映画:アダムスファミリー

「アダムスファミリー」のネタバレあらすじと結末

ホラー映画

アダムス・ファミリーの紹介:チャールズ・アダムスが生みだした一コマ漫画「アダムス・ファミリー」を原作とした映画です。アニメ版やドラマ版で人気を博したことがきっかけで、CGをフルに使った映画が制作されました。1991年当時の最新技術がふんだんに使われており、現実と虚構が入り混じったような演出になっているのが特徴的です。本作最大の特徴とも言えるのが、ゴシック様式を導入していることで、独特な雰囲気を持ったホラーコメディ映画となっています。

あらすじ動画

アダムスファミリーの主な出演者

モーティシア・アダムス(アンジェリカ・ヒューストン)、ゴメズ・アダムス(ラウル・ジュリア)、ウェンズデー・アダムス(クリスティーナ・リッチ)、パグズリー・アダムス(ジミー・ワークマン)、グラニー・アダムス(ジュディス・マリナ)、 フェスター・アダムス/ゴードン・クレイブン(クリストファー・ロイド)、ラーチ(カレル・ストルイケン)、マーガレット・アルフォード(ダナ・アイヴィ)、タリー・アルフォード(ダン・ヘダヤ)、アビゲイル・クレイブン/Dr.グレタ・ピンダーシュロス(エリザベス・ウィルソン)

アダムスファミリーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- アダムスファミリーのあらすじ1

アダムスファミリーのシーン1 とある館にその一帯で有名な一家が暮らしていました。その名を「アダムス・ファミリー」と言い、彼らは莫大な富を有する資産家一家でした。目を見張るほどの大豪邸に暮らす彼ら一家はどこか浮世離れしており、普通ではありません。一家七人それぞれが風変わりで、一般の人間とは違う能力を有しています。
たとえば家長のゴメズは人の域を超えた身体能力の持ち主で、非常に金回りが良く、自由奔放な性格をしています。その妻モーティシアは冷静沈着な性格で魔女の血を引いているため、何度死んでも復活します。ちなみにゴメズとモーティシアの夫婦は相思相愛で、傍もうらやむほどのラブラブカップルです。
長女のウェンズデーは常にポーカーフェイスの青白い顔、非常に頭が良い反面その性格はかなり捻くれており、アダムス・ファミリー一の要注意人物です。弟のパグズリーは姉とは正反対の明るい性格で、イタズラが大好きなやんちゃ坊主です。
そしてモーティシアの母親で子供たちにとっては祖母に当たるグラニーも一緒に住んでいます。グラニーも魔女の血を引く女性です。
他に見た目がまるでフランケンシュタインな執事のラーチと、ゴメズの幼馴染で右手しかない生命体ハンドの総勢七人が風変わりな一家アダムス・ファミリーなのでした。

と、この七人の他に二十五年前に行方不明になったゴメズの兄フェスターがいます。ゴメズは兄フェスターのことがずっと気がかりで、ある日の晩、フェスターに関する悪夢を見てしまいます。その悪夢をきっかけにゴメズは本格的にフェスターの行方を探すことを決めたのでした。

【承】- アダムスファミリーのあらすじ2

アダムスファミリーのシーン2 兄フェスターが行方不明になったのは、ゴメズが女性問題でつまらぬ嫉妬をしてしまったからです。その嫉妬からゴメズは兄フェスターを館から追い出したのです。

さて資産家一家のアダムス・ファミリーには、その資産を管理するタリーという名の顧問弁護士がいます。タリーは長年アダムス一家に仕えてきましたが、実は財産を狙う悪徳弁護士だったのです。というのもタリーには借金があったからで、その返済のため、これまで何度も繰り返しアダムス夫妻を事業に誘い込もうとしたのですが、ことごとく却下されます。

その一方で高利貸しのアビゲイルに借金の返済を迫られ追い詰められていきます。そんなときタリーはアビゲイルの息子ゴードンが、ゴメズの兄フェスターに似ていることに気付くのです。そこで一計を案じ、タリーとアビゲイルが結託し、ゴードンを兄フェスターとしてアダムス一家に送り込むことにしたのでした。

同じ頃、ゴメズは兄フェスターを捜すため、毎年開かれている降霊会の場で、兄を呼び出すことを考えました。
それを知ったタリーとアビゲイルはその降霊会にゴードンを侵入させ、金庫から資産を強奪する計画を立てました。

