映画:アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年

「アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年」のネタバレあらすじと結末

アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年の紹介:虐待されグールと化した少女と両目を焼かれた少年の出会いと再生を描いた、2018年制作のオーストラリアのホラー・ファンタジー。監督/脚本は本作が長編デビューとなるジャスティン・P・ラング。ブラジルのファンタスポア国際ファンタスティック映画祭では最優秀脚本賞を受賞、日本では”未体験ゾーンの映画たち2019”で上映された。

あらすじ動画

アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年の主な出演者

ミーナ(ナディア・アレクサンダー)、アレックス(トビー・ニコルズ)、ヨセフ・ホーファー(カール・マルコヴィクス)、ミーナの母親ノリーン(サラ・マーフィー・ダイソン)、その恋人ジェイソン(ディラン・トローブリッジ)、警官ネイト(ダン・バーン)、ジョージ(スコット・ビューディン)、草原の家の老母アグネス(マルガレーテ・ティーゼル)など。

アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①深い森デビルズ・デン(悪魔の巣)には人を襲って喰らう怪物の伝説があり、その森の廃屋に逃げ込んだ誘拐殺人犯ヨセフが、ゾンビと思しき少女に襲われ死亡する。車の中にはヨセフの被害者と思しき両目を焼かれた少年がいた。②少女はその廃屋の住民ミーナで、飲んだくれの母親の恋人に性的虐待された挙句生き埋めにされ、怪物化して甦り、母親を殺害した経緯がある。③少年はアレックスと名乗り、ヨセフに支配され誘拐された過去を匂わせ怯え続ける。④2人の元には次々と捜索者がやって来るが、アレックスはなぜかその全てを拒んで去ろうとしない。⑤ミーナは彼を擁護するため殺害を繰り返すが、一方で徐々に人間らしさを取り戻していく…。

【起】- アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年のあらすじ1

アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年のシーン1 深い森の中を1台の車がやって来て、小さなガソリンスタンドに立ち寄ります。
TVを見ていた店主は、無言でシリアルなどの商品を手に取り、レジ脇の商品の地図を広げて見始めた初老の男を止めます。
男は焦った様子で「買うよ」と言いますが、店主はわざとゆっくり会計しながら「あんたが行きたいのはここだろ」と”デビルズ・デン(悪魔の巣)”という地名に〇を付けます。そこは人喰いの殺人鬼がいるという噂の森で、店主は彼を物見遊山の観光客だと踏んだのです。
その時、TVに高額の懸賞金が掛かった誘拐殺人犯ヨセフ・ホーファーのニュースと顔写真が流れ、店主は彼だと気づいた瞬間、射殺されます。
ヨセフは商品を奪い、森の道を走り出しますが、地図を忘れた事に気づいて途方に暮れ、祈りの言葉を唱えます。彼は敬虔なクリスチャンのようですが、何かに怯えているようでした。
彼は間もなく”デビルズ・デン”の立札を見つけて入って行きますが、手製のマキビシを踏んでタイヤがパンクし、なんとかその近くの廃屋にたどり着きます。

その家には人気が無く玄関にも鍵が掛かっていましたが、招き入れるかのように開いたため、中に入って行きます。
屋内は荒れ果てていましたが、2階のバスタブには古い服が何着も入れられており、奥の部屋にはベッドがあり、たくさんの自作の絵やぬいぐるみ、スノーボールなどがあり、誰かが住んでいるようでした。
その時、壁を叩く音がして、彼はピストルを構えて壁の穴を覗き込み、壁向こうの誰かと目が合います。その瞬間、相手は壁越しに斧で攻撃してきたため、驚いて発砲し弾を撃ち尽くしてしまいます。
彼は慌てて開いていた裏口から逃げ出しますが、板に打ちつけた釘のトラップを踏み抜き、足を引きずりながら森に逃げ込みます。
その相手は小柄でしたが、フードを目深にかぶって斧を持ち、冷静に彼を追い詰め、樹上からその額を斧で割り、殺害します。
それは顔面がゾンビのような顔色の悪い少女で、彼女はヨセフの死体を家の庭に運んで、無言でその内臓を貪りますが、向かいの椅子には血塗れでボロボロのテディベアが座らされています。
その後、彼女はヨセフのポケットから車のキーとマキビシを取り出し、十字架が付いた黒いライターを見つけて火を点け、血だらけの手を炙りますが、熱いという感覚は無いようです。

