「オープンウォーターサバイバル」のネタバレあらすじと結末の感想

オープンウォーター・サバイバルの紹介:2012年製作のアメリカ映画。外洋に放り出された男女が漂流の恐怖に襲われるサスペンススリラー。大西洋でバカンスを楽しんでいたダイアンたちだったが、突然クルーザーが故障してしまう。そんな時に現れた古びた漁船に助けを求めるが、それはさらなる地獄の始まりだった…。

予告動画

オープンウォーターサバイバルの主な出演者

トレイラー(ジェイソン・ミューズ)、マイク・オリバー(ルーク・ガルダン)、ブレット・オリバー(タイラー・ジョンソン)、リサ(ジョイ・グラス)、ダイアン(タラ・ヘストン)、クリッシー(アシュレイ・マイヤーズ)

オープンウォーターサバイバルのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①チェサピーク湾に釣りに出かけた若者6人は、洋上でエンジントラブルに見舞われる。付近の漁船に助けてもらうが、睡眠薬入りの水を飲まされ、意識を失う。 ②漁師たちは人肉をエサにする者たちだった。生き残ったのはマイク、ブレット、ダイアンだが、生存の知らせを聞いた漁師たちが再び出動。

【起】- オープンウォーターサバイバルのあらすじ1

〝毎年、海で何百人もが、忽然と姿を消す〟

アメリカ、東海岸のチェサピーク湾。

漁師が解体をし、瓶づめをしています。それを尻目に、金髪の若い女性が脱走を図りました。
しかし血の痕を頼りに、2人の追跡部隊がやってきました。
森に隠れた女性でしたが、銛を背後から突き刺され、ひきずられていきます…。

…金持ちの男性・トレイラーに誘われて、3人の女性が釣りに行くことになりました。
トレイラーは友人のオリバー兄弟を誘います。
トレイラーと親しいのは、弟のブレットでした。兄のマイクは沿岸警備隊を止めており、海に繰り出す気はなかったのですが、やっぱり釣りに行きたいと、首を縦に振りました。

・トレイラー…ロン毛、金持ちの若い男性。両肩にタトゥーを入れている。本人が金持ちではなく、あくまで「父が金持ち」。
・マイク…兄の方。沿岸警備隊に所属していたが、辞めた。海を大事にしている。男性陣の中では最も理性的。
・ブレット…マイクの弟。兄の言うことはよく聞く。兄弟仲は良好。
・ダイアン…茶髪の女性。マイクの元カノ。結婚を約束した男性とは破談になった。マイクと5年ぶりの再会。
・リサ…黒髪ストレートの女性。
・クリッシー…金髪の女性。ダイアン、リサ、クリッシーの3人は女友達同士で旧知の仲。

翌日。
トレイラーは貸船・サガ号の予約をしていました。プレジャーボートを操縦するのは、ジェイ船長です。
船長と若者6人が船に乗り込み、沖へ出ました。
マイクは元カノのダイアンと、5年ぶりの再会を果たします。
途中、カニを釣るカゴを見つけた弟・ブレットは、中に人間の腕があると言いますが、豚の腕かもしれないと兄・マイクがたしなめて、元に戻しました。

途中の小島で給油に立ち寄った一同は、店主から「いいエサがある」とすすめられ、赤い肉を購入します。そのエサは、ウナギの肉だと店主は言いました。どんな釣りにも使えるそうです。
店から出たトレイラーは、給油をしていた男がエンジンルームを覗いているのを見て、注意しました。男は点検をしていたのだと言います。

【承】- オープンウォーターサバイバルのあらすじ2

再び沖合に出た6人は、釣りを楽しみました。
マイクはダイアンと話し、ダイアンが結婚をとりやめたと知ります。
久しぶりの再会に、2人はいいムードになりました。

沖合で船が故障します。
電子機器はすべて使えず、携帯も圏外でした。遭難を知らせるための、発煙筒もありません。
ジェイ船長とトレイラーは船の修理に取りかかり、他のメンバーは発煙筒や無線機などを探し始めました。
船内には水すらなく、トレイラーとマイクが揉め始めます。
そこへ漁船が通りかかりました。一同は喜び、まず水を求めます。
水が入ったボトルが運ばれて、みんなは回し飲みをしました。しかし直後、眠りこみます。
マイクはダイアンに水を吐き出せと言いますが、2人も眠りこんでしまいました。
水には睡眠薬が入れられていたのです。
6人はその場で漁船に積みこまれ、移動させられますが、意識がないので知りません。

実はこの漁師たちが曲者でした。
先にネタバレになりますが、彼らは釣りに現れた若者たちを狩り、人肉をさばいていました。
一部は釣りのエサとして売り(先に買ったウナギの肉というのが、それ)、一部は養殖ウナギのエサになり、一部はカニのエサにされます。
カニを釣るには、人肉が一番なのだそうです。
ジェイ船長も漁師たちの一味でした。つまり、すべて仕組まれたものだったのです。

一同が連れられたのは、海のそばにある沼地でした。そばに森もあります。
連れ込まれた男性陣は、手首を縛られて、下半身を海中につけられていました。
女性陣はレイプされた後(意識がないので知らない)、みんな机の上にあおむけで、手足を拘束されます。
トレイラーが意識のないまま引き揚げられ、意識のないまま捌かれました。トレイラーは死亡します。

