映画:インブレッド

「インブレッド」のネタバレあらすじと結末

ホラー映画

インブレッドの紹介:2012年公開のイギリス映画。壮絶な殺戮ゲームを楽しむ異常者たちの狂気を描くブリティッシュホラー。4人の少年犯罪者たちが、社会奉仕活動のために訪れた村で異常なゲームの餌食となる…。

あらすじ動画

インブレッドの主な出演者

ケイト(ジョー・ハートリー)、ジム(シェイマス・オニール)、ジェフ(ジェームズ・ドハティ)、ティム(ジェームズ・バロウズ)、グリス(ニール・レイパー)、ドワイト(クリス・ウォーラー)

インブレッドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①イギリスの田舎町にボランティアで行った若者たち。その町は昔、精神病患者を収容する病棟があり、閉鎖された後も異常者たちが住み着いていた。 ②若者たちは異常者たちに襲われ、ひとりまたひとりと殺された。全員死亡。

【起】- インブレッドのあらすじ1

インブレッドのシーン1 小麦畑が広がる農村。
クライヴとジューンの夫婦が、レモネードを飲んでいました。
奥で薪を割っていた使用人の男性・ジャックが近づいてくると、「レモネードをくれ」と要求します。
クライヴが叱ると、ジャックはクライヴに斧を振り下ろしました。
さらに悲鳴を上げるジューンの足と頭にも、斧を振るいます…。


…そんなスプラッタ映画をスマートフォンで見ていたのは、ドワイトという若者たちでした。
ドワイトたちは車に乗り、これからイギリスのモートレイクという場所に、ボランティアに行くのです。


・ジェフ…社会福祉士の中年男性。4人の少年犯罪者たちを率いている。
・ケイト…社会福祉士の中年女性。

・サム…唯一の少女犯罪者。無口なのでドワイトに言語障害だとからかわれる。
・ティム…めがねをかけた少年。サムと親しくなる。学校に放火した過去がある。
・ドワイト…騒がしい少年。暴力を振るった過去がある。
・ゼブ…黒人系の少年。ピッキングをした過去がある。


ケイトが白いバンのハンドルをにぎり、助手席にジェフが陣取って一同はモートレイクへ行きます。
カーナビには示されていない場所に、彼らが宿泊する屋敷がありました。

その土地、ダーティ・ホールは、かつては石炭鉱業で栄えたところでした。
石炭鉱業が寂れると、精神異常者の隔離施設がありましたが、それも1970年代に閉鎖されます。
以後どうなっているかは、ほとんど知られていませんでした。
土地に残っているのは、いずれも残虐な村人たちなのですが、それを一同は知りません。

村への入り口の車道の横では、少年少女がよってかかって、ひとりの少年をいじめていました。
しかしそれを目撃したのは、サムとティムだけでした。2人は目を疑います。
このことがきっかけで、サムとティムは親しくなります。


屋敷に到着すると、ジェフはみんなの携帯電話を回収しました。
スマホを持っていると田舎暮らしを満喫できないので、この週末だけでも自然を楽しめとジェフは言います。
全員のスマホを回収したジェフは、週明けに返すと言い、屋敷のどこかに隠しました。

屋敷の中は廃墟に近い状態でした。ジェフはみんなに、手始めに家の掃除を言いつけます。
嫌がる少年少女たちにやる気を出させようと、ケイトが「片づけたら地元のパブに連れていく」と言いました。
それを聞いて、ドワイトたちはやる気を出します。

【承】- インブレッドのあらすじ2

インブレッドのシーン2 ケイトを屋敷の外に連れ出したジェフは、ケイトの発言をたしなめました。
社会福祉士の観点からして、少年たちを酒場に連れて行くのはよろしくないと言います。
しかしケイトは「酒場には連れて行くけれども、アルコールは飲ませない。士気高揚のため、パブ行きを提案した」と答えました。
ケイトのもくろみどおり、ドワイトたちがやる気を出したのは事実なので、ジェフも強く返せません。

屋敷の片付けも済んで、約束通りパブへ移動する段になり、車のキーがないことに気づきます。
仕方なくジェフたちは、歩いてパブまで移動しました。


パブには、地元の人たちしかいません。
客がみんなジェフたちをじろじろと眺め、みんな居心地の悪い思いをしました。
いちばん近くのホステルでも65km先なので遠く、どこに滞在しているかと聞かれ、ジェフは「レイブンズウッド」と答えます。
その答えを聞いて、村人たちは驚きました。

外でタバコを吸っていたサムに、地元の若者・グリスが絡みます。
グリスは店主・ジムの息子でした。サムが嫌がっているのを見て、ジムはグリスを追い払います。
帰り道、ティムはサムに、この地域に昔、精神病棟があって異常者が隔離されていたことや、1970年代に病院が閉鎖されたことを話しました。


翌日。
ジェフはみんなを率いて、廃列車の車両が置かれている場所に移動します。
少年犯罪をした4人に課せられたのは、この廃車両の中にある、銅の回収でした。いわばリサイクルのための軽作業をするかわりに、罪の軽減がなされるのです。

ただ単に作業をするだけでは面白くないとドワイトが言い、2つのチームに分かれて作業を競うことになりました。
「ジェフ、ドワイト、ゼブ」「ケイト、ティム、サム」のチームに分かれます。