彼女は、マキビシの罠を仕掛け直してから車を調べに行き、ヨセフが買ったシリアルを食べますが、不味そうに吐き出してしまいます。
すると荷台の毛布の中から少年が顔を出し「ヨセフ?」と声を掛けたため、驚いて飛び出し、荷台側から入って掴み掛ります。
少年は「ごめんなさい!愛してる!」と喚いて激しく抵抗し「ずっと毛布の中にいた!ウソじゃない!ずっと戻らないから心配になったんだ!」と叫んで、彼女の顔に触れようとします。
彼女がその手を払いのけた途端、少年はヨセフの名を何度も叫んで泣き出し、口を塞がれ「彼は死んだ!」と言われた時には失禁していました。
少年は両目の部分がひどいケロイドになっていて、完全な盲目のようでした。
彼女は、車の荷台にこもって落ち込む少年に、ブスタブの中にあったトレーナーを渡します。少年は「見ないで」と言って着替え、「君も暖かくしないと。手が冷たすぎる」「ズボンの事はヨセフに言わないで。怒られるから」といい、再び毛布にくるまります。

少女は一晩中テラスに座り、ヨセフのライターを点けては、車の荷台で眠る少年を見つめ、少年が口ずさむハミングを聞くうち、自分の過去を思い出します。
彼女は元はその家で暮らす、絵を描くのが好きな普通の少女でした。
しかし、夜には飲んだくれの母親ノリーンの彼氏ジェイソンがやって来てイチャつくため、ヘッドホンでCDを聞きながら、いなくなった父親の絵を描くのが彼女の日課でした。
残っていたのは彼女の部屋で、スノーボールの中には、幸せだった頃の家族写真が入っていました。
彼女は母親と男の爛れた関係を目にするたび、そしてジェイソンが彼女をも好色な眼で眺めるたび、身の内から湧き上がる獣のような唸り声を聞き、無意識にモンスターの絵を書き殴っていたのです。

翌朝、少女は荷台にこもったままの少年を引きずりだそうとしますが、地元の警官ネイトがやって来たため、部屋に戻って様子を伺います。
彼もやはりマキビシでパンクさせられ、無線で連絡を取りながら、徒歩でやって来たのですが、指名手配犯であるヨセフの車を見つけて、荷台にいた少年に優しく声を掛けます。
少年は怯えたままで、まだヨセフが死んだ事を信じておらず「ヨセフは家の中にいる」と言い、警官は少年のケロイドを見てヨセフによる虐待だと直感し、家の中に入って行きます。
部屋にいた少女は、ピストルを構えて侵入した警官に怯え、クローゼットに隠れますが、警官はヨセフの銃を見つけて彼が隠れていると思い込み、銃を向けたまま出て来るよう説得し、扉を開けます。
彼は少女を見て狼狽えますが、彼女は警官に襲い掛かってその両目を指で潰し、無線に向かって「応援を頼む!何かに襲われた!人間じゃない!」と絶叫する彼の喉笛を噛み千切り、殺害します。
彼女は、警官の流れ弾でテディベアが破壊された事に苛立ち、少年を殺しに行きますが、少年はおらず、パトカーのサイレンを聞いたため、武器の入ったリュックを背負って、森の中に探しに行きます。

