「アコークロー」のネタバレあらすじと結末の感想

ホラー映画

アコークローの紹介:沖縄で明るい未来を夢見ていた若者たちが、赤い髮のキジムナーのような女に阻まれ道を踏み外すという2007年公開のホラー映画。沖縄で人気の戦隊ヒーローもの「琉神マブヤー」「ハルサーエイカー」などを手掛けた岸本司監督の長編デビュー作。主演はドラマ「カーネーション」の田丸麻紀と「リリイ・シュシュのすべて」ドラマ「夜王」の忍成修吾。謎めいたユタ役で「ワンダフルライフ」のエリカ(小田エリカ)、赤い髪の女役で「どんづまり便器」「コワイ女『鋼』」の菜葉菜などが共演している。

予告動画

アコークローの主な出演者

鈴木美咲(田丸麻紀)、村松浩市(忍成修吾)、比屋定影美(エリカ)、渡嘉敷仁成(尚玄)、その元妻早苗(菜葉菜)、喜屋武秀人(結城貴史)、秀人のオバア喜屋武シズ(吉田妙子)、藤木(村田雄浩)、山城(山城智二)、美咲の姉(清水美砂)、亜子(手島優)など。

アコークローのネタバレあらすじ

【起】- アコークローのあらすじ1

…「アコークロー」《沖縄の方言》昼と夜の間、薄明り、黄昏…
沖縄の浜辺で遊んでいた亜子と友人が木陰で一息つき、亜子が自殺した元彼がストーカーで、自殺も嫌がらせだったと言った途端、不気味な元彼の幽霊に気づいて凍りつきます。その幽霊は亜子のベッドの下に棲みつき、彼女は部屋から出られなくなります。
ほどなくして、若く美しい長い黒髪のユタが呼ばれ、話を聞くなり呪文を唱え「お祓いしたから消えた。私を信じなさいよ」と言い確認させますが、亜子はそこにいたのに!と怒り出します。
ユタは煙草を一服し「あなたが見たのは幽霊じゃないね」と言い、だってお祓いしたじゃない!と怒る彼女に「あれはでたらめ。(幽霊は)ただの幻、自分の脳が生んだ幻影」と言い、亜子の額を指し「ここだ」と言います。亜子は張りつめた糸が切れたように泣き出します。
ユタは黄昏色の道を、去って行きました。

鈴木美咲は、沖縄の澄んだ青い海を見下ろす喫茶店で、悪夢を見ます。それは東京で、赤ん坊を乗せたベビーカーを押していた彼女が、姉からの電話に気を取られた瞬間、自転車に追突され、手を離れたベビーカーが車に撥ねられる夢でした。
その後、美咲は森で、木にぶら下げられた赤黒く汚れたビニール袋を見てゾッとします。
そこに地元住民らしき若い父子が来て「まだこんなことしてんのか。これは死んだ猫を木に吊るす昔の風習だ」と言い「1人?」と聞きます。彼女は慌てて人と会う約束があると言いますが、男は「それは1年前に沖縄に移住した浩市か?」と笑い、彼氏の松村浩市が現れます。浩市は笑顔で「友だちの仁成(ジンセイ)とその息子のジンタ」と紹介します。

仁成は、彼の友人の秀人とそのオバアが支度をしている自宅に2人を招き、美咲の歓迎会が始まります。
浩市は美咲を、去年ナンパで知り合い、シマナイチャー(沖縄在住の人)になる婚約者だと紹介し、皆は美咲に「いちゃりばちょうでぃ(出会えば兄弟)」など沖縄の方言を教え、オバアの料理と愉快な話で盛り上がります。
夜になり、猫の袋はお祓いのためだとか、豚の幽霊に股下をくぐられるとヤバいなど地元の怖い話が始まります。
中でも”キジムナー”は、妖怪や木の精霊、カッパと言う説まであるそうで、オバアが「あかいかみ(赤い髮)のキジムナー」という絵本を読んで聞かせます。
それは「キジムナーは、赤い髮の子供のような姿で、俗に木の妖精と言われている。不漁で困っていた猟師が、キジムナーに『大漁にしてやるから友だちになってくれ』とせがまれて友だちになり大漁となるが、キジムナーには好物の魚の目玉だけをやり猟師は大金持ちになった。けれど毎晩誘いに来るキジムナーが疎ましくなり大嫌いなオナラで撃退、キジムナーは森に逃げ込み二度と現れなかった」と言う物語でした。
美咲は「キジムナーが逃げて終わりだなんて可哀想」と言いますが、オバアはこれは子供向けでもっと怖い話もあると脅かし、絵本を渡します。
その帰り、浩市は美咲に「来てくれたなんて信じられない、東京でなんかあった?」と聞きます。美咲は「誰でも自分の人生から逃げたくなることがあるでしょ?」とごまかし、浩市は「もう訳は聞かない。この土地で一緒に暮らそう」と抱きしめ、口づけします。

