「クリスティーン」のネタバレあらすじと結末の感想

ホラー映画

クリスティーンの紹介:気弱ないじめられっ子の高校生が赤のプリムス・フューリーに魅入られ、車に潜む邪悪な意志が彼のために復讐を始めるという、1883年公開のアメリカの車ホラー映画。原作はスティーヴン・キングの同名小説、監督は「遊星からの物体X」「ザ・フォッグ」で知られるジョン・カーペンター。

予告動画

クリスティーンの主な出演者

アーニー・カニンガム(キース・ゴードン)、デニス(ジョン・ストックウェル)、リー・キャボット(アレクサンドラ・ポール)、ジャンキンス警部(ハリー・ディーン・スタントン)、ダーネル(ロバート・プロスキー)、ルベー老人(ロバーツ・ブロッサム)、アーニーの母(クリスティーン・ベルフォード)、アーニーの父(ロバート・ダーネル)、バディ(ウィリアム・オストランダー)、ムーチー (マルコム・ダネア)、リッチ(スティーヴン・タッシュ)、ドン(スチュアート・チャーノ)、ロザンナ(ケリー・プレストン)など。

クリスティーンのネタバレあらすじ

【起】- クリスティーンのあらすじ1

1957年、デトロイトの自動車工場。白いプリムスの生産ラインを見事な赤のプリムス・フューリーが流れて行きます。皆そのボディに見とれますが、1人の作業員がボンネットを開け下を覗き込んだ途端、手を潰されます。また黒人の作業員は、新品の車内で葉巻を吸い、カーラジオのスイッチを入れますが、間もなく死体で発見されます。

1978年9月、カリフォルニア州ロックブリッジの新学期。
メガネで気弱な高校生アーニー・カニンガムは、口うるさい母親をやり過ごし、迎えに来たデニスの車に乗り、登校します。デニスは「車整備の授業を取ったらママに叱られた」と愚痴るアーニーに、女を紹介してやるから童貞を卒業しろと呆れます。
デニスはフットボールのヒーローで人気者、美人チアリーダーのロザンナもメロメロですが、そこに知的美人でスタイル抜群の転校生リー・キャボットが通り掛かり、目を奪われます。
一方、気弱でドジないじめられっ子アーニーは、整備実習室でバディたち不良に絡まれ、メガネを壊されます。彼はデニスと教師に救われますが、ビビッてろくに口もきけませんでした。その事件でバディは退学、子分でデブのムーチーは謹慎処分となります。

その帰り、アーニーは古家で売り出されていた廃車同然のプリムス・フューリーに一目惚れして、デニスが止めるのも聞かず、持主のルベー老人に言い値で買うと言い出します。
ルベーは、「こいつは1959年に弟が買った車で”クリスティーン”という名だ。6週間前に弟が死に、自分も家を売るので売りに出した。300ドルだが250にまけてやる」と言い、アーニーにエンジンを掛けさせます。
クリスティーンは埃まみれで車体はベコベコ、バンパーはぶら下がり、雑草まで生えてるひどい状態で、デニスは何度も止めますが、アーニーは嬉々として小切手を切ってしまいます。
夜、その車で帰宅したアーニーは、両親に登録証の承諾を頼みますが、母親は「家には置かせない!」と激怒します。けれど彼は「これまで17年間良い子にしてきた!車はもう買ったんだ!今回だけは僕の好きにする!」と怒鳴って出て行きます。

彼は白煙を噴き上げるクリスティーンを、ダーネルのセルフガレージに置き、自分で修理する事に。そのガレージは、大きなガレージを数台が共有する形式で、1台毎にスペースが割り当てられ、表の廃車の山から必要な部品を探し、自分で修理をするセルフサービス式です。
偏屈でヤサぐれた中年社長ダーネルは、アーニーにこまごまと注意をして「ここは車で食ってる連中の場所だ」と凄み、鼻で笑うデニスを睨めつけます。
その帰り、デニスにあの車にこだわる理由を聞かれたアーニーは、「分らないけど、初めて自分より不細工なものを見たから、きれいにしてやりたい」と言い、「君は不細工じゃない」と慰めを言うデニスに「わかってる」と笑い、家の外で待ち構えていた両親の元に帰って行きます。