彼女は、森の中を歩き回っていた少年を見つけて飛び掛かりますが、少年が「大嫌いだ!ヨセフはどこ!?」と激怒したため、「ヨセフは死んだ!」と怒鳴り返して斧を振りかざします。
少年は「謝るからヨセフの所に連れてって…もうここへは2度と来ないから…」と泣き出し、イラついた少女は斧を地面に突き立て「黙れ!消えて欲しかったのに!私にかまわないで!」と言い捨てます。
すると彼はぴたりと泣き止み「ヨセフが死んだなら連絡しなきゃ。それがルールなんだ。さもないとヨセフの仲間が僕を探しに来る」と言い出します。
少女は「ウソなら容赦しない!」と脅しますが、少年は「本当だ。約束する」と小指を差し出し、少女はおずおずと応じます。

【承】- アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年のあらすじ2

アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年のシーン2 2人は森の中を歩き出し、少年はようやくアレックスだと名乗ります。
少女は彼の前を歩きながら「この森は呪われてる。だから”デビルズ・デン(悪魔の巣)”…人間を喰う怪物がうろついてるの。昔は人間だったけど、酷い事が起きて…鋭い爪で人間を切り裂き…心臓を突き刺して、その死を見届ける。彼女は本物よ」と話しますが、彼は全くビビらず「”彼女”?女なの?」と聞き返し、声が聞こえると言い出します。彼はそれが自分を探しに来た”ヨセフの仲間”だと言うのです。
それは確かに猟犬を連れた3人の男で、彼女はアレックスと古木の根に空いた洞に隠れ、2人を嗅ぎつけてやって来た猟犬を威嚇し、追い返します。

2人はその洞で一夜を明かしますが、アレックスは寒さに震え、電話を掛けたい、腹が減ったと言い出し「ヨセフがシリアルを買うはずだったのに。彼を知りもしないのに、なぜ死んだと分かるんだ」となじります。
少女は呆れてヨセフのライターを渡し、彼もようやく信じたようですが「ヨセフはタバコを吸わないけど、燃やすのが好きなんだ」と打ち明けます。
しかし「その目も彼にやられたの?」と聞くと「彼のせいじゃない。ルールを破ったから悪い事が起きた。僕がルールを憶え切らなかったから」と言い、「車の中では、魔法の毛布をかぶると姿が消せるというルールがある。本当に透明人間になるわけじゃないけど、気に入ってた」と話します。
彼は少女にライターをやり、怪物の事を聞きますが、彼女は多くを語らず、ミーナだと名乗ります。
彼女は寒さを感じていないようでしたが、アレックスは身体を丸めて寒さに耐え、ハミングをしていました。

その歌をぼんやり聞いていたミーナは、再び過去の忌わしい出来事を思い出します。
ジェイソンは彼女に鍵を開けておくよう命令し、深夜、彼女の部屋に忍び込んでは性的虐待を繰り返していたのです。
その晩も、彼はミーナを犯しながら下卑た言葉を言わせ、楽しんでいましたが、彼女の中の獣が唸り声を上げた瞬間、彼女は彼の指を噛みちぎって絶叫し狂乱したのです。
動揺したジェイソンは、彼女をスノーボールで何度も打ちのめし、顔が無惨に破壊され瀕死の状態となった彼女を森に運び、生きたまま埋めたのです。
ミーナが人であった最後の瞬間、その最期の一呼吸を思い出した時、彼女は目の前で呼んでいたアレックスの首を、その鋭い爪の付いた手で引っ掴み絞め上げていました。
アレックスはそれでも彼女を責めず「君の手は暖かい」と呟きます。
ミーナはムッとしてリュックを背負い「電話を探してくる」と出て行き、再びライターの炎で手を炙りますが、熱さを感じて驚きます。