ティムたちはまじめに金属回収をしていました。
それとは対照的に、ドワイトたちは騒いでいます。
車両の中にあった巨大ハンマーを使い、窓ガラスを割って回るイタズラを、ドワイトはしていました。
ケイトは一服しに中座し、ジェフも生徒たちから離れます。

【転】- インブレッドのあらすじ3

インブレッドのシーン3 ティムとサムは、少し離れた場所から黒い煙が上がっているのを見て、そちらへ移動しました。
放火をしたことがあるティムは、黒い煙は油からたちのぼると言います。
近づいたところ、動物が燃やされていました。
すぐ近くには、生きたままの馬がつながれており、ティムはそれを放します。

しかし馬は、やってきた車に轢かれました。
ティムとサムは、やってきたグリスたち青年3人に捕まります。
グリスは、前の夜にパブの前で、サムに絡んできた男性でした。

サムが乱暴されそうな時、ケイトが気づき、ジェフを呼びました。ドワイトたちも呼び戻されます。
ジェフはグリスたちを追い払っていましたが、途中で転倒し、金属片が右太ももに刺さって大けがをします。
ケイトたちは急いで止血措置をしますが、血が大量に出るので、みんなはジェフを運びます。

一同はパブに駆け込み、「救急車を呼んでくれ」と頼みました。
すると店主のジムは、「痛みを和らげてやろう」と言うと、肉切り包丁でいきなりジェフの首を切ります。
ジェフは死に、ほかの者は驚きました。ジェフは他の者を地下室に連れていきます。


店主のジムのところへ、息子のグリスたちが戻ってきます。
ジムがジェフの首を切って殺したのは、ジェフの傷が「グリスのしわざ」だと思ったからでした。
息子たちがよそ者に暴力を振るったと思ったジムは、みんなを生かして帰せないと判断したわけですが、グリスは「ジェフが勝手に転んでつけた傷だ」と言い返します。
ジムはグリスたちに、ジェフの遺体を刻んで、ブタの餌にしろと言いました。

地下室に監禁された5人は、逃げる作戦を考えますが、思いつきません。
そうこうしているうちに、ゼブがグリスとジムたちに連れていかれました。
ゼブは納屋に連れられて、ショーの準備として地面に杭で留められます。

【結】- インブレッドのあらすじ4

インブレッドのシーン2 実は村人たちはみんな、殺人ショーを楽しむ人たちでした。村人たちも殺人鬼です。
ジムは村人たちに、殺人ショーをすると案内します。

顔を黒と白に塗りたくったジムは、村人たちを納屋に集めて、ショーを始めました。
ゼブの鼻にアスパラガスを、口にニンジンを詰めます。
納屋にやってきた馬は、ゼブの顔にある野菜を食べて、頭を踏みつけて去っていきました。ゼブは亡くなります。

地味な殺し方だったために、観客は満足しませんでした。
観客の不満を読み取ったジムは、もう1人ショーで殺そうと考えます。
(本当は1日に1人ずつ殺すつもりだった。しかし観客が不満顔なので、急遽もう1人殺すことにした)
グリスに、地下室へ行けと言います。

その頃、サムたちは地下室から脱出しようとしていました。
ちょうど出たところ、グリスと鉢合わせします。
グリスともみ合いになったドワイトが、連行されました。


逃げたケイト、ティム、サムは車のキーがないことに気づきます。
ティムが窓を破って開け、配線をいじってエンジンを入れました。
しかし車に銃を持った追っ手がかかります。

ドワイトは納屋で、柱に固定されました。そのまま、糞尿の入った容器からのびたホースを、口に咥えさせられます。
汚物を口に入れられたドワイトは、腹が破裂して死にます。

同じ頃、車を追ってきたグリスは車に轢かれ、亡くなります。
ロンという男性も、ケイトに撃たれて死亡しました。

ケイト、ティム、サムは屋敷に戻ります。
地図と携帯を屋敷で手に入れようとしますが、携帯が見つかりません。
そうこうしているうちに、ケイトは腕を撃たれ、重傷を負います。
ケイトは代わりに、ラッツという男性を殺害します。

ケイトはおとりとなって屋敷から逃げることで、ティムとサムを逃がそうとします。
草むらを逃げたケイトは、トラバサミの罠にかかりました。
ポッジがチェーンソーで、ケイトを襲って殺します。

ティムは酒を撒いた地下室に敵をおびきよせて、火をつけて殺害しようと考えます。
ジムたちを呼び、地下室に招き入れますが、酒は水でうすめたものでした。引火しません。
ティムはチェーンソーで殺されます。

サムは草むらを逃げますが、地雷を踏んでしまいました。
フェレット(いたち)が来て足に噛みつかれ、サムは爆死します。
サムの死亡を見届けたジムたちは、店へ戻っていきました。
(全員死亡)

みんなの感想

ライターの感想

典型的なスプラッタ映画。
この手の映画にはありがち。ストーリーではなく、とにかくグロさを見せるもの。
だからストーリーのつじつま合わせは、適当でいいのだ。
イギリス映画ということくらいかな。特に目新しさもない感じ。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「インブレッド」の商品はこちら