浩市は、勤め先の旅行代理店の同僚藤木と山城に、同棲を始めた事を打ち明け、冷やかされます。
一方、学校から帰ったジンタは、縁側にいた真っ赤な髪の女に「ジンタの大好きな魚のてんぷら、一緒に食べようねぇ。少し見ないとすぐ大きくなるさー」と抱きしめられ、突き離します。女は愕然としますが、ジンタは冷たい目で見降ろしていました。
その後、浩市と美咲は市場でポーポー(肉味噌入りの焼き菓子)を買い、比屋定(ひやじょう)影美に会いに行きます。影美は冒頭に登場したユタで、浩市は「元ユタで作家で酒豪の比屋定さん」と紹介します。
彼女によれば、キジムナーは、その力で富や名声を得た者が裏切ると、家族まで容赦せず目玉をくり抜くなど残虐な復讐をした話が数多くある怖ろしい存在で、地域ごとに妖怪、幽霊、妖精、人間以前の移住者とかUMA、溺死者等諸説あり、呼び名もブナガヤー、フォーンマヤー、マンジ、セーマ、カムログァ、ミチバタ等々多岐に渡るのだとか。
そして「私はキジムナーの正体より、それに対する人間の想いに興味がある」と言い、美咲になぜキジムナーが気になるのかと聞きます。美咲は困惑し言葉に詰まります。

【承】- アコークローのあらすじ2

ある雨の日。美咲は「キジムナーはただ寂しかっただけなんじゃないか」と言い、浩市に移住の訳を聞きます。彼は「気の合う仲間に出会えたから」と言い「沖縄に来たかったの?東京から逃げたかったの?」と返します。美咲は言葉に詰まりますが、浩市は「今のおまえが幸せならどっちでもいい」と笑っていました。
その時、白いワンピースに赤い髪の女が通り過ぎ、浩市は「仁成の元女房の早苗さんだ」と言い、美咲は、彼が席を外している間に魚を届けに来た仁成に、元奥さんが通ったと話します。
仁成は慌てて家に帰り、勝手に上がり込んでジンタの髪を赤く染めていた早苗を見て逆上、何度も殴りつけ首を絞めます。彼は、駆けつけた浩市に止められ事無きを得ますが「勝手に入ってジンタの髪を赤く染めてた、また同じことしようとしてたんだ!殺してやる!」と激怒し、ゲラゲラ笑う早苗を蹴り飛ばし「今度ここに来たら、マジでぶっ殺すからな!」と脅します。

その夜、浩市は美咲に「ジンタが2歳の時、早苗さんが2人目を流産し、それが原因で情緒不安定になり別れたが、詳しい事は知らないし仁成には聞けない」と打ち明けます。
美咲は、早苗の気持ちはわかると言い、2年前の東京での出来事を打ち明けます。
彼女のあの悪夢は現実で、ベビーカーにいたのは預かった姉の子供でした。美咲は「姉は解ってると言うが、いくら償ったって許してもらえるはずがない!」「でも(私だって)幸せになりたいじゃない…」と声を震わせます。浩市は彼女を抱きしめ、唇を重ねます。
その頃早苗は森の中を彷徨い、ガジュマルの巨木に吊られた猫の死骸の袋を取って抱きしめていました。その時、ガジュマルから人面のムカデのようなバケモノが現れて彼女に襲い掛かり、取り憑きます。