そこに昨日の男たちが現れ、彼女は慌てて樹上に隠れます。
3人は、ヨセフの懸賞金が目当てのようでしたが、彼女は若くてトロそうなジョージのズボンのポケットに入っていたスマホに目をつけます。
その後、彼女は何も言わずにアレックスを連れ出し、わざと男らに見つかる場所に置き去りにします。
彼らに見つかり「誘拐された子だろ?ヨセフはどこだ?」と問い詰められたアレックスは、怯えてミーナを呼びますが、ジョージが「ミーナとは、警官のネイトが殺害された家の子で、以前失踪したはず。なぜ彼が知ってるんだ?」と言い出します。
アレックスは「彼女は怪物だ!皆バラバラにされて殺されるぞ!」と脅しますが、そこにミーナが現れ、瞬く間に中年2人を殺害しますが、サバイバルナイフで足を切られてしまいます。
ジョージはその様子をスマホで撮影し、必死で道へと逃げますが、通りがかった車に轢き逃げされます。ミーナは負傷した足で何とか追いつき、瀕死の彼からスマホだけを奪い、置き去りにします。

【転】- アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年のあらすじ3

アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年のシーン3 彼女の足は間もなく治り、死体の防寒ベストを着込んで不機嫌そうに座っていたアレックスにスマホを渡しますが、彼はミーナにスマホを返して番号を言い、電話をかけさせます。
電話の相手は中年女性のようでしたが、その疲れ果てた声を聞いた彼は何も言わず、イラついたように切らせます。
ミーナはもう一度かけると言いますが、アレックスはヨセフの死に際の様子を聞き「知らないといけないんだ」と泣き出し、「逃げようとした」と言うミーナにそれをどう感じたかを問い質します。
彼女が「ただ、いなくなって欲しかった」と言うと、アレックスはサバイバルナイフを指先に当て「もう行っていい。僕は大丈夫だから。誰にも言わない」と呟きます。
ミーナはその手を握って「放さないで」と言い、彼を拓けた草原にある一軒家へと連れて行きます。

2人はその地下室から屋内へと侵入し、ミーナが様子を見に行きますが、屋内は清潔に整えられ、住民は留守のようでした。
そこに住民の娘から電話が入り、留守電の録音が始まります。中年らしき娘は、偏屈な性格から一人暮らしをしている母親を案じ「お節介だろうが、後で様子を見に行く」と言っていました。
ミーナはコンロで煮えていたスープの様子を見ますが、背後に気配を感じて振り向きます。
そこにはライフルを向けた初老の母親がいて「その顔はハロウィンの仮装か」と嘲り、ミーナが「電話を貸りたいの。傷つけさせないで」と言った途端、大声で笑いだします。
その直後、アレックスがその母親の背後に現れ、ナイフで突き刺して殺害します。
アレックスは微塵の罪悪感も無いようで、スープを美味そうにすすっておかわりをし、「殺す必要は無かった」と落ち込む彼女に「君を守った」と言い訳します。
ミーナは老母の死体をそっと避け、おずおずと「この家なら食べ物もあるし、暖かい。あの人たちがいなくなるまで一緒にいて」と提案し、アレックスは黙って彼女を抱きしめます。

アレックスが寝就いた後、ミーナは娘の部屋に行き、長年着古し血で汚れた服から娘の服に着替えます。鏡に映ったその顔も、心なしかきれいになっているようでしたが、スープはまだ飲めませんでした。
また、アレックスが掛けさせた番号にリダイヤルで電話をし、それが彼の母親であり、彼の帰りを待ち続けている事を知ります。
その後、いつものように老母の死体を喰らおうとし、内なる獣も唸りますが、必死で抑え込み、地面の中から甦ったあの晩の事を思い出します。
怪物となって目覚めたミーナは、あの家に戻り、電話の相手を罵っている母親を見て、薪割りの斧を手にします。
どうやら相手はジェイソンのようで「恋人でしょ?!電話なんかしてないで娘を探してよ!」とブチ切れていた母親は、無残な姿で戻った彼女を見て愕然とし「誰がこんな事を…ごめんなさい…本当にごめんね…私の可愛い子…」と泣きながら抱きしめようとしますが、ミーナはその腹に斧を突き立てたのです。