真っ先に起きたのは、最後に水を飲んで異変に気づいたマイクとダイアンでした。
マイクは縛られた手首の縄を歯で噛み切り、弟・ブレットの縄も解きます。寝ている弟を連れて隠れました。
やがて弟・ブレットも目覚めます。マイクは船長の仕業だと言い、逃げようと話しました。

【転】- オープンウォーターサバイバルのあらすじ3

ダイアンも目覚めた後、拘束を解いて他の2人の女性の縄を解きます。呼びかけますが、クリッシーもリサもなかなか起きません。
それでも何度か顔を叩いていると、2人は目を覚ましました。3人の女性は武器を手にし、入ってきた男性を襲いますが、逆襲されます。
リサが足を巨大フォークで刺され、ケガをしました。
そこへマイクとブレットが突入し、女性3人を助けます。

小屋を逃げ出した5人は、近くの草むらに隠れました。
マイクとブレットは逃げ場を探すために、その場を離れます。負傷したリサを、クリッシーとダイアンが見守ります。
人の声が聞こえたので、女性3人は伏せて草むらに隠れました。
ダイアンが見つかりますが、必死で抵抗します。リサが見つかり、ダイアンと共に連れて行かれます。
クリッシーは浜辺に逃げ、マイクとブレットに会いました。マイクはダイアンを助けようと考えます。

ダイアンはウナギを養殖するプールに顔をつけられ、拷問されました。
リサは脇の下からナイフを入れて解体され、胸の肉を取られます。豊胸手術だったようで、「ニセモノかよ」と言われました。リサは死亡しました。
そこへシャベルを持ったマイクが現れ、ダイアンを助けようとします。
ダイアンを乗せたベルトコンベアのスイッチが入れられ、粉砕機に少しずつ近づきました。
しかも油に引火し、そこらじゅうから火の手があがりました。
マイクは相手の男と、炎がついた棒で戦います。
相手の隙をついて倒したマイクは、スイッチを押して機械を止め、ダイアンを助けました。
そこへブレットとクリッシーもやってきます。

なぜ人間を襲っているのか分からないまま、銃や発煙筒を手に入れたマイクたちは、解体する部屋を見て、人間の肉を釣りのエサにしていたことを知りました。
小屋の外に停車している車で逃げようとしますが、エンジンがなかなかかかりません。

【結】- オープンウォーターサバイバルのあらすじ4

物音を聞きつけて、漁師たちがやってきました。上から銛で刺され、クリッシーが致命傷を負います。
エンジンがかかったものの、急発進して小屋にぶつかりました。
爆発炎上し、小屋が燃えます。クリッシーはそのまま車中で死にました。
マイク、ブレット、ダイアンは脱出して無事です。
車の上に乗っていた男も小屋の下敷きになりましたが、死には至らなかったようで、小屋から手が出てきました。

ボートを見つけた3人は、乗り込もうとします。
そこへ大男が襲ってきて、ブレットが撃たれました。弾は左の脇をかすります(血は出るがさほどダメージは受けていない)。
銛で男を倒し、マイクはブレットの止血をしました。
ブレットとダイアンをボートに乗せ、沼地へ出ようとしていると、別の男がやってきます。
ボートは転覆し、マイクは相手の男と戦い始めました。
男を倒したマイクは、ダイアンを連れて逃げます。ブレットを探したのですが、見つからなかったので2人で逃げました。

ブレットの方はボート転覆で沼地の浅瀬にたどりつき、小屋の近くに移動していました。
エンジンのついたボートを見つけ、近くにあったオイル入りのドラム缶を乗せてから、乗り込もうとしますが、そこで漁師に見つかります。
エンジンで急発進させ、ロープで転ばせて、ブレットは男から逃げました。

マイクとダイアンの乗るボートが、漁師たちの釣り舟に見つかります。
そこへオイルを積んだブレットがやってきました。
発煙筒を焚きながら、ブレットは釣り舟に突入し、ぶつかる直前に脱出します。
発煙筒で引火し、釣り舟は爆破されました。
ブレットはマイクに救助されます。

朝。
手漕ぎで沖合まで出たマイク、ブレット、ダイアンは、若者たちのボートに助けられます。
若者たちに乗せてもらった3人は、ほっとしました。
「サガ号の生存者発見」と、若者たちは沿岸警備隊に連絡をします。
しかしその無線を、漁師たちが盗聴していました。
漁師たちはマイクたちを回収すべく、再び出動します…。

みんなの感想

ライターの感想

『オープンウォーター』という題名がつけられているが、もはや別物。原題は『The Watermen』。こっちのほうがしっくりくる。
人肉を狩る系統でした。だからスプラッタ系か?
期待しないで見ると、面白いかもしれない。下手にオープン・ウォーター系のものを期待すると、当て外れになる。
漁船に救助されてからの脱出劇がメインとなるわけだが、意外にも警備がゆるく、簡単に抜け出せる。
しかも…敵の数が判らない~。いったい何人いるのか把握できんかった。漁業組合みたいなものだったらと考えると、クスリと笑える。
金持ち設定のトレイラーが、まさかの最初の犠牲者、しかも地味に死んでる。

映画の感想を投稿する

映画「オープンウォーターサバイバル」の商品はこちら