数日後の堤防。浩市は、早苗との決着はついてるのにと悩む仁成に「つき合ってやるからジンタのために改めて話しに行こう」と言い、遅れてやってきた秀人と3人で酒を酌み交わします。
翌日、仁成と秀人が網の手入れをしているところに、浩市と美咲が迎えに来ます。ジンタは遊びに行っていました。
が、そこに汚れたままの早苗が現れ「寂しいよぅ」と呟き、隠し持っていた鎌で浩市を切りつけ、仁成に馬乗りになって何度も切り裂きます。浩市と秀人は必死で女を取り押さえようとしますが、倒れ込んだはずみに早苗の腹に鎌が刺さります。
彼女はそれでも鎌を抜いて仁成に切りかかり、止めに入った美咲と揉み合ううち、鎌が早苗の胸に刺さります。美咲は動揺して泣き出しますが引き離され、早苗は息絶えます。

浩市は、早苗の遺体を白いシートで包んで自分の車の荷台に載せ、警察を呼ぼうと言う美咲に「これからのことを考えろ」と言います。
そこにジンタが帰ってきて、取りすがって謝る仁成を振り払って逃げ出します。仁成は、切られた足を引きずりながら必死で追いますが、ジンタは、近所の畑に逃げ込みハブに噛まれて倒れます。家に戻ると3人はおらず、彼は自分の車の後部座席にジンタを乗せ病院に向かいますが、苦しむジンタに気を取られるうち、飛び出してきた車と激突し大破します。
一方、浩市たちは深い森の奥にある大きな沼に行きますが、秀人は怯えて降りようとせず、やむなく浩市と美咲が早苗の遺体を沼に沈めます。2人が車に戻ると、秀人がふらふらと歩き出し「オバアんとこに帰る…(早苗は)生きてたんだら?!」と怒鳴り、浩市を振り払い歩き去ってしまいます。
その後2人は病院に駆けつけますが、ジンタは命は取り留めたものの重傷で、仁成は血だらけのまま待合室で泣いていました。
数日後の雨の日。秀人は音信不通となり、美咲は「警察に知らせよう」と言いますが、浩市に「母親が殺され、父親がブタ箱行きになったらジンタはどうなる、おまえも姉さんが事件を知ったらどうする」と言われ言葉に詰まります。
そこに仁成がやって来ますが、深々と頭を下げただけで、帰って行きます。

【転】- アコークローのあらすじ3

秀人の家では、オバアが外の椅子にぼんやりと座り、やってきた浩市に「秀人も男だから、2、3日帰らないこともあろうが心配だ。あんたの態度もおかしい」と言います。
その夜、浩市と美咲は沼を見に行き、沼に浸かってブツブツ呟いている秀人を発見します。彼は「目ン玉あげるからもう少し待ってね…目ン玉あげるから何もしないで…痛い…けどもうすぐだから」と呟き、自分の眼を抉ろうとしていました。2人は何とか彼を救出しますが、美咲は水の中にいる女を見ます。秀人は入院し、オバアはウチナーグチ(沖縄の方言)で浩市を叱り、叩きます。
一方、仁成は、ハエがたかる食卓で酒を飲み「ジンタぁ!早く食べんね!」と言いますが返事はありません。彼は間もなく、庭でシートに包まれたまま睨む早苗に気づき「何見てんね!」と怒鳴り薄笑いを浮かべます。

その後、浩市は、庭でシートに包まれた早苗の姿を見て愕然とします。また、近所に買い出しに出た美咲は、ふらふらと歩いていた仁成に「ジンタがいないんだけど、見た?」と聞かれます。彼は「ジンタ君入院中でしょ?」と言っても聞かず、足のケガも放置されたままでした。彼は、病院に行かないと!と動揺する彼女を振り払い、去って行きます。
その夜。仁成は、庭の木に猫の袋のようにぶら下がる早苗の白いシートを見て「まだこんなことしてんのか?」と言い、居間の電灯に首吊り縄を掛けて走り去る子供に「ジンタぁ…ダメだろ、こんなイタズラしちゃ…じゃあ、俺がここで死んだマネしてるから、早くお母ぁ呼んどいで」と笑い、「お母ぁ、驚くぜぇ」と呟き、首を吊ります。

