映画:アンダーワールド4覚醒

「アンダーワールド4覚醒」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アンダーワールド 覚醒の紹介:2012年公開のアメリカ映画。ケイト・ベッキンセールが美しいヴァンパイア族に扮し、狼男族と壮絶な闘いを繰り広げる『アンダーワールド』シリーズ第4弾。ヴァンパイア、狼男族、人間の三つ巴の戦いが、スタイリッシュなアクションシーン満載に描かれる。

あらすじ動画

アンダーワールド4覚醒の主な出演者

セリーン(ケイト・ベッキンセイル)、レーン博士(スティーヴン・レイ)、セバスチャン(マイケル・イーリー)、デヴィッド(テオ・ジェームズ)、イヴ(インディア・アイズリー)、トーマス(チャールズ・ダンス)

アンダーワールド4覚醒のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ヴァンパイア族とライカン族の戦いは続いているが、人類が2つの種族の存在に気づいて殲滅に動き始めた。マイケルとセリーンは捕らえられ、アンティジェン社に冷凍保存されていた。目覚めたセリーンは少女・イヴと視覚が共有できると気づく。 ②イヴはマイケルとセリーンの娘だった。アンティジェン社はライカン族の巣窟で、ライカン族が強くなろうとするための研究施設だった。セリーンたちは博士を倒すがマイケルは行方知れず。

【起】– アンダーワールド4覚醒のあらすじ1

4世紀初頭、初めての不死者アレクサンドル・コルヴィナスが現れました。

その3人の息子のうち、1人はコウモリに噛まれてヴァンパイア族になります。

もう1人はオオカミに噛まれて、狼男ライカン族になりました。

かつてはヴァンパイア族がライカン族を奴隷にしていました。ところがある時を機に両社は戦い始め、それは現代まで続いています。

セリーンはヴァンパイア族の女処刑人(デス・ディーラー)でした。

ある日ライカン族を追っていたセリーンは、ライカン族が人間の男・マイケルを見張っていることに気づきます。

マイケルの謎を追う過程で、セリーンとマイケルは愛し合うようになりました。ところがマイケルはライカン族に噛まれて狼男になり、瀕死のセリーンが救おうと血を吸ったため、初のライカン族とヴァンパイア族の混血種(ハイブリッド)になります。

さらにセリーンは、ヴァンパイア族の3人の長老のうちの1人・ビクターが、自分の家族を殺した相手と知って殺しました。

また3人の長老のもう1人・マーカスが偶然ライカン族の血を吸って復活し、ライカン族の弟・ウィリアムを目覚めさせようとしたので、戦って倒します。

こうしてセリーンは、ライカン族だけでなく身内のヴァンパイア族からも追われる身となりました。愛し合うマイケルと共に逃避行を続けます…(『アンダーワールド』シリーズ参照)。

ヴァンパイア族とライカン族の戦いは、何世紀もの間、人間の知らない地下の世界(アンダーワールド)で繰り広げられていました。

ところがとうとう、その存在が人類に知られるところとなります。

人間たちはヴァンパイア族とライカン族を「非人類種」と呼びました。必死の捜索をします。

その結果、ヴァンパイア族とライカン族には、それぞれ紫外線と銀が有効であることが分かりました。

人間たちは紫外線弾と硝酸銀弾を作り、ヴァンパイア族とライカン族の抹殺に努めます。

その先陣を切っていたのが、ジェイコブ・レーン博士でした。

マイケルとセリーンも人間の手にかかります。

ところが、混血種のマイケルと、人類初の不死者アレクサンドル・コルヴィナスの血をもらったセリーンは、普通のヴァンパイア族ともライカン族とも異なっていました。

そこで人間たちはセリーンとマイケルを捕らえ、冷凍保存されます。

これが、12年前の話でした。

その後も人間はヴァンパイア族とライカン族を退治しようと、さまざまな方策を練っていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アンダーワールド4覚醒」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×