映画:アミティヴィルシアター悪魔が棲む場所

「アミティヴィルシアター悪魔が棲む場所」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アミティヴィル・シアター 悪魔が棲む場所の紹介:2015年に公開されたホラー映画です。実話を映画化したという「アミティヴィルの恐怖」を原作とした話になっていますが、家が劇場になっているなど、いろいろと違う部分もあります。さらに本作は「悪魔の棲む家シリーズ」としては13作目に当たる作品ですが、内容そのものは独立しており、前作との関連性もありません。なおジョン・R・ウォーカー監督はスチュワート役として出演しています。

あらすじ動画

アミティヴィルシアター悪魔が棲む場所の主な出演者

フォーン(モネール・ルストラ)、カイル(リンデン・ベイカー)、マット(ケネス・ブノイット)、ウェンディ(ホリー・アン・コルニク)、インディ(エヴァ・クウォク)、ジェヴァン(ローガン・ラッセル)、スチュワート(ジョン・R・ウォーカー)

アミティヴィルシアター悪魔が棲む場所のネタバレあらすじ

【起】– アミティヴィルシアター悪魔が棲む場所のあらすじ1

アミティヴィルシアター悪魔が棲む場所のシーン1

画像引用元:YouTube / アミティヴィルシアター悪魔が棲む場所トレーラー映像

アミティヴィルという町の閉鎖した映画館ロキシー劇場にやって来た調査員が、いきなり何者かに襲われます。彼は弁護士のフェリクスから頼まれ、この劇場を調査しに来たのでした。

火事で死んだ両親からロキシー劇場を相続した女子高生フォーン、彼女の後見人となっているのがフェリクスです。

ある週末、フォーンは仲の良い友達を誘って、ロキシー劇場でお泊り会をすることになりました。

男子高生カイルとマット、カイルの弟ジェヴァン、女子高生インディ、そしてフォーンの5人がお泊り会のメンバーです。

フォーンはカイルを伴ってロキシー劇場にやって来ました。長らく使われておらず埃っぽい劇場内に恐る恐る足を踏み入れる2人、するとどこからともなく歌声が聞こえてくるではありませんか。フォーンが耳をすませたところで、残りの3人ジェヴァン、マット、インディたちもやって来ました。

この時には歌声はやんでいたので、気のせいだと気を取り直したフォーンは友達を案内するため奥へと進んでいきます。

その頃、高校教師のスチュワートはフォーンに頼まれ、アミティヴィルの歴史を調べ始めていました。というのもフォーンは両親が死ぬまでロキシー劇場のことなど全く知らなかったからです。

そこで自分の相続した劇場のある町アミティヴィルの歴史についてもっと知りたいと、自分の通う学校の教師スチュワートに相談したのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アミティヴィルシアター悪魔が棲む場所」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×