10月。クリスティーンの修理は着々と進み、丸一台分の部品が必要と踏んだダーネルは、アーニーの修理の腕を認めた上で、オイル交換や片付けなどの雑用をするなら、部品は使い放題、バイト代も多少は払ってやると持ち掛けます。初めて他人に認められたアーニーは、クリスティーンのラジオでラブソングを聞き、喜びを噛みしめます。
一方デニスは、リーを「金曜のフットボールの試合の後、踊りに行こう」と誘いますが、彼氏とデートだからと断られます。また、夜アーニーの家でも、母親と揉めてるところに居合わせ、ガレージのバイトがあるからと断られます。彼はメガネも無く、別人のように自信に満ち、2人を冷たく突き放し、さっさと出かけてしまいます。
母親は「今は、家に寝に帰るだけで話もできなくなった。あの子はあの車に取り憑かれてる」「登録に行った時、前の持ち主はあの車の中で一酸化炭素中毒で死んだと聞いた」と怯え、涙ぐんでいました。

翌日、デニスは、旅に出る間際だったルベーを引き留め、「あんたの弟が、あの車の中で排ガス自殺をしたと聞いてれば、彼は買わなかった」と文句を言います。
ルベーは鼻で笑い「おまえは何もわかってない。あの坊主の目は弟と同じだ。弟が唯一愛したのはあの車だった。やつは5歳の娘が車で死んだ時も、無視された女房が自殺した時も、知らん顔でカーラジオを鳴らして乗り回してた。世間体もあるから俺が手放させたが、3週間後車が勝手に帰ってきて、弟が中で自殺したんだ」と打ち明け、「(車と持ち主の)仲を裂く奴がいたら、気をつけろ」と警告します。
その夜、デニスはダーネルのガレージに忍び込み、ほぼ修理されたクリスティーンを見ますが、運転席のドアの取っ手に手をかけた途端、大音響でカーラジオが鳴り出し慌てて退散する事に。デニスが去ると同時にラジオも止まり、ガレージは静寂に包まれます。

【承】- クリスティーンのあらすじ2

金曜日。デニスのフットボールの試合中、アーニーは新車のように赤く輝くクリスティーンで乗り付け、助手席のドアを開けます。中から出てきたのはリーで、2人はクリスティーンの前で濃厚なキスを始めます。
リーに首ったけだった男子やバディたちが呆然とする中、デニスは2人に気を取られ、タックルをまともに喰らって動けなくなり病院に運ばれます。
11月初め。ようやく会話ができるようになったデニスは、見舞いに来たアーニーに「医者にあと1㎝で下半身不随だったと言われた。もう2度とフットボールは出来ない」とこぼします。アーニーはそんな彼に同情しつつも「リーと車を試合中に見た、学校一の美人だし、車も見事なものだ」と褒められると「丹精したからな」と自信の笑みを浮かべます。また「親が子供扱いするのは、自分の年を自覚したくないからだ。そういう親の身勝手が子供を殺す」と言い去って行きます。

どしゃ降りの夜、アーニーとリーは、ドライブインシアターに停めたクリスティーンの中で、濃厚なキスを交わし互いの身体をまさぐり合っていましたが、突然リーが「できない」と怒り出し車から出て行きます。なだめられて車に戻ったリーは「あなたはいつも車と一緒で、私より車を大切にする、この車は女よ!」と怒ってシートを叩きますが、ワイパーが止まった途端、彼は話を勝手に切り上げ見に行きます。
リーは呆れて持ち込んだハンバーガーを食べ始めますが、突然ラジオが鳴って眩しい光に包まれ、喉が詰まり苦しみ始めます。アーニーは助けようとしますが、ドアがロックされ入れません。リーがなんとかロックを外すと、隣の車の中年男が助けに入り、彼女を抱えて腹を圧迫し、詰まった物を吐きださせ事無きを得ます。アーニーはわけもわからず男を怒鳴っただけでした。
彼は、不機嫌な彼女をなんとか家まで送りますが、「あの車には2度と乗らない、車を捨てて!」「カーラジオは古い曲ばかりかかって、愛し合ってると嫉妬してるみたいに止まるのよ!」と怒る彼女に欲求不満だと言い、キスでごまかそうとしますが突き飛ばされ、諦めます。
クリスティーンはすねたように不調を起こしますが、彼が優しく話しかけると陽気なラブソングが流れ直ります。彼はリーとの揉め事を忘れて満足気に微笑み車を出します。

