映画:キャットピープル1981年

「キャットピープル1981年」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

キャット・ピープルの紹介:人間とセックスすると豹に変身し、元に戻るためには人を殺さなければならない呪われた猫族に生まれた少女の運命を描いた作品。1942年の同名映画のリメイク。監督:ポール・シュレイダー、製作総指揮:ジェリー・ブラッカイマー、音楽:ジョルジオ・モロダー、主題歌:デヴィッド・ボウイ。

あらすじ動画

キャットピープル1981年の主な出演者

アイリーナ・ガリエ(ナスターシャ・キンスキー)、ポール・ガリエ(マルコム・マクダウェル)、オリバー(ジョン・ハード)、アリス(アネット・オトゥール)、フィマーリ(ルビー・ディー)、ブラント刑事(フランキー・フェイソン)、ビル(スコット・ポーリン)、ジョー(エド・ベグリーJr)

キャットピープル1981年のネタバレあらすじ

【起】– キャットピープル1981年のあらすじ1

太古の赤い砂漠で、人々が一人の美しい少女を木に縛りつけます。少女にゆっくりと豹が近づきます。

現代、ニューオリンズ空港。孤児のアイリーナは4歳の時に生き別れになった兄のポールに引き取られます。ポールの家に着くと、ポールの世話をしているフェマーリというアフリカ系の女性に紹介され、サーカスで働いていた両親の遺品を見せられます。

その夜、ポールはアイリーナの部屋に忍び込み、彼女をじっと見つめます。

裏町の安ホテルで娼婦が黒豹に襲われ、動物園園長のオリバーと飼育係のアリスが呼ばれます。オリバーは暴れる黒豹を麻酔銃で眠らせ動物園に保護します。動物園ではその黒豹の処遇をめぐって意見が分かれ、オリバーは安楽死に反対します。

街を見物して動物園に入ったアイリーナは、黒豹の檻の前で魅せられたように立ち止まります。閉園後、オリバーはアイリーナが黒豹の檻の前でスケッチをしているのを見つけて声をかけます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「キャットピープル1981年」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