「イット」のネタバレあらすじと結末の感想

ホラー映画

イットの紹介:メーン州の田舎町に出没し子供を殺す不気味なピエロの恐怖と、そいつ(IT)に翻弄されながらも逞しく成長してゆく子供たちの姿を描いた、スティーヴン・キングの同名小説のTVムービー化作品で、1990年公開のアメリカ/カナダ合作のホラー映画。監督/脚本は「ハロウィンⅢ」「フライトナイト2」のトミー・リー・ウォーレス。共同脚本は「キャリー」(1976年)のローレンス・D・コーエン。実在の殺人鬼ジョン・ゲイシーがモデルと言われるピエロを「ロッキー・ホラー・ショー」のティム・カリーが演じ、トラウマ級のインパクトを残しました。

予告動画

イットの主な出演者

ペニーワイズ(IT/ピエロ/ティム・カリー)、ビル(リチャード・トーマス/ジョナサン・ブランディス) 、ベン(ジョン・リッター/ブランドン・クレイン)、ベヴァリー(アネット・オトゥール/エミリー・パーキンス)、スタン(リチャード・メイサー/ベン・ヘラー)、ハンロン(ティム・リイド/マーロン・テイラー)、リッチー(ハリー・アンダーソン/セス・グリーン)、エディ(デニス・クリストファー/アダム・ファライズル)、ヘンリー(マイケル・コール/ジャレッド・ブランカード)、ビルの妻オードラ(オリヴィア・ハッセー)など。

イットのネタバレあらすじ

【起】- イットのあらすじ1

メーン州の田舎町デリーで、幼い子供が殺害される事件が続発しますが、なぜか警察は捜査に消極的です。地元の図書館に勤めるハンロンは事件現場で30年前に殺害された少年の写真を発見、30年前の約束を実行に移します。

イギリスでホラー小説家となったビルはハンロンからの電話で、急遽仕事をキャンセル、取り乱し吃音が再発した彼を案じる妻オードラに絶対に追わないよう言いおいて、デリーへと旅立ちます。
彼は、30年前、彼が風邪で寝込んでいた日、幼い弟ジョージーにしつこくお話をせびられたため、紙の船を作り、雨の中1人で遊びに行かせ、何者かに惨殺された事を思い出します。その葬儀の日、アルバムの写真の弟が動きだし血が溢れますが、両親には全く見えず、ましてやその重大な過去を彼はなぜか忘れていたのです。

ニューヨークで建築家となったベンは、授賞式のパーティーから戻った時電話を受けます。
彼は30年前に父を亡くし、デリーの従姉の家に母と越してきたばかりのおデブの子供でした。彼は不良のヘンリーたちにひどいイジメを受けていましたが、逃げ込んだ空き地でビルたちと出会って友情を深め、同級生のべヴァリーに恋をして、詩を贈るロマンチストでした。
彼は、町はずれの給水塔の池で、戦死した父を見ますが、それは邪悪なピエロで、彼を浮かばせると脅されました。

べヴァリーは、シカゴでデザイナーとして成功していましたが、電話を受け、パートナーのトムに初めて逆らって決別し、デリーに向かいます。彼女はトムからひどいDVを受け怯える毎日を過ごしていたのです。30年前、母親に逃げられ荒れる学校用務員の父親からされていたように。彼女は、家の洗面所の排水溝から死んだ子供たちとピエロの声を聞き、血が溢れるのを見ますが、やはり父親には見えません。ピエロは逆らうと死んじまうと言って脅しました。

ニューヨークで高名な映画プロデューサーとなったエディも、すがる母親を振り切り、デリーに向かいます。30年前、彼は小柄で神経質な喘息もちのマザコン少年でした。彼は、ビルたちと仲間になって、外を飛び回り自由に遊ぶ楽しさを知ったのです。
けれどある日、シャワー室で小さな排水溝から現れた獰猛な牙をもつピエロと遭遇、それを思い出した彼は喘息の薬を再び使い始めます。

ビバリーヒルズで大人気のコメディアンとなったリッチーは、電話を受け、困り果てる相方を見捨ててデリーへと向かいます。30年前、ヘンリーの攻撃を軽やかにかわす彼は、当時からおしゃべり上手のお調子者でした。が、学校の地下室に大の苦手の狼男に襲われ、ピエロから浮かばせてやると脅されました。それを思い出したヘンリーは子供のように怯えています。