アーニーはクリスティーンをダーネルのガレージに停めますが、彼がシャッターを開けた隙に、バディら4人の不良たちが忍び込んだことには気づかず帰ってしまいます。彼らは、クリスティーンの車体をベコベコにし、ウィンドウを割り、シートを引き裂き、途中で鳴りだしたカーラジオをも徹底的に破壊します。
翌日、アーニーは、嫌がるリーを説得してガレージに連れて行き、「同じ大学に願書を出して一緒に受かったらそれが運命だ」と口説きますが、クリスティーンの無惨な姿を見て我を失い、心配するリーを振り払い「これで望みどおりだろ!彼女に触るな!出てけ!」と怒鳴り突き飛ばします。
また、夕食の席では、心配する母親に「あんたが家に置かせなかったせいだ!」と怒鳴って泣かせ、新しい車を買ってやると言う父親に暴言を吐き、胸ぐらを掴んで黙らせます。

その夜、アーニーはガレージで、無惨なクリスティーンのボディを抱き「誰にも手は出させない、一緒に頑張ろう。僕らの力を見せてやるんだ」と声をかけます。すると剥き出しになったエンジンがぎしりと音を立てて直ります。
気づいたアーニーがクリスティーンの正面に立ち「オーケー…見せてみろ」と呟くと、ヘッドライトが点き「ハーレム・ノクターン」の曲に合わせ、ガラスやミラー、ねじ曲がったパンパー、歪んだ車体そのものがギシギシと音を立てて直って行き、元の輝くボディに甦ります。彼はそのたった数分間の奇跡をうっとりと見つめていました。

深夜、破壊に加担したバディの子分ムーチーが高架下を歩いていると、陽気なロックンロールが聞こえ、クリスティーンが現れます。
車内は暗く、彼が言い訳を始めた途端ライトで照らし、追い始めます。車はコンクリートや狭い路地をものともせずに彼を追い、工場内の壁の狭い凹みに逃げ込んで逆ギレする彼を、車体が壊れるのも構わずねじ込んで侵入し、壁に押し付け殺害します。

【転】- クリスティーンのあらすじ3

11月23日。アーニーは、デニスの見舞いに行き「ムーチーの事聞いたか?ちっとは気の毒かな」と笑います。デニスは「車を壊されたと聞いた、犯人はバディだ」と言いますが、彼は「ガラスを割られた程度だし、もうやらんよ」と謎の笑みを漏らし去って行きます。
またある日、早退しようとしたアーニーは、駐車場で州警のジャンキンス警部に呼び止められ、車を壊された事を聞かれます。彼は「あちこちやられたが自分で直した。車はベイカーオートで買ったがレシートは捨てた」ととぼけますが、「リーが泣きながら破壊の様子を証言した。なぜ被害届を出さなかった?」「ムーチー殺害の件を知ってるか?ヤツの下半身はシャベルで掻き集めた」と追及されます。
アーニーは「リーは僕の彼女じゃないし、壊された車を自分で直すのが法律違反か?」と笑って切り抜けます。その夜、アーニーはリーに電話をしますがキレて話しにならず、リーは泣いていました。

12月16日。酒屋に買い出しに行ったバディと子分のリッチは、ハイビームでぴったり尾けて来る車にムカつき、急ブレーキやバックで脅しますがかわされ、子分のドンのバイト先のガソリンスタンドに逃げ込みます。尾けて来たのは紛れも無くクリスティーンでしたが、窓は暗く脅しても返事はありません。
バディはバールを振り回して凄みますが、クリスティーンは構わずバディの車に全力で突っ込んで破壊し、続けて奥に逃げ込んだリッチを轢き殺します。その時、ガソリンが漏れ出してバディの車の炎が引火しスタンドは大爆発、逃げ遅れたドンも巻き込まれ死亡します。
その大惨事を呆然と見ていたバディは、路上を走って逃げますが、炎上するスタンドの中から炎に包まれたクリスティーンが出てきて彼を追い、轢き殺します。バディの死体は炎に包まれ、クリスティーンは燃えながら走り去って行きます。

