映画:エルム街の悪夢(1984年)

「エルム街の悪夢(1984年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

エルム街の悪夢(1984年)の紹介:1984年制作のアメリカ映画。夢の中の殺人事件が現実にも起こるというスプラッター映画で、後にシリーズ化された殺人鬼フレディ・クルーガーの誕生ともなった作品。名優ジョニー・デップの俳優デビュー作でもある。

あらすじ動画

エルム街の悪夢(1984年)の主な出演者

フレディ・クルーガー(ロバート・イングランド)、ナンシー・トンプソン(ヘザー・ランゲンカンプ)、ドナルド・トンプソン(ジョン・サクソン)、マージ・トンプソン(ロニー・ブレイクリー)、グレン・ランツ(ジョニー・デップ)、ロッド・レイン(ニック・コッリ)、ティナ(アマンダ・ワイス)

エルム街の悪夢(1984年)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①エルム街に住む女子高校生ティナは悪夢にうなされていた。恋人のロッド、親友のナンシー、その彼グレンも同じ夢を見ていると知る。4人が集まった日ティナが殺され、逃亡したことでロッドが犯人として逮捕された。その後ロッドは獄中死。 ②ナンシーは夢に出る男がフレディ・クルーガーと突き止める。フレディは昔エルム街で少年少女たちを20人以上殺害し、近所の者に放火されて死んでいた。グレンも死ぬがナンシーは現実世界にフレディをひきずりだした。

【起】– エルム街の悪夢(1984年)のあらすじ1

エルム街の悪夢(1984年)のシーン1

画像引用元:YouTube / エルム街の悪夢(1984年)トレーラー映像

〝1、2、フレディがやってくる

3、4、ドアに鍵をかけて

5、6、十字架を握りしめて

7、8、しっかり目を覚まして

9、10、眠りにおちないように〟

(注:映画の中に出てくる、縄跳びの歌)

アメリカ・オハイオ州スプリングウッド。

エルム街に住む女子高校生ティナ・グレイは、いつも悪夢に悩まされていました。悪夢には、いつも同じ男が出てきます。

その男は右手に手袋をはめていますが、手袋の親指以外の4本の指には、するどく長い鉄の爪がついています。

茶色の中折れ帽子をかぶり、赤と緑の横縞模様のセーターを着た男の顔はやけどでただれています。

その日もティナは、悪夢にうなされていました。

工場の地下らしき場所をうろうろしていると、目の前をヤギが通過します。

ヤギだと分かってほっとしたティナは、後ろから男に抱きすくめられました…。

それが夢と分かっても、腹部分のネグリジェに爪の痕が残っているのを見て、ティナは夢がどんどん現実世界にまで広がってきているようで、ぞっとしませんでした。

・ティナ…金髪の女性。両親は離婚して母と暮らしている。

・ロッド…ティナの彼氏。

・グレン…ナンシーの彼氏。ナンシーの隣に住んでいる。

・ナンシー…金髪のロングヘアの女性。父親は警部補。主人公。エルム街2418番地に住んでいる。

そういうわけで、ティナは最近寝不足です。

ある日、ティナは夢の話を、彼氏のロッド・レイン、親友のナンシー・トンプソン、ナンシーの彼氏のグレン・ランツに話しました。

するとナンシーたちも、似た男の夢を見ていたのです。

夢を解明するために、ティナの家にみんなが集まることにしました。ティナの母が、恋人と旅行して留守にしたからです。

とはいうものの、夢の会議は名目で、どちらかというと4人集まって遊ぶのが主体でした。

ティナとロッドはベッドインし、4人はそれぞれ眠りに落ちます。

ティナは悪夢を見てうなされました。先の夢で出る男が出没し、どれだけ逃げても先回りされるのです。

うなされたティナを、一緒に寝ていたロッドが起こそうとしました。しかしティナは眠りから目覚めず、腹に切り傷ができたあと、天井まで空中浮遊します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エルム街の悪夢(1984年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