映画:エンドレスナイトメア

「エンドレスナイトメア」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

映画「エンドレスナイトメア」の感想

ライターの感想

いかにも低予算でチープな雰囲気の、TVドラマ的スケールのホラーですが、セクシーなフェロモン漂うヒロイン始め、そこかしこにエロチックな場面が挿入されているので、元々は「そちら向け」のビデオ作品だったものを、エロス過ぎるシーンをカットして一般向けに編集した映画かもしれません。 それでも、「パンズ・ラビリンス」のような、というかそのまんまパクったような「目玉を指の間に挟んで持つクリーチャー」なんかはなかなかいい味出してるんですけど、いかんせん出来がいいのはこのクリーチャーくらいだというのが見ていて切ないところであります。悪玉のドナが呪いを依頼する魔女ですが、英語で「マザー」と呼んでいるのでドナの本当の母親かもしれませんが、神父を「ファーザー」と呼ぶような感覚かもしれないので、あらすじでは「母親的存在」と表記しました。 ただ、ヒロインを襲うのが上記のクリーチャーやゾンビだけでなく、殺人鬼までもが「呼び寄せられる」っていうのは、結構斬新なアイデアではないかと思います。ラストはヒロインが旅立ちを決意し、それに対抗する「邪悪な存在」が描かれて終わり、悪玉であるドナや魔女はお咎めなしのままですから、恐らくはシリーズ化も狙っていたのではないかと思います。90分弱の映画枠でなく、1時間弱くらいのドラマ的な尺だったら、何回か続けて見てもいいかな?とは思わせてくれる作品でした、はい!
    1 2 3 4 5

    「エンドレスナイトメア」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    こちらもおすすめ

    ×