映画:アリススウィートアリス

「アリススウィートアリス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

アリス・スウィート・アリスの紹介:初めての聖餐式を迎える妹カレンが惨殺され、その姉で奇行の目立つ12歳のアリスが疑われるが、母親が無実を訴える中、彼女の異常性は次々と実証され…という1877年制作のアメリカのスラッシャー・ホラー。当時12歳だった美少女子役ブルック・シールズのデビュー作として知られているが、邦訳版では初のDVD化。監督/脚本は「秘宮のタニア」のアルフレッド・ソウル。N・ローグ監督の「赤い影」、D・アルジェント監督作品などを強く意識したイタリアン・ホラー風の佳作である。旧タイトルは「アリス・スイート・アリス」。

あらすじ動画

アリススウィートアリスの主な出演者

キャサリン・スペイジス(リンダ・ミラー)、その元夫ドム(ナイルズ・マクマスター)、その長女アリス(ポーラ・シェパード)、その次女カレン(ブルック・シールズ)、キャサリンの姉アニー(ジェーン・ロウリー)、その夫ジム(ゲイリー・アレン)、トム神父(ルドルフ・ウィルリック)、トレドーニ夫人(ミルドレッド・クリントン)、アルフォンソ(アルフォンソ・デ・ノーブル)、ブレナン刑事(トム・シニョレッリ)、スピナ刑事(マイケル・ハードスターク)など。

アリススウィートアリスのネタバレあらすじ

【起】– アリススウィートアリスのあらすじ1

若く美しい母親キャサリンは、12歳の長女アリスと9歳の次女カレンを連れトム神父の家を訪ねます。カレンは彼の母親の形見だという手の込んだ十字架のペンダントをプレゼントされ、神父に抱きついて喜びます。一方アリスは途中で席を立ちマリアの絵の心臓を撫でたり、不気味な女のマスクで、キッチンの掃除をしていた住み込み家政婦のトレドーニ夫人を脅かし叱られます。

自宅アパートでは、カレンがアリスに人形を取られたと泣いて訴えますが、キャサリンが出かけてしまったため、黄色いレインコートを着て自転車で探すうち、煉瓦造りの廃屋へと入って行きます。が、アリスがお揃いの黄色いレインコートに不気味な女のマスクで脅かし追い返されます。

カレンが家に戻ると、素知らぬ顔でアリスも戻り、母親に口答えし、カレンが喜んでいた聖餐式の白いドレスのベールを奪います。カレンは再び泣きわめき、叱られたアリスは逆ギレして出掛けますが、廊下で声を掛けた超肥満体で猫好きの家主アルフォンソにも悪態をついて無視します。

カレンの聖餐式の日、アリスは礼拝堂に現れず、キャサリンは姉のアニーとその夫ジムに探さなくていいと言い席で待ちます。カレンは祭壇奥で白いドレスにベールと神父の十字架を着け、火のついたキャンドルを持って、聖餐を受ける子供たちの最後尾で出番を待っていました。入場が始まった時、カレンは黄色いレインコートに不気味な女のマスク、白手袋に白タイツ、白い靴を履いた誰かに背後から襲われ、首を絞められます。その間も儀式は粛々と進み、神父は子供たちに聖体パンを授けていきます。

犯人がカレンを引きずって行く途中、シスターの1人が引きずられる足だけを目撃しますが見て見ぬ振りをします。犯人はカレンを奥の小さな礼拝堂の長椅子の中に入れ、十字架を引き毟り、火をつけた蝋燭を入れ蓋を閉めます。

その頃、礼拝堂では、白いハンカチを頭に着けたアリスが現れ、祭壇に1人跪き、聖体パンを授かろうと舌を出していましたが、トム神父が聖体パンを与えようとした瞬間、奥から叫び声が響きます。

小さな礼拝堂の長椅子からは煙が立ち上り、シスターは狂乱し、駆けつけたアニーは長椅子の中を見て悲鳴を上げキャサリンを呼びに行きます。

その時、キャサリンは祭壇の前でアリスを捕まえ、持っていたカレンのベールをどうしたのかと問い詰めていました。アリスは床に落ちてたと言い、行かないで!と引き留めます。キャサリンは「カレンが死んだの!」と泣き叫ぶアニーと言葉を失うトム神父を見て事態を知り慟哭します。アリスはそれを冷めた目で見てベールを黄色いレインコートのポケットに隠します。

カレンの葬儀の日、少し離れた車の中から様子を見ていたブレナン刑事は、スピナ刑事にまずアルフォンソに話を聞き、聖餐式に来なかったアリスを調べろと指示します。

教会へ向かう車に親族たちが乗り込んだ頃、キャサリンの元夫ですでに再婚している姉妹の父親ドムが到着し、彼女は抱き着いて号泣しますが、アニーは冷たく、アリスは頑健に席を譲りません。

葬儀から戻ると、しばらくここにいていいと言うドムに、アニーが自分がいるから不要だと言います。キャサリンとドム、アニーと彼女の夫ジムは、アリスと子供たちにアルフォンソにケーキを届けさせ事態を話し合います。

アリスはお悔やみを言うアルフォンソにクリームを一舐めしてからケーキを突きつけ、「神様は美人を先に奪われる」とイヤミを言われます。その後、アリスはアニーの娘で太ったアンジェラとアパートの地下室に入って行きます。

キャサリンはアリスが犯人だと決めつけるアニーに激怒し出て行きますが、彼女はそれでも刑事もアリスを疑ってたと言い、ドムは不快カンを露わにし、ジムにも往なされ逆ギレします。

ドムは警察署のブレナン刑事に会いに行き、キャサリンとアリスの保護を訴えますが、逆にアリスと話したいと言われ、彼女は遅れてきただけだし、ベールもカレンの物だと周囲が決めつけただけ、アニーは僕を嫌ってるからアリスも嫌ってるんだ、娘には会うなと言い出て行きます。

スピナ刑事は、校長は以前からアリスを精神科に診せるよう母親に言っていたが拒否されてると言って学校のアリスの資料を渡し、ブレナン刑事は「あの子イカれてるな」とこぼします。

署を出たドムは電話で、トム神父からアリスの資料を無理矢理押収されたと聞き、アリスがひどい言われようだったと話し、2人きりで会う約束をします。

その頃アパートでは、アニーは酷い悪戯を繰り返すアリスを疎んで学校に行けと怒鳴り、アリスはアニーに叩かれたとわめき散らしては、キャサリンに私は要らないの?!とすがり、彼女は心の休まる隙もありません。

彼女は、アリスに学校に行くことは大切だと言い、アルフォンソに家賃を持っていくよう頼みますが、アリスはアニーに悪態をつき出かけるふりをして、カレンの十字架をアリスが隠してるに違いないというアニーの話に耳をそばだてます。

アルフォンソはアリスを部屋に招き入れますが、彼女の言いたい放題の悪態を無視して、教会での事はお見通しだ、父親に話すのが楽しみだと笑います。ムカついたアリスは家賃の小切手を握り潰しますが、アルフォンソは彼女をドアに追い詰め、次に警察が来たらお前の地下室に案内する、死んだ妹が取り返しに来るぞと笑いながら髪を撫でキスしようとします。アリスはそばにいた子猫を引っ掴み「2度と私に触らないで!汚いデブ公!」と怒鳴って床に投げつけ逃げ出します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アリススウィートアリス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×