映画:カーゴ

「カーゴ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(9件)

カーゴの紹介:2018年に公開されたオーストラリア映画で、マーティン・フリーマンが主演を務めたホラー。ウィルスによって荒廃した世界を舞台に、幼い娘を守るべく懸命に生きる父の姿を描いている。

あらすじ動画

カーゴの主な出演者

アンディ(マーティン・フリーマン)、ヴィック(アンソニー・ヘイズ)、ケイ(スージー・ポーター)、レイニー(カレン・ピストリアス)、エッタ(クリス・マッケイド)、ウィリー(ブルース・R・カーター)、クレバーマン(デビッド・ガルピリル)

カーゴのネタバレあらすじ

【起】– カーゴのあらすじ1

カーゴのシーン1

画像引用元:YouTube / カーゴトレーラー映像

ウィルスによって荒廃した世界で、アンディは妻のケイと娘のロージーと共に、家にエンジンを取り付けた船で川を移動していました。

とある一家を岸で見つけますが、銃を向けられそうになり、アンディは近づくことを止めます。

食料が残りわずかになり、エンジンが壊れた時のことを考えても、心配しているケイは近くの町に行くべきと話します。

しかし、アンディは軍事基地を目指すべきと反対します。岸に上がるのは最終手段なのです。

ある日、難破したヨットから、アンディは3か月分の食料を手に入れます。

ケイはその食料の中からワインを見つけ、彼から結婚記念日を祝う手紙も見つけます。

アンディが寝ている間に、ケイはヨットの中に探しに向かいますが、扉の中から何かが動く音を聞きます。逃げ出そうとしますが、引きずり込まれるケイでした。

船に戻ってきたケイは、得体の知れない者に足を噛まれており、ウィルス封じ込め対策の注射をします。

症状が出るのは3時間後です。もし症状が出れば、残された時間は48時間になります。

気づいたアンディは、ケイを村の診療所で診てもらうことにし、岸から上がる道を選びます。

車を見つけたアンディは、妻と娘を乗せてガソリンを入れます。ケイは1匹のゾンビが襲ってくるのに気づいて、夫にウィンカーで知らせます。

ゾンビからは逃げ出せますが、おしめを変えていたケイは症状が出始めて倒れます。

自分が手遅れなことから、娘を連れて逃げてと頼むケイでした。しかしアンディは妻を診療所に連れて行くため、無理矢理車に乗せます。

道の真ん中にゾンビがいて、アンディが避けたことで、車は木に衝突してしまいます。ケイのお腹には太い枝が刺さってしまいます。

ゾンビは、木の上に登っていた少女・トゥミが口笛を吹いて引きつけていました。

アンディとケイはそのことに気づいていません。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「カーゴ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×