映画:オープングレイブ感染

「オープングレイブ感染」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

【承】– オープングレイブ感染のあらすじ2

オープングレイブ感染のシーン2

画像引用元:YouTube / オープングレイブ感染トレーラー映像

どうやら英語を話せないアジア人女性だけは記憶が残っているようでしたが、意志の疎通は出来ないままで、小屋の女性の正体もわからずじまいでした。一方家に残ったメンバーの中で、ネイサンは本棚にあったラテン語の本や医学書が読めて、その内容が理解出来ることがわかります。医学書は全て、感染症に関する本ばかりでした。

今はまだわからないことだらけでしたが、とにかくここを出るため、車を探すことになります。シャロンが車のキーを持っていたため、どこかに車があるはずだと考えたのです。ルーカス、ネイサン、シャロン、ジョン・ドウの4人が車の探索にでかけ、マイケルとアジア人女性は家に残ることになります。

ジョン・ドウたち4人は、先ほどとは別の場所にも木に死体が縛り付けてあり、しかも家を囲うように柵が作られていたこともわかります。やがて4人は森を出て道路に突き当たりますが、どちらへ行けば「町」があるのかわかりません。しかし道路脇で、干し草の山に隠した車を発見することが出来ました。

車は燃料が残り少なくバッテリーも上がっていましたが、押しがけすればなんとか動きそうでした。するとそこに、アジア人女性が助けを求めるように走ってきます。4人が女性に連れられて行った先では、家から出た森の近くに鉄条網が張られていて、そこに痩せこけた男が縛り付けられていました。マイケルがこの男を見つけ、助けようとしたところで逆に噛みつかれて殺されてしまったのです。

ジョン・ドウが拳銃で鎖に縛られた男を殺しますが、死人が出てしまったことと、カレンダーに赤丸のついた明日、「18日」が迫っていることから、ジョン・ドウは車を動かして助けを求めようと提案し、シャロンがこの車に同乗します。車で出発した2人は、大きな建物を見つけます。その建物は、入り口がバリケードのように塞がれていました。

すると建物のそばで、シャロンが子供を見つけます。しかし子供はすぐに建物に入り、中からカギを閉めてしまいます。ジョン・ドウが子供に呼びかけると、子供はジョンのことを「ジョナ」と呼びます。そして、「明日、奴らが来る!」とジョナ(=ジョン・ドウ)とシャロンに警告するように叫び、2人を追い返すのでした。

一方家に残った3人のうち、ルーカスがひどい頭痛に悩まされるようになります。ネイサンはアジア人女性と、囚われた女性のいた小屋に向かいますが、女性は小屋から逃げ出していました。更にネイサンは、蘇ったわずかな記憶を頼りに、更に森の奥へと進みます。そこには幾つかの小屋が並んで建てられており、地面にはメガネが落ちていました。ネイサンはそのメガネを拾い、それが「自分のもの」だと気付きます。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「オープングレイブ感染」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×