映画:アザーズ

「アザーズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ホラー映画

アザーズの紹介:舞台は第二次世界大戦中の洋館。ヒッチコックの再来と言われたスペインのアメナバール監督の作品。じわじわと迫り来る恐怖に背筋が冷たくなるゴシック・ホラー映画。

アザーズの主な出演者

グレース(ニコール・キッドマン)、ミルズ夫人(フィオヌラ・フラナガン)、チャールズ(クリストファー・エクルストン)、アン(アラキナ・マン)、ニコラス(ジェームズ・ベントレー)

アザーズのネタバレあらすじ

【起】– アザーズのあらすじ1

アザーズのシーン1

画像引用元:YouTube / アザーズトレーラー映像

古い洋館に使用人がやって来る。

年老いた女性のミルズ。

喋ることが出来ないレディア庭師のタトル。

この洋館には母親であるグレースと二人の子供が住んでいます。

その二人の子供は光アレルギーのため、家中のカーテンは常に閉め切ってあります 厳しい規則を守りながら生活する親子。

ある日娘のアンが、ビクターという幽霊が居ると言い出します。

すると誰もいないはずの2階で物音がしたり、シャンデリアが揺れるという現象が起きます

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アザーズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×