こうして始まった降霊会、ゴメズが「フェスター、いるなら扉を三度ノックしなさい」と問いかけます。すると玄関の扉が三度ノックされました。もちろんその扉を叩いたのはフェスターに扮したゴードンと、医者を装ったアビゲイルです。
しかしそんなこととは知らないゴメズは兄フェスターが帰ってきたと再会を喜びます。
アビゲイルは先月マグロ漁の網に引っかかっていたフェスターを自分が助けたとゴメズに告げます。単純なゴメズはそれを信じてしまったのでした。

【転】- アダムスファミリーのあらすじ3

アダムスファミリーのシーン3 こうしてアダムス一家にまんまと侵入したゴードンでしたが、そもそもが母のアビゲイルに命じられてフェスターに扮していただけなので、日に日に化けの皮が剥がれていきます。フェスターだったら知っていることも答えられず、アダムス一家との噛み合わない会話が続き、それでもなんとか誤魔化そうと奮闘するゴードン。
しかしやがて長女のウェンズデーに偽者ではないかと疑われます。ゴードンはウェンズデーからの疑いを晴らすため、決闘ごっこを行います。ウェンズデーと弟のパグズリー相手に「本当の決闘」を教え込んだことで、どうにか疑いを晴らすことに成功します。それどころか頼りになるおじさんとして尊敬されるようになり、ウェンズデーとパグズリーのお遊戯の練習のサポートまで行ったのです。
しかしフェスターしか知らない金庫の暗号を答えることができなかったことで、今度はゴメズにも疑われるようになります。
ですがゴードンはフェスターとして接するうちに、いつの間にかアダムス一家に親愛の情を抱き始めたのです。それと同時に自分自身の過去の記憶に疑いを持つようになりました。

そんなときアビゲイルとの「今夜金庫破りを決行する」という会話をウェンズデーに聞かれてしまいます。聞かれたことに気付いたゴードンとアビゲイルが追いかけ、ウェンズデーは墓地に逃げざるを得なくなります。ウェンズデーの姿が見えないことを心配したアダムス一家が探している間に、アビゲイルとタリーが差止の手続きを行ってしまいました。
そのせいでアダムス一家は家を追い出され、すべての財産がゴードンのものになってしまったのです。

【結】- アダムスファミリーのあらすじ4

アダムスファミリーのシーン2 何もかもを失ったゴメズは悲しみに打ちひしがれています。夫の姿に耐えられなくなった妻のモーティシアは家を取り戻すため、館へと向かいます。しかしアビゲイルに捕まってしまいました。
すべてを目撃していたハンドがゴメズにモーティシアの一大事を知らせにいきます。ゴメズは愛する妻を救出するため、館へと急ぎました。

一方、捕まったモーティシアは、アビゲイルに磔にされます。そこへハンドと共に駆け付けたゴメズが侵入し、タリーと剣で一騎打ちの勝負をしました。ですが途中でアビゲイルに拳銃を向けられたため、戦いを止めざるを得なくなります。
アビゲイルはゴードンに命令して、二人を痛めつけろと言いました。今までは母の言うことを聞いていたゴードンでしたが、その傲慢な態度に怒りを覚えます。
ゴードンは「Hurricane Irene」という本を手に取り、呪文を唱えました。すると館内に嵐が発生します。アビゲイルとタリーは嵐に抵抗すらできず、館の外に吹き飛ばされてしまいました。
不運なことに呪文を使ったゴードンも嵐に巻き込まれ、館の外に飛ばされます。このときゴードンの頭に雷が直撃し、そのショックで過去の記憶を思い出しました。なんとゴードンは行方不明になっていた兄フェスターだったのです。フェスターは記憶を失っているときにアビゲイルに拾われ、養子になっていたのでした。

すっかり記憶を取り戻したフェスターはアダムス一家に戻り、彼らはようやく本当の幸せを取り戻したのです。

みんなの感想

ライターの感想

ゴードンもといフェスターが良い味を出しています。良い意味でマヌケというか、非常に憎めないキャラクター性です。もちろん一家全員愛らしいキャラクター性で、彼らのやりとりを見ているだけで心温まります。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「アダムスファミリー」の商品はこちら