映画:アンツパニック巨大蟻襲来

「アンツパニック巨大蟻襲来」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ホラー映画

アンツ・パニック 巨大蟻襲来の紹介:2017年製作のフィンランド&イギリス&カナダ合作映画。超巨大蟻が人々に襲い掛かるモンスター・パニックアクション。モーターサイクルライダーのルーカスと天才メカニックのブライアン。ある時、彼らは砂漠の真ん中で軍事研究室を見つけ、秘密裏に行われていたある企業の実験を知ってしまう…。

あらすじ動画

アンツパニック巨大蟻襲来の主な出演者

ブライアン(ハリー・リスター・スミス)、ルーカス(アレックス・ミルズ)、リサ(ヴァネッサ・グラッセ)、レナード博士(マーク・アーノルド)、ティム(カラム・マクゴワン)、クレイグ(アンドリュー・ホートン)

アンツパニック巨大蟻襲来のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①67年前にアメリカ・ニューメキシコに隕石落下、エイリアンの遺伝子を得たシケイン産業はそれにアリやクモの遺伝子を混ぜ、巨大アリを作る研究をしていたが、手に負えなくなる。 ②ブライアンとルーカスら若者たちはバイクの優勝パーティーに行き、砂漠で巨大アリと遭遇。ブライアンはリサと両思いになり、知恵を駆使して巨大アリを撃退した。

【起】– アンツパニック巨大蟻襲来のあらすじ1

(注:最初にネタバレ。この映画はゲーム『It came from the desert(ヤツは砂漠からやってくる)』から着想を得て作られた映画です。なので、原題はこのゲーム名のままです)

アメリカ・ニューメキシコ州。

砂漠地帯に、巨大な隕石が落ちました。

アメリカにあるシケイン産業がスポンサーとなり、隕石から得たものを元にして、研究を続けました。

アリやクモの遺伝子を使い、巨大なアリを作ってみます…。

…67年後。

砂漠地帯では研究が続けられていましたが、巨大アリの扱いに困りました。

シケイン産業の軍隊が、アリに倒されます。

日産の車に乗った男性2人が、砂漠地帯に足を踏み入れました。

白いひげの男性が、黒いひげの男性に「この地帯で銅が取れる」と案内しています。

若者が行なうビールパーティーの準備をしていて、白ひげ男性は見つけたそうです。

2人は洞窟らしきところへ行き、薬莢を見つけた直後に巨大アリに襲われました…。

日産の車のみ、砂漠に残されます。

(この車がラストにまた出てくる)

映画のヒーロー『必殺マン』が、若者たちの間で大流行していました。

緑の怪物から女性を救う、正義の味方・必殺マンの映画を、ブライアンとルーカスは見ています。

モトクロスバイクの競技で優勝したルーカスたちは、優勝パーティーで必殺マンにサインがもらえると、大興奮でした。

・ブライアン…金髪の青年。バイクのマシンを改造した。頭脳明晰、考えるの担当。

・ルーカス…焦げ茶の髪の青年。バイクの運転で優勝した。もっぱら動くの担当。

・リサ…焦げ茶の髪の少女。学部長表彰されるほど学力優秀だが、学長表彰はブライアン。リサはひそかにブライアンに憧れているが、リサはルーカスが好きなのだと、当のブライアンは思っている。

・ティム…ガリスコ兄弟の兄。バイクでルーカスのライバル。

・クレイグ…ガリスコ兄弟の弟。バイクでルーカスのライバル。

ブライアンとルーカスは連れだって車に乗り、パーティーに向かいます。途中、ガールフレンドのリサを車で拾いました。

ブライアンはリサのことが好きなのですが、リサがルーカスと親しげに話し合うのを見て、リサはルーカスが好きなのだと思います。

砂漠へ行くまでの車中、必殺マンの話題で盛り上がりました。

「シリーズのパート1が最も人気があるけれども、私はパート3がいちばん好き」と言ったリサは、パート7が作られる話も出ていると告げました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アンツパニック巨大蟻襲来」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×