黒人のハンロンは、デリーの町の図書館に勤め、質素で真面目に暮らしています。30年前、彼は賢く優秀な生徒で、かつてこの町では数十年ごとに大惨事が起こり、給水塔で253人もの移民が行方不明になった事件も謎のままだとレポートしていました。彼はヘンリーに追われていたところを、ビルたちが力を合わせて撃退し救われたことから、仲間になりました。
仲間はリッキーの友人でユダヤ人のスタンを合わせて7人で、”弱虫クラブ””ラッキー7”と呼んでいました。

【承】- イットのあらすじ2

30年前、空き地に集まった彼らは、ハンロンが調べた町の古い資料からピエロは何世紀にもわたってこの町に出没している怪人ペニーワイズだと知ります。彼らの見ている前で写真が動き出し、ピエロが威嚇します。「俺はお前らの恐れる全てだ!殺してやる!」と。
その間も町では子供が次々と殺されていますが、大人は注意を促すだけで、事件は一向に収まりません。けれど、ピエロが犯人だなどと大人が信じるはずもなく、彼らは途方に暮れます。
その時、一人輪を離れたビルは、泣きながら「IT(あいつ)は僕らを怖れてる」と呟き、仲間に「僕に手を貸して」と言います。彼らはビルの周りに集まり固くスクラムを組みます。

アトランタで妻と幸せに暮らしていたスタンは、ハンロンの電話で思わず耳を弄ります。それは少年だった頃の緊張した時の癖でした。彼は耳を弄りながらバスルームに向かいます。
30年前のあの日、パチンコが得意なヴェバリーを攻撃手、リッチーの母親の銀のイヤリングを弾として、彼らはITの棲み処の給水塔に決戦に向かいます。スタンは臆病で穏やかな気性で最後まで及び腰ですが、最終的に自らの意志で参加します。
彼らの後を、不良のヘンリーたち3人が内緒で追いかけます。が、途中分かれた1人は間もなく光を放つ何かに襲われ姿を消します。

給水塔の中は朽ちて錆びつき、パイプを降りた地下の下水道でピエロのポンポンを発見します。が、彼らは恐怖と緊張から、最後尾のスタンがヘンリーたちに捕まったことに気づきません。
ヘンリーとベルチがスタンを脅している最中、光る何かが現れ、ベルチは壁の太いパイプに二つ折りのまま引き込まれ、光を見たヘンリーの髪は瞬く間に白髪に変わります。
スタンは必死で逃げ、仲間のいる下水道の中央広場に駆け込みます。

光はスタンを追ってますが、眩しさに目を閉じた彼らの頭上を通り過ぎ、広場は白煙に包まれます。彼らは広場の中央で手を繋ぎますが、ジョージーや彼らが怖れる物が次々と現れたあと、スタンがピエロに捕まり、牙で噛まれそうになります。
咄嗟にエディが喘息の薬を吹きかけると、ピエロの顔が溶け、ヴェバリーが撃った銀のイヤリングで頭に穴が空いて光が漏れ出し、ピエロは小さな排水溝へと逃げ込みます。彼らが最後まで掴んでいたその手は固い皮に覆われた醜い怪物でした。
外に出た彼らは、給水塔の池のほとりで、「あいつがまた現れたら必ず集まろう」と誓い合い約束しますが、一番恐ろしい目に遭ったスタンは最後まで躊躇していました。

スタンの妻は、なかなか戻らない夫を心配してバスルームに向かいます。彼は風呂の中で手首を切って息絶え、壁には血で”IT”と書かれていました。妻の悲痛な叫びが響きます。

【転】- イットのあらすじ3

ベリーに戻ったビルは弟ジョージ-の墓に行き、忘れていてごめんと謝ります。が、そこへピエロが現れて墓を掘り、7つの墓の1つは塞がったと笑います。ピエロに打ち勝つのは恐れないことだと思い返し振り向くと消えていました。
彼は図書館でハンロンに再会し、彼の小さな自宅に向かいます。彼は、自分は灯台守の役割で、ずっとこの町に住み、毎日君らの事を思っていたため忘れなかったと言います。また、ジムの自転車”シルバー号”を古物屋で買ったと物置から出して見せます。ジムは早速大人2人が乗れるまでに修理します。