仁成の葬儀には、浩市と美咲の他、秀人のオバアや影美が来ていました。2人は浩市たちを見ますが、無言で去って行きます。
その帰り、美咲は「『いちゃりばちょうでぃ(出会えば兄弟)』って言葉は嫌い…いい言葉なんだろうけど、わざとらしくて疲れる、適当でその場しのぎで…私は嫌いだな」とこぼします。
また、浩市は日毎に顔色が悪くなり、職場でもミスが続きぼんやりしていて藤木に注意され、秀人の家の前では血だらけでハエがたかったシートを拾い嘔吐します。
彼には、家でも職場でも、ずっと血だらけで自分を睨む早苗の姿が見えていたのです。

やがて浩市は食事も喉を通らなくなり、美咲に「(早苗が)見えるか?」と聞きますが、彼女には見えていないようでした。
その晩、トイレで吐いていた浩市の背中を美咲がさすっていると、「おまえにも聞こえるか?」と呟いて、彼女を振り払い出て行きます。便器には赤い髪がへばりついていました。
そしてついには、浩市が居間でうたた寝していると早苗を見て飛び起き、そこに美咲が「どした?怖い夢見た?」と帰って来るシーンが繰り返すようになり、睡眠すらも奪われます。

やがて彼は、仕事を休んで家に引きこもるようになり、美咲に問い詰められ「早苗が見張ってんだよ!あいつが俺を苦しめ、俺をバカにし、俺が仁成みたいに自殺するまで、毎日毎日毎日毎日見張ってんだよ!」とブチ切れます。
浩市にしてみれば、早苗こそが彼らの人生を狂わせた元凶であり、彼は「別れた仁成に殺意を剥き出しにしてつきまとったんだ!それを止めさせるにはああするしかなかった、早苗は死んで当然だ、あいつさえいなければ、みんな楽しく暮らせたんだ!」と怒鳴り茶碗を投げつけます。
美咲は「早苗さんなんてどこにいるのよ!幽霊なんてどこにもいない!全部あなたの思い込みじゃない!脳が見せる幻覚よ!」と怒鳴りますが、浩市に「姪っ子殺したお前みたいだな」と言われ言葉に詰まります。
美咲は震えながら「後戻りしない、前だけ見るって約束したじゃない。浩市…幽霊なんていないよ」と呟きますが、浩市は黙って庭の物干しを指差します。
そこには、血塗れの早苗が立っていました。美咲は狂ったように怯え、諦めきった浩市を連れて逃げ出しますが、砂浜に逃げても、早苗は海に現れ、2人をじっと睨んでいました。

【結】- アコークローのあらすじ4

ついに2人は影美の元に相談に行きます。
浩市は事情を話しますが、早苗を殺害したとは言わず行方不明だと嘘をつきます。影美は「早苗さんが行方不明と言うが、死んだとは限らないんじゃないか?、彼女に対してやましい気持ちは無いよね?」と確認しますが、浩市は「どこかで自殺でもしたんだろう」ととぼけます。
影美は納得し「じゃあその幻覚だか幽霊だかを見に行くとしようか」と言いますが、浩市は「あれは幽霊だ、比屋定は幽霊がいると思うか?」と聞きます。影美はじっと浩市を見つめ「いるかもしれないねぇ」と答えます。

浩市と美咲、ユタの衣装の影美は浩市の家に行き、早苗の霊と対峙します。
影美が数珠を握りしめ、ゲーン(サン/サングァーの大きい物、ススキの葉の魔除け)を早苗に突きつけ睨みつけると、早苗はもがき苦しみ這いつくばりますが、影美もえづいて頬を爪で裂かれます。影美が早苗にウチナーグチ(沖縄方言)で「話してみろ」と語りかけるうち夜が明けます。
翌朝、影美は浩市に「全てを話してくれなかったようだな」と言い「早苗さんは今でも暗い水の底で苦しんでる…お前が沈めたんだな!」と恫喝します。怯えて部屋の隅にいた浩市はブチ切れて罪を認めますが、影美は「取り憑かれたみたいだねぇ」と笑います。
浩市は更に、早苗を赤い髪の薄気味悪いクソ女と罵り、「俺はこいつの狂った家族への思いに取り憑かれた!、こいつは思い通りにならない人生を逆恨みして俺たちを殺そうとしたんだぞ!死んで当然だ!正当防衛じゃねぇか!」と喚きます。
そして影美が「その後が問題だ」と言うと、「たとえ正当防衛になったとしても、人殺せばこの村じゃ地獄なんだよ!そんな村で美咲が生きてけるか!俺も仁成もジンタも生きてけるわけねぇだろうが!」と喚きます。
その瞬間、早苗は浩市を睨めつけて唸り、浩市は操られるように台所から包丁を持ちだして庭に降り、自分の目を抉ります。

