映画:キャリー(1976年)

「キャリー(1976年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

ホラー映画

キャリーの紹介:狂信的な母親に育てられた17歳の少女キャリーは、内気でみんなからいじめられていた。だが、キャリーは感情が昂ぶると発現する超自然的な力を持っていた。スティーヴン・キングの同名小説の映画化で、ホラー映画の古典的名作と言われている。1976年米国。監督:ブライアン・デ・パルマ。

キャリー(1976年)の主な出演者

キャリー・ホワイト(シシー・スペイセク)、マーガレット・ホワイト(パイパー・ローリー)、スー・スネル(エイミー・アーヴィング)、トミー・ロス(ウィリアム・カット)、クリス・ハーゲンセン(ナンシー・アレン)、ビリー・ノーラン(ジョン・トラボルタ)、コリンズ先生(ベティ・バックリー)、ノーマ・ワトソン(P・J・ソールズ)フロム氏(シドニー・ラシック)、フレディ(マイケル・タルボット)

キャリー(1976年)のネタバレあらすじ

【起】– キャリー(1976年)のあらすじ1

キャリー(1976年)のシーン1

画像引用元:YouTube / キャリー(1976年)トレーラー映像

17歳の女子高生キャリーは内向的で友達もなく、クラスのいじめられっ子でした。

ある日、体育の授業の後にシャワーを浴びていたキャリーは初潮を迎えますが、性に関して何の知識も与えられていなかったため怯えてパニックになります。

クラスの女の子たちはキャリーをからかって生理用品を投げつけ囃し立て、女性の体育教師コリンズがその場を収めてキャリーを早退させます。

キャリーの母マーガレットは狂信的にキリスト教を信仰していて、近所でも変わり者として有名です。マーガレットは学校から連絡を受けると、キャリーを「穢れた罪人」と罵って物置に閉じ込めます。

やっと解放されたキャリーが部屋で祈ると、鏡が割れます。キャリーは感情が昂ぶると傍のものが壊れたり動いたりすることに気づきます。

コリンズ先生はキャリーを苛めた罰として女生徒たちに1週間の居残りの体育授業を科し、従わなければプロム・パーティへの出席を禁止すると言い渡します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「キャリー(1976年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×