「カウントダウン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

2019年製作のアメリカ映画で、「寿命がわかるアプリ」を見つけた若者たちが、刻々と迫る「自分が死ぬ予定時間」に怯え、その運命に逆らおうとする者には悪魔の姿が忍び寄り始める・・・というホラー映画です。死にまつわるアプリを題材にした作品は最近多くなっていますが、その中でも上手くアイデアを生かした成功作になっていると思います。

あらすじ動画

カウントダウンの主な出演者

クイン(エリザベス・レイル)、マット(ジョーダン・キャロウェイ)、サリヴァン(ピーター・ファシネリ)、ジョーダン(タリタ・ベイトマン)

カウントダウンのネタバレあらすじ

【起】– カウントダウンのあらすじ1

カウントダウンのシーン1

画像引用元:YouTube / カウントダウントレーラー映像

若者たちが集まるパーティーの席上で、とあるスマホアプリのことが話題になります。そのアプリは「カウントダウン」という名前で、情報を入力した者の寿命がわかるというものでした。席上の皆が面白がって早速インストールすると、それぞれの情報を入力し、一番寿命が短かった者が罰ゲームをすることに決めます。

それぞれに、寿命はあと60年とか30年とか発表する中で、コートニーという女子の寿命だけは「あと3時間」と表示されていました。不安がるコートニーを他所に、どうせゲームだと皆はコートニーに残った酒を飲ませようとします。そこにコートニーの恋人のエヴァンが現れ、代わりに酒を飲み干します。

パーティーがお開きになり、コートニーはエヴァンの車に乗って帰るつもりでしたが、予想外に酒を飲んだエヴァンが心配で、車は置いて歩いて帰りましょうと告げます。しかしエヴァンはこれくらい大丈夫と言うことを聞かず、コートニーは仕方なく自分ひとりで歩いて帰ることにします。

車が走り去ったところで、コートニーのスマホのアラームが鳴り、カウントダウンのアプリから「利用規約違反」の通知が来ていました。自分の寿命が尽きる時間が刻々と迫り、誰かに後を付けられているような気がして、コートニーは急いで家に戻ってドアにカギをかけます。

そこでコートニーはバスルームに何かの気配を感じ、用心しながら入ってみると、コートニーの体が天井へと引っ張り上げられ、勢いよく床に落下し、頭を打って死亡します。その時スマホの「寿命の残り時間」を知らせるカウントダウンの時間は、ちょうどゼロになっていました。

その頃エヴァンは、やはり酔った影響か運転を誤り、道路わきの木に激突していました。エヴァンはケガで済みましたが、コートニーが乗っていたはずの助手席は、ぐぢゃぐちゃに潰れていました。コートニーは車に乗っていても乗っていなくても、「寿命通り」に命を落としていたのです。

場面は変わり、とある病院で看護実習生をしている若い女性・クインは、有害物質が検出され閉鎖されている病室に、患者の1人が入り込んでいることに気付きます。その患者は手術を明日に控えて緊張しているのかと思い、クインは患者を励ましに自分も閉鎖病棟へ入っていきます。

クインがその患者に話しかけると、患者は「サイコ野郎と思われるかも」と言いながら、スマホを取り出します。スマホには、あと19時間という「寿命の残り時間」が表示されていました。この患者はエヴァンで、事故の後に入院していたのです。そして、アプリの「予告通り」にコートニーが死んだことを知ったのでした。

事故を起こした自分の車に乗らなかったのにコートニーが死んだことで、エヴァンは自分も予告された手術中の時間に死ぬのだと思い込んでいました。クインは「思い込み過ぎよ」とエヴァンを慰めて閉鎖病棟を出ると、師長のエイミーに呼び止められます。

何かと思ってクインがエイミーの後をついていくと、そこにサプライズで看護師の仲間や医師が集まっていて、クインが正式に看護師として採用されることが決まったお祝いでした。用意されたケーキをつまみながら、クインが何気にカウントダウンアプリのことを聞いてみると、医師のサリヴァンが早速試してみて、「あと50年以上ある」と自慢げに見せます。

仕事を終えて帰る時間になり、クインは気になっていたカウントダウンのアプリをインストールしてみます。自分の情報を入力し、「利用規約に同意しますか」でイエスをタップすると、クインの寿命は「あと2日と22時間」と表示されます。つまりクインは、あと3日足らずの命だと宣告されたのでした。

そこでサリヴァン医師が話しかけて来て食事に誘われますが、クインは看護師に正式採用されたことで用意する書類があると、誘いを断ります。提出する書類には身分証明書が必要でしたが、パスポートのないクインは代わりに出生証明書がいるとわかり、クインは証明書を取りに父と妹が住む実家へ向かいます。

実家へ戻ると、妹のジョーダンは父親の目を盗んで、家に男を連れ込んでいました。男はクインに挨拶だけをして、そのまま立ち去ります。クインは看護師になれたことをジョーダンに伝えますが、なぜかジョーダンはあまり嬉しそうではありませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「カウントダウン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×