映画:アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年

「アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年の紹介:虐待されグールと化した少女と両目を焼かれた少年の出会いと再生を描いた、2018年制作のオーストラリアのホラー・ファンタジー。監督/脚本は本作が長編デビューとなるジャスティン・P・ラング。ブラジルのファンタスポア国際ファンタスティック映画祭では最優秀脚本賞を受賞、日本では”未体験ゾーンの映画たち2019”で上映された。

あらすじ動画

アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年の主な出演者

ミーナ(ナディア・アレクサンダー)、アレックス(トビー・ニコルズ)、ヨセフ・ホーファー(カール・マルコヴィクス)、ミーナの母親ノリーン(サラ・マーフィー・ダイソン)、その恋人ジェイソン(ディラン・トローブリッジ)、警官ネイト(ダン・バーン)、ジョージ(スコット・ビューディン)、草原の家の老母アグネス(マルガレーテ・ティーゼル)など。

アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①深い森デビルズ・デン(悪魔の巣)には人を襲って喰らう怪物の伝説があり、その森の廃屋に逃げ込んだ誘拐殺人犯ヨセフが、ゾンビと思しき少女に襲われ死亡する。車の中にはヨセフの被害者と思しき両目を焼かれた少年がいた。②少女はその廃屋の住民ミーナで、飲んだくれの母親の恋人に性的虐待された挙句生き埋めにされ、怪物化して甦り、母親を殺害した経緯がある。③少年はアレックスと名乗り、ヨセフに支配され誘拐された過去を匂わせ怯え続ける。④2人の元には次々と捜索者がやって来るが、アレックスはなぜかその全てを拒んで去ろうとしない。⑤ミーナは彼を擁護するため殺害を繰り返すが、一方で徐々に人間らしさを取り戻していく…。

【起】– アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年のあらすじ1

アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年のシーン1

画像引用元:YouTube / アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年トレーラー映像

深い森の中を1台の車がやって来て、小さなガソリンスタンドに立ち寄ります。

TVを見ていた店主は、無言でシリアルなどの商品を手に取り、レジ脇の商品の地図を広げて見始めた初老の男を止めます。

男は焦った様子で「買うよ」と言いますが、店主はわざとゆっくり会計しながら「あんたが行きたいのはここだろ」と”デビルズ・デン(悪魔の巣)”という地名に〇を付けます。そこは人喰いの殺人鬼がいるという噂の森で、店主は彼を物見遊山の観光客だと踏んだのです。

その時、TVに高額の懸賞金が掛かった誘拐殺人犯ヨセフ・ホーファーのニュースと顔写真が流れ、店主は彼だと気づいた瞬間、射殺されます。

ヨセフは商品を奪い、森の道を走り出しますが、地図を忘れた事に気づいて途方に暮れ、祈りの言葉を唱えます。彼は敬虔なクリスチャンのようですが、何かに怯えているようでした。

彼は間もなく”デビルズ・デン”の立札を見つけて入って行きますが、手製のマキビシを踏んでタイヤがパンクし、なんとかその近くの廃屋にたどり着きます。

その家には人気が無く玄関にも鍵が掛かっていましたが、招き入れるかのように開いたため、中に入って行きます。

屋内は荒れ果てていましたが、2階のバスタブには古い服が何着も入れられており、奥の部屋にはベッドがあり、たくさんの自作の絵やぬいぐるみ、スノーボールなどがあり、誰かが住んでいるようでした。

その時、壁を叩く音がして、彼はピストルを構えて壁の穴を覗き込み、壁向こうの誰かと目が合います。その瞬間、相手は壁越しに斧で攻撃してきたため、驚いて発砲し弾を撃ち尽くしてしまいます。

彼は慌てて開いていた裏口から逃げ出しますが、板に打ちつけた釘のトラップを踏み抜き、足を引きずりながら森に逃げ込みます。

その相手は小柄でしたが、フードを目深にかぶって斧を持ち、冷静に彼を追い詰め、樹上からその額を斧で割り、殺害します。

それは顔面がゾンビのような顔色の悪い少女で、彼女はヨセフの死体を家の庭に運んで、無言でその内臓を貪りますが、向かいの椅子には血塗れでボロボロのテディベアが座らされています。

