガソリンスタンドに立ち寄り、中にいたお店の人に助けを求めます。なぜかお店の人は何の反応も見せず、レイチェルは春の怪物に追い詰められます。レイチェルは武器を奪い、春の怪物を滅多刺しにします。春の怪物を倒したレイチェルは逃げて行きました。

みんなの感想

ライターの感想

「アウトレイジ」という名前がついているので、てっきり悪人たちのバトルかなんかだと思っていたのですが、全然違いました。前半はミステリーめいた事件、後半はホラーモンスターといった感じです。伏線もしっかりと張られていたため、わりと楽しめました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「アウトレイジワールド」の商品はこちら