車で来たリッチーは、図書館でハンロンを待つ間、ピエロが現れ、血の詰まった風船で図書館中を血だらけにしますが、やはり誰にも見えません。
タクシーで着いたベンは、思い出の空き地で自分と同じくいじめられているおデブの子供と出会い、負けるなよと励まします。が、池で朽ちた遺体を道でピエロを見て怯えます。

エディは薬屋で、30年前、喘息の薬はただの水で、ヤブ医者を信じる母親のせいで君もその暗示にかかっていると打ち明けてくれた店主キーンに再会します。ボケて奥の部屋に座っていたキーンは彼を見て水の話をし、全ては思い込みだと呟きます。エディは昔の礼を言いますが、次の瞬間、彼の手をきつく掴み、この町から出て行け弱虫君とピエロの声で脅されます。

生家に向かったヴェバリーは勇を鼓して父の名前のベルを押しますが、品の良い老夫人に父親は5年前に亡くなったと言われ招き入れられます。部屋は美しくリフォームされていましたが、洗面台だけは古く、夫人は血の紅茶を勧め、朽ちた父の姿に変わって彼女に迫りピエロがからかいます。振り向くと家は廃屋に戻っていました。

夜、高級中華店に集まった一同は再会を喜び合いますが、皆それぞれに当時の記憶があうあふやで、町でピエロに脅された事を確認します。が、デザートのクッキーが出る頃、リッチーとエディは帰ると言い出し、皆もしぶしぶ受け入れます。最悪の空気の中、クッキーから不気味な生物が飛び出し、一同は図書館に逃げ出します。
そこでハンロンがスタン邸に電話をかけ、彼が電話の直後に自殺したと聞き愕然とします。ビルは、彼が決戦前にミイラ男に化けたピエロに襲われた事を思い出し、エディは彼に、バケモノが放つ光をまともに見た後、光の中に入って行きたいという妙な気分になったと言われたことを思い出します。が、冷蔵庫には首だけのスタンが現れ皆に皮肉を言い、図書館中で怪異が起こったため、彼らは再び町のホテルへと逃げ出します。

一方、白髪のヘンリーはその後、子供殺しの真犯人として逮捕され、ピエロの件は錯乱だとされ獄中の精神病院に収監されていました。ピエロは月に映ったり死んだベルチの姿で現れてヘンリーをそそのかし、看守を殺害、脱獄させます。
また、オードラは怒るエージェントが止めるのも聞かず、ビルの後を追いベリーの近くまで来ていましたが、立ち寄ったガソリンスタンドで店員に化けたピエロの目の光に魅入られさらわれてしまいます。

ホテルでは、ハンロンが町の歴史をさらに掘り下げ、デリーでは何世紀にもわたり30年ごとに大惨事が発生し続けているものの大人は対策を取らず、今回の事件ではすでに死者が6人、行方不明者はもっと出ていると話し、証拠として昨日の殺害現場で拾ったジョージーの写真を見せます。また、7人が集まることで特別な力が生まれ、子供のいない今の自分たちにしかピエロを倒すことはできないと話します。

けれど、彼は部屋でヘンリーに襲われ、重傷を負って入院、ヘンリーは自分のナイフが胸に刺さり死亡しましたが、警察には知らせませんでした。病院で待つうち、ヴェバリーは自分の辛かった過去をベンに打ちあけ、30年前の詩のお礼を言い2人の心は通い合います。意識が戻ったハンロンは以前心折れた時1人で下水道に入り、銀のイヤリングを見つけて自分の役割を思い出し救われたと話し、それをビルに委ねます。

ホテルに戻った5人は、数々の惨事と怪奇現象に心折れ帰ろうとしますが、リッチーはTVの幼児連続殺人のニュースに後ろ髪を引かれ、ビルは亡くなった母と弟がピアノを弾く姿を見て、30年前のあの時のように、このままでは終われないと言います。ビルの決意は固く昔のように泣いてはいませんでした。5人は固く抱き合い、決戦への決意を固めます。