その後、彼女はヨセフのポケットから車のキーとマキビシを取り出し、十字架が付いた黒いライターを見つけて火を点け、血だらけの手を炙りますが、熱いという感覚は無いようです。

彼女は、マキビシの罠を仕掛け直してから車を調べに行き、ヨセフが買ったシリアルを食べますが、不味そうに吐き出してしまいます。

すると荷台の毛布の中から少年が顔を出し「ヨセフ?」と声を掛けたため、驚いて飛び出し、荷台側から入って掴み掛ります。

少年は「ごめんなさい!愛してる!」と喚いて激しく抵抗し「ずっと毛布の中にいた!ウソじゃない!ずっと戻らないから心配になったんだ!」と叫んで、彼女の顔に触れようとします。

彼女がその手を払いのけた途端、少年はヨセフの名を何度も叫んで泣き出し、口を塞がれ「彼は死んだ!」と言われた時には失禁していました。

少年は両目の部分がひどいケロイドになっていて、完全な盲目のようでした。

彼女は、車の荷台にこもって落ち込む少年に、ブスタブの中にあったトレーナーを渡します。少年は「見ないで」と言って着替え、「君も暖かくしないと。手が冷たすぎる」「ズボンの事はヨセフに言わないで。怒られるから」といい、再び毛布にくるまります。

少女は一晩中テラスに座り、ヨセフのライターを点けては、車の荷台で眠る少年を見つめ、少年が口ずさむハミングを聞くうち、自分の過去を思い出します。

彼女は元はその家で暮らす、絵を描くのが好きな普通の少女でした。

しかし、夜には飲んだくれの母親ノリーンの彼氏ジェイソンがやって来てイチャつくため、ヘッドホンでCDを聞きながら、いなくなった父親の絵を描くのが彼女の日課でした。

残っていたのは彼女の部屋で、スノーボールの中には、幸せだった頃の家族写真が入っていました。

彼女は母親と男の爛れた関係を目にするたび、そしてジェイソンが彼女をも好色な眼で眺めるたび、身の内から湧き上がる獣のような唸り声を聞き、無意識にモンスターの絵を書き殴っていたのです。

翌朝、少女は荷台にこもったままの少年を引きずりだそうとしますが、地元の警官ネイトがやって来たため、部屋に戻って様子を伺います。

彼もやはりマキビシでパンクさせられ、無線で連絡を取りながら、徒歩でやって来たのですが、指名手配犯であるヨセフの車を見つけて、荷台にいた少年に優しく声を掛けます。

少年は怯えたままで、まだヨセフが死んだ事を信じておらず「ヨセフは家の中にいる」と言い、警官は少年のケロイドを見てヨセフによる虐待だと直感し、家の中に入って行きます。

部屋にいた少女は、ピストルを構えて侵入した警官に怯え、クローゼットに隠れますが、警官はヨセフの銃を見つけて彼が隠れていると思い込み、銃を向けたまま出て来るよう説得し、扉を開けます。

彼は少女を見て狼狽えますが、彼女は警官に襲い掛かってその両目を指で潰し、無線に向かって「応援を頼む!何かに襲われた!人間じゃない!」と絶叫する彼の喉笛を噛み千切り、殺害します。

彼女は、警官の流れ弾でテディベアが破壊された事に苛立ち、少年を殺しに行きますが、少年はおらず、パトカーのサイレンを聞いたため、武器の入ったリュックを背負って、森の中に探しに行きます。

彼女は、森の中を歩き回っていた少年を見つけて飛び掛かりますが、少年が「大嫌いだ!ヨセフはどこ!?」と激怒したため、「ヨセフは死んだ!」と怒鳴り返して斧を振りかざします。

少年は「謝るからヨセフの所に連れてって…もうここへは2度と来ないから…」と泣き出し、イラついた少女は斧を地面に突き立て「黙れ!消えて欲しかったのに!私にかまわないで!」と言い捨てます。

すると彼はぴたりと泣き止み「ヨセフが死んだなら連絡しなきゃ。それがルールなんだ。さもないとヨセフの仲間が僕を探しに来る」と言い出します。

少女は「ウソなら容赦しない!」と脅しますが、少年は「本当だ。約束する」と小指を差し出し、少女はおずおずと応じます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×