映画:ウーマンインブラック2死の天使

「ウーマンインブラック2死の天使」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ウーマン・イン・ブラック2 死の天使の紹介:2014年製作のカナダ&アメリカ&イギリス合作映画。ダニエル・ラドクリフ主演で大ヒットを記録したゴシックホラーの続編。沼地に立つ呪われた洋館に足を踏み入れてしまった子どもたちが、邪悪な黒衣の女によって恐怖にさらされていく姿が描かれる。

あらすじ動画

ウーマンインブラック2死の天使の主な出演者

ハリー・バーンストウ(ジェレミー・アーヴァイン)、イヴ・パーキンズ(フィービー・フォックス)、ジーン・ホッグ(ヘレン・マクロリー)、ローズ博士(エイドリアン・ローリンズ)、アーミット・ジェイコブ(ネッド・デネヒー)、エドワード(オークリー・ぺンダーガスト)、トム(ジュード・ライト)

ウーマンインブラック2死の天使のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①第二次世界大戦時のイギリス・ロンドンから、疎開のため小学教諭の女性イヴとジーン女性教諭、10人の生徒たちがイールマーシュの館に行く。ところがイールマーシュの館は呪われていた。 ②無人の筈の館では怪奇現象が起こり、子どもが死ぬ。イヴは列車で出会ったハリー空軍中尉の協力を得て、子どもたちと共に脱出した。ハリーは犠牲になって命を落とした。

【起】– ウーマンインブラック2死の天使のあらすじ1

イギリス、田舎町クライシン・ギフォードには、〝イールマーシュの館〟という呪いのかかった館があります。

館は干潟で囲まれた沖合にある古い大きな豪邸で、そこへは一本道が通るだけでした。しかも満潮時は道も沈みます。

この館には死の噂があります。館で女性の姿を見た者は死ぬというもので、事実でした。

館の主人だったドラブロウ夫婦には子どもができず、妻・アリスは妹・ジェネットを精神病院送りにすると、ジェネットの息子・ナサニエルを奪って自分の子どもにしたのです。

ナサニエルは沼地に馬車ごと沈む事故で7歳で亡くなり、ジェネットは嘆いて館の子供部屋で首吊り自殺をしました。以後、ジェネットの姿(黒いドレスの女)を見た人は呪われ、死ぬという噂が立ったのでした(『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』参照)…。

1941年、イギリス・ロンドン。

第二次世界大戦時の空襲で、小学校の先生をしている若い女性イヴ・パーキンズは、同じく教諭の中年女性ジーン・ホッグと共に10人ほどの奨学生を連れて、田舎に疎開することになりました。

両親の都合で親が来られない子どもたちを引率し、列車に乗り込みます。行き先はクライシン・ギフォードという田舎町でした。

列車でイヴの隣の席に座った若い男性ハリー・バーンストウ空軍中尉は、同じ客席に座った子どもを最初イヴの子どもだと勘違いし「子だくさんだな」と言います。

イヴは子どもたちの母ではなく先生だと知ると、ハリーはイヴに好感を抱きました。ハリー空軍中尉は同じクライシン・ギフォードにある空軍基地に行くところです。

町に着いたイヴたちは、初老男性のローズ博士が運転する車に乗って、疎開先に行きます。途中、タイヤがパンクして車をおりた少年少女たちは、金網に絡まった羊を放してやりました。

町で奇妙なことをぶつぶつ呟く男がおり、耳をすませると「日曜に死んで、月曜に現れた。継ぎはお前だ。見るな、見ちゃいかん」と言っています。

田舎町とはいえ灯火管制区域なので、夜道をライトなしで運転していきます。疎開先は〝イールマーシュの館〟でした。当然、イヴたちは館にまつわる噂を全く知りません。

館に足を踏み入れた瞬間から、イヴは不穏な気配を感じており、別の場所はないのかとジーン先生がごねますが、ローズ博士は無理だと言います。

館は廃屋同然で電気もきておらず、自家発電機でやっていかねばなりません。子どもたちは1つの大きな寝室にベッドを並べて寝ることにしました。

イヴは10人前後いる子どもの中で、とりわけエドワードという小学低学年の少年を気にしています。というのも彼の両親は既に亡くなっており、エドワードはそのショックで声を失ったからです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ウーマンインブラック2死の天使」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×