「アバター(日本/原作:山田悠介)」のネタバレあらすじと結末の感想

ホラー映画

アバター(2011年日本)の紹介:2011年公開の日本映画。『リアル鬼ごっこ』などで有名な山田悠介の同名小説を原作とする。ネット上の分身となるアバターに異常なほどのめり込む女子高校生の、虚実入り混じった学園世界を描く。

予告動画

アバター(日本/原作:山田悠介)の主な出演者

阿武隈川道子(橋本愛)、阿波野妙子(坂田梨香子)、西園寺真琴(水沢奈子)、松元直美(はねゆり)、山之内均(佐野和真)、片山理恵(指出瑞貴)、仮屋由布子(大谷澪)、阿波野正征(滝藤賢一)、東別府光太郎(温水洋一)、溝口弘(加藤虎ノ介)、阿武隈川恭子(紺野まひる)

アバター(日本/原作:山田悠介)のネタバレあらすじ

【起】- アバター(日本/原作:山田悠介)のあらすじ1

道子は10歳で父を亡くし、母・恭子と2人暮らしです。洗車で道に出された自家用車のせいで救急車が通行できず、道子の父は亡くなりました。
貧しい暮らしながら道子は私立高見女子高等学校に通い、高校2年の誕生日に恭子から携帯電話をプレゼントされます。
翌日、道子が携帯を持ったことが早速クラスを仕切る『学園の女王』妙子に知られ、道子は妙子にSNSサイト『アバQ』に入会させられました。
アバQでは、コミュニティ上で自身の分身となるキャラクターのアバターを用いています。そしてこのアバQのアバターが、学園内で大流行していました。
妙子が学園の女王に君臨するのは、アバQでレアアイテムを多く所持するからでした。

【承】- アバター(日本/原作:山田悠介)のあらすじ2

道子は最初アバターに興味を持ちませんでしたが、ある日アバQのお試しスロットでレアアイテム『バタフライ花魁』を入手した道子は、同級生からちやほやされ、もっとレアアイテムが欲しくなります。
妙子からバタフライ花魁を寄こせと脅されたのを契機に、道子は学園でイジメに遭う西園寺と手を組みました。
出会い系サイトで知り合った男性の財布を盗んでは課金して道子はアイテムを集め、年に一度開催されるアバQ最大のイベント『ベストドレッサーコンテスト』で優勝します。
妙子は学園の女王の座からおろされ、道子が女王として君臨しました。道子は西園寺を自分の右腕にし、学園にガスマスクの集団『アバターサークル』を設立しました。

【転】- アバター(日本/原作:山田悠介)のあらすじ3

妙子は道子に復讐しようと、道子が密かに思いを寄せる山之内に近づき、山之内が道子のことをブスと言っている動画を送りつけてきます。
道子は闇医者・東別府に大金を積んで、アバターと同じ顔に整形してもらうと山之内に仕返しし、さらにその動画を妙子に送りました。
妙子は今度は担任教師・溝口に体を売ることで味方につけ、道子とアバターサークル会員を退学に追いやろうとします。道子はサークル会員を使い溝口を殺しました。
実は道子の父が亡くなる時に救急車が通行できなかったのは、妙子宅の車のせいでした。道子は父の命日に、正征を自家用車に閉じ込めて殺します。
アバQ5周年イベント『ドリーム宝くじ』で道子は落選しました。

【結】- アバター(日本/原作:山田悠介)のあらすじ4

道子へ未知の人物から、宝くじの賞品・女神アイテムを譲るというメールが届きます。アイテムを欲しがる道子は、相手の交換条件通りに2つの遺体を処理し、最後に自分の右腕・西園寺を殺します。
未知の人物は妙子でした。チェーンソーを持って襲いかかる妙子を道子がガスマスクで防ぐと、跳ね返ったチェーンソーが首に刺さり、妙子は死にます。道子は女神アイテムを入手しました。
ところが週明け、クラスの様子は一変していました。松元が学園の女王になっていたのです。
週末の間に学園の流行はアバQからラキラクという新設サイトに移っていました。
松元に紹介メールを送信された道子は、新たなアバターを着飾ろうと決意しました…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「アバター(日本/原作:山田悠介)」の商品はこちら