映画:アサイラムバスターズ

「アサイラムバスターズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

アサイラム・バスターズの紹介:2017年に製作されたノルウェー産のサイコ・ホラー映画で、日本では劇場未公開です。取り壊しの決まった廃院の事前調査にやって来た一行が、予想もしなかった恐怖に襲われる・・・!という物語で、廃院に次々現れる謎の人物が、恐怖を盛り上げる構成になっています。

あらすじ動画

アサイラムバスターズの主な出演者

リーヴェ(エレン・ドリト・ピーターセン)、フランク(トーマス・ノルストーム)、オーレ(アンドレス・バースモ・クリスティアンセン)、エヴァン(マッヅ・ショーグルト・ペターソン)、シュンネ(レナーテ・ラインスヴェ)、カール(ボード・オーヴェ)

アサイラムバスターズのネタバレあらすじ

【起】– アサイラムバスターズのあらすじ1

アサイラムバスターズのシーン1

画像引用元:YouTube / アサイラムバスターズトレーラー映像

ノルウェーの山奥、大きな湖の近くに、数十年前に廃院になった病院がありました。病院は近く取り壊されることが決まっており、リーダーの女性・リーヴェを中心とする一行はヘリコプターに乗り、取り壊しの前に行う事前調査にやって来ていました。古い建物だけに、石綿を使っていたり有毒なガスが残っていたりしないかと、安全面を調査する必要があったのです。

病院の建物は部屋数が多く、ベテラン調査員のフランクには、リーヴェを含め数名のメンバーで、期限である3日以内に調査を済ませるのは困難に思え、少なくとも5日はかかるとリーヴェに訴えます。しかしリーヴェは、この仕事を取るために3日以内というノルマを了承した、仕方なかったのだと説明します。調査員たちはそれぞれ、自分の担当する病院内のブロックに別れ、作業を開始します。

すると病院内で音楽が聞こえ、音のする方に行くと、そこには身なりの薄汚れた老人がいました。老人は病院の管理人だったカールという男で、廃院になった1978年からずっと病院を「管理し続けて」いたのでした。カールに病院の詳しい見取り図を手配するよう頼み、一行は再び作業に戻ります。一人地下室へ向ったリーヴェは、ロープが天井から吊る下がっているのを見つけます。そのロープには、血まみれの男が縛り付けられていました。

一同は血まみれの男を助け出しますが、その甲斐なく男は息を引き取ってしまいます。リーヴェは院内にある監視カメラの録画映像を見て、男が建物に入ってくる映像があるのを確認。そこでカールに、男の侵入に気づかなかったのかと問い詰めますが、カールは長いこと映像は見ていないのだとシラを切ります。リーヴェは警察に連絡しようとしますが、フランクがそれは安全管理者である俺の仕事だと、無線で連絡を取るためその場を離れます。

フランクは警察から、男の死体と現場に触れないよう指示があったと告げます。そしてリーヴェは、カールの持ってきた古い地図を見て、建物には自分たちが知らなかった地下一階があることを発見。皆は更に作業が困難になることを危惧しますが、今はとにかく作業中に壊れてしまい、水漏れしている排水管を止めることが優先だとリーヴェは一同に指示を出します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アサイラムバスターズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×