【結】- イットのあらすじ4

彼らは空き地の上の橋で身支度を整えて給水塔に向かい、下水道のポンポンを見つけた場所で、オードラのバッグを見つけます。ビルは彼女を呼びながら奥へと駆け出しますが見つからず、どもりながら自分を責めますが、ヴェバリーが叱って正気に返します。

30年を経た下水道の中央広場は木の根が飛び出しジャングルのようになっていました。が、見ると下水道の支流からジョージーの紙の船が流れてきます。ビルはジョージーの幻をやり過ごし、姿を見せろ、弟を殺したことを償わせてやる!と叫びます。
すると壁にピエロが映り、お前らの目はやがて心が認めるものしか見えなくなる、ここにいればその心も失うぞ!出て行けと脅し嗤って消えます。

ビルは、アイツが人を襲って喰うのなら必ず実体があるはずだと言い、弟の船を下水道に浮かべます。船は彼らを導くように支流の奥へと向かい、骸骨が埋まった小さな扉に流れ着きます。
その奥は岩肌が剥き出しの広い洞窟になっていて、天井には無数の人々がクモの糸に巻かれ吊るされていました。ビルはその中にオードラを見つけ、岩肌を必死に登って行きます。

その時、奥から巨大なクモのような怪物が現れます。ヴェバリーは、パチンコで銀のイヤリングを撃ちますが、1発は外れ、1発は固い表皮に弾き飛ばされてしまいます。
すると怪物は上半身を起こしその腹から眩しい光を放ち、正面にいたビルはまともに光を見てしまい止まってしまいます。助けに行ったベンとリッチーも同様に光に魅入られ止まります。

べヴァリーは怪物の背後へと走り、エディは喘息の薬を吹きかけますが、鉤爪のような牙で捕え上げられてしまいます。べヴァリーは銀のイヤリングを拾って怪物の正面に駆け戻り、その腹の光源にイヤリングを撃ちます。弾は命中して光が消え、3人は正気に返りますが、怪物はエディを離し奥へと逃げ、落とされたエディは息絶えます。

4人は「70歳で会うのはたくさんだ」と呟き、怪物の後を追って引き倒し、その体をバラバラにして殺します。洞窟に戻ると蜘蛛の糸に捕えられていた人々がゆっくりと下がってくるところでした。ビルはオードラを抱き上げますが、彼女は空を見つめたまま返事をしません。
彼はオードラを抱え、リッチーはエディを背負い、ベンはヴェバリーを固く抱きしめ、給水塔の池のほとりに佇み、30年前、そこで再会を約束したことを思い返していました。

数週間後、入院療養中のハンロンは、記録の最後をこう締めくくりました。
すでに我々の記憶は薄れ、数週間後には忘れてしまうだろう、自分は灯台守の役目を終え引っ越しを考えている。リッチーは人気コメディ俳優となり、ベンとヴェバリーは1週間後に結婚して妊娠、ビルとオードラは長く滞在したが、オードラが回復しないまま今日旅立つと。

けれど、帰る間際、ハンロンの物置でシルバー号を見たビルは、ぼんやりしたままのオードラを抱えるように自転車に乗せ走り出します。
これは、僕とスタンを救った自転車だ、全速力でこいで悪魔を吹き飛ばした、ヤツを吹き飛ばせ!頑張れ!と呟きながら、長い長い坂を全速力で走ります。
やがてオードラの手がビルの肩を掴み、彼女は正気に戻ります。2人は交差点の真ん中で固く抱き合い、キスを交わしました。

みんなの感想

  • 糸さんの感想

    普通ですね。怖いですが。

  • yakuza0893さんの感想

    ペニーワイズの存在感がヤバイw
    最初は控えめに出てたのに、後半はガンガン出てくるw
    あとペニーワイズの口があんなになっていたとは。。。
    前半は怖がりな自分でも大丈夫なくらい怖くなかったけど(ジョージが腕を食あい千切られる所は怖かったけどw)後半一気に怖くなった。
    べバリーが襲われた所は油断した、突然で声が出てしまったw
    ついでにべバリーの父親からの虐待?が地味に怖かった。
    最後にビルとべバリーの恋がなんとも言えなかった。。
    ベンが不遇すぎるw

映画の感想を投稿する

映画「イット」の商品はこちら