【結】- アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年のあらすじ4

アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年のシーン2 彼女は娘の部屋で一人泣いていましたが、起き出してきたアレックスが、トラックでやってきた娘夫婦に見つかり連れ去られます。
その叫び声を聞いたミーナは懸命に車を追い、荷台に飛び乗りますが、車は間もなく事故を起こし、彼女も荷台から投げ出されます。
車は横転して大破し、運転していた娘の夫は死亡、娘は動揺しながらも救急に連絡を入れ、現れたミーナに「その子は動かさない方がいい」と言い、夫が死んだと泣き出します。
後部座席にいたアレックスは大ケガを負っていましたが意識はあり、話す事も出来ました。

ミーナは娘を逃がし、アレックスに身を寄せ、懸命に話しかけて励まします。
彼女は「あの電話にかけ直したら、あなたのママが出て帰りを待ってた。もう帰っていいのよ」と言いますが、彼は「ヨセフが必ず追ってくる…もう怯えたくない」と泣き出します。
ミーナは落ち着いた声で何度も何度も「ヨセフは死んだ」と言い「怯えたくないのは私も同じ、気持ちは分かる」と話します。
彼はようやく落ち着いて「戻ったら、目を治してもらえるかな」と言い、ミーナは「そうなるわ」と言いますが、彼の意識は混濁し「ママはどこ?ママに会いたい」と泣き出します。
ミーナは「ママはもうすぐ来る。必ずあなたを守る。誰にも手出しさせない」と励まし、「ミーナ…一緒に…家に帰ろう…」と呟くアレックスを抱きしめ「帰るよ…」と呟きます。その時、遠くにサイレンの音が響きます。
彼は間もなく救出され、ミーナの名を叫びながら搬送されていきますが、彼女は木陰からじっとその様子を見届け、彼女の家に戻ります。

ミーナは、父親の肖像など数枚の大事な絵と家族写真が入ったスノーボール、コンパクトCDプレイヤーをリュックに詰め、寝袋を持って、新たに描いた泣き顔の自画像を残し、斧も薪割り台に戻して出て行きます。
やがて彼女は湖のほとりにたどり着き、シリアルを食べながら、ケロイドの無いきれいな目をしたアレックスの肖像画を描き、あの1本道を歩き出します。
ハミングしながら、しっかりした足取りで町に向かう彼女の背中に、車で通りかかった女性が声を掛けます。
「迷ったの?この辺は何も無いし、寒いわよ。若い女の子一人じゃ危ないわ。乗って行きなさい。バス停かガソリンスタンドまで送るわ」…
ミーナは無言でうつむいたまま助手席に乗り込みますが、森を懐かしむように振り向いたその顔は、以前の彼女に戻っていました。

みんなの感想

ライターの感想

一見ゾンビかグールモノなのですが、ミーナもアレックスも大人に酷い虐待を受けた過去に苦悩する病んだ若者で、その再生物語とも受け取れる作品です。
ミーナの過去は徐々に明らかになりますが、アレックスの過去は最後まで謎で、凶悪誘拐殺人犯とされたヨセフも気の弱そうな老クリスチャンだし、ミーナと出会ってからの彼はなぜか救出を拒み、その言動の端端には、もしかしたらヨセフこそが彼に束縛翻弄され、思い余って虐待する結果に至ったのかもと思わせる節もあります。
特筆すべきはミーナの心体の回復で、当初はまんまグールで怪力で機敏に動き、獲物を確実に仕留めて捕食する暗い顔の少女の姿をした怪物なのですが、次第に感覚が戻り、顔の傷が軽減して行く様もなかなかでした。
どこからが妄想で、どこからが現実なのか、見方によっては色々考えさせられる作品だと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年」の商品はこちら