影美は大きな目を潤ませながらもその場から動かず、早苗に向かって小さな声で呪文を唱えます。
早苗は、醜い胎児のようになったあのバケモノを吐き出します。影美はそれを掴んでかぶりつき、全てを呑み込み倒れます。
庭で血塗れで倒れている浩市に駆け寄った美咲は、そばに現れた早苗に、拾い上げた包丁を向けますが、やがてその切っ先を自分の胸に当て目を閉じます。けれど、早苗は美咲の手を握り、包丁を自分に向けさせます。
美咲は愕然として「苦しいの?死んでも苦しいの?」と泣きだし、早苗を抱きしめ、その刃先を早苗の胸に沈めます。
同じ頃、静かな森の沼に早苗の遺体が浮かび上がります。その顔はとても安らかでした。

刑務所の面会室。
影美は、服役中の美咲に「(事件は)警察も”この世の事ではない”と困惑している」と話し、「早苗の中には人間ではない得体の知れない魂があった。それに気づかずすまない事をした」と詫びます。美咲は微笑んで首を振り「あれはキジムナー?」と聞きます。
影美は「魂の呼び方なんて人が勝手に決めつけるもんだからさ、キジムナーと呼べばキジムナー、ブナガヤと言えばブナガヤになる。仮にその魂に美咲と名づければそれは美咲だ」と話し、あまり力になれずすまなかったと言います。
美咲は明るく微笑んで「私のような見ず知らずの人間を守って下さって、ありがとうございました」と礼を言います。
影美は「美咲さんは結局、自分で自分を守っただけなんだよ。沖縄では当たり前の事さ」と言い”いちゃりばちょうでぃ”の意味を言おうとして止め、自分で調べなさいと笑います。
影美は待合室の外で待っていた30がらみの女性とそれを慰める秀人のオバアを見て、女性に「もうすぐ妹さんに会えますね。どうかほんとの話をしてください。心の話を」と言って去って行きます。

また、路地で苛められていたジンタをじっと見つめ、「片腕を無くしたようだね。ではもう片方の腕で生きなさい。しっかりと、生きてください」と言います。ジンタはキツイ目をして「うるせぇ!ババァ!」と怒鳴って駆け出しますが、1度だけ振り返って彼女を見つめ、走り去って行きます。
刑務所の廊下では、刑務官に付き添われた美咲と片目に包帯を巻いた浩市がすれ違います。2人はすれ違いざまに立ち止まり、微笑んで会釈をし、美咲は、明るい顔で去って行きました。
日が落ちる間際の暗い夕暮れ時、比屋定影美は、1人草原に座り、煙草をふかしていました。

みんなの感想

ライターの感想

沖縄(琉球)ホラーはツッコミどころも多いのですが、先が読めず独特の危うさがあるのです。とにかく沖縄愛が強烈で、沖縄名物やマジナイ魔除けはお約束、ウチナーグチ(沖縄方言)で終始する作品も少なくないので、字幕入れて~!と悲鳴を上げることもしばしば。本作でも一部聞き取りにくい部分がありますが、大筋には関係なさそうです。
仁成役尚玄と早苗役菜葉菜の暴力シーンや事故のシーン(2回とも)は迫真の出来で、仁成の自殺シーンも衝撃的です。始めは都会臭い美咲と浩市の後半の追い上げも見事です。謎めいたユタ比屋定影美役エリカ(小田エリカ)は息を呑むほど美しく、その台詞の一つ一つが胸に刺さります。半面「コワイ女『鋼』」の美脚で知られる早苗役菜葉菜の捨て身のアクションもハンパないです。
特殊造形はオムニバスホラー「オキナワノコワイハナシ」の監督で知られる川端匠志、主題歌はji ma maの「アカリ」、イラストはイラスト付き映画評論で知られる三留まゆみ。エリカの比屋定影美でシリーズ化は期待出来ないんですかねぇ。

映画の感想を投稿する

映画「アコークロー」の商品はこちら