クリスティーンは、まだ燃えくすぶる車体のまま、ダーネルのガレージに戻り、自動シャッターを開け自分の場所に停まり、エンジンが切れます。事務所にいたダーネルは、酷い有様で戻ったクリスティーンを見て、アーニーを使いに出した先に電話をして彼がいるのを確認し、ライフルを構えながら焼けたドアを開けますが、中は無人でした。
車内も酷い有様でしたが、彼は何を思ったか運転席に座り込み、満足気に微笑みます。すると突然、ラジオからロックンロールが流れ、彼は勝手に動き出したシートに挟まれ圧死します。

翌朝ダーネルの車でガレージに戻ったアーニーは、騒ぎを知り慌ててクリスティーンを見に行こうとしますが、ジェンキンス警部に止められ、昨夜のアリバイを聞かれます。
彼はダーネルの車で部品を取りに行き直帰したと言い、受け取りを見せ、昨夜家にいた事は母に聞けと言いますが、ダーネルがライフルを持ったまま座席で死んでたと言われクリスティーンを見に行きます。クリスティーンは、元のきれいな姿で鑑識に調べられていました。
ジェンキンス警部は「バディも子分たちもみんな死んだ。もう誰も車を壊す者はいない」と言い、「僕は誓って何も知らない!」と言うアーニーを引き留めます。

年が明け、リーはデニスの家に行き、アーニーの件を相談します。彼がクリスティーンに取り憑かれたルベーの弟や死んだ娘の事を打ち明けると、彼女は「アーニーはあの車に乗り移られて別人みたいよ。次は私の番だわ」と怯えていました。
デニスは「アーニーの新年パーティーに呼ばれてるから話してみる。ダメだったら俺がクリスティーンを壊してやる」と言って彼女を帰し、入れ替わりにアーニーがクリスティーンで迎えに来ます。

アーニーは、まだ松葉杖をついているデニスを笑いますが「ポンコツでお迎えか」と返されて真顔になり、「呼び方に気をつけろ。彼女は傷つきやすいんだ」言い、謝らせます。
また彼は、ビールを呷りながら車を全力で飛ばし、「この世界のクズ共に死を!」と憎々しげに叫んで空き缶を窓から投げ捨て、ハンドルから両手を離して見せます。デニスは慌てますが、アーニーは「スゴイ操縦性だろ?!2度と見られん!!」とはしゃいでいました。
デニスは半泣きで「君は変わった…全てこの車のせいだ!」と言いますが、アーニーは「嫉妬だ。けど逆らわなければ友達でいよう。バカ共がどうなるかは知ってるな?」と返されます。
またデニスが「リーは君を思ってる、君の味方だ」と言うと嗤い出し「愛とは貪欲な食欲だ。友情や家庭…全てを喰っちまう。だが、ちゃんと育てれば美しいものになる。本当に愛されれば、人は何だってできる!そして互いに愛すれば誰にも止める事はできないんだ!」と熱弁します。
そして「それはリーの事か」というデニスに目を剥いて「よせよ!クリスティーンの事だよ!見ろ!」と叫んでぐんぐん加速し、対向車線に走り込み、正面から来て避けた車に「臆病者!」と怒鳴ります。アーニーは「ハンドルを握ってるのが最高だぜ…女もいいがな…」とニヤついていました。

【結】- クリスティーンのあらすじ4

翌日。デニスは高校の駐車場に停めてあったクリスティーンのボンネットに「今夜、ダーネルのガレージで」とドライバーで傷つけて書き残します。彼の車の助手席にはリーがいました。
ガレージは州警察により閉鎖され、クリスティーンも含めガレージの中にあった車は引き取られガランとしています。2人はガレージに忍び込み、デニスは廃車置き場の古い大型ブルドーザーを動かし、ガレージでクリスティーンを待ち伏せし破壊する作戦に出ます。けれど彼はまだ足が治ってはおらず、アクセルを踏むがやっとの状態です。

彼はリーに事務所に隠れるように言いますが、突然部品の山からクリスティーンが現れ、彼女を追い始めます。彼女はガレージを走り、梯子に飛びつき上に逃げようとしますが、落下して背中を打ち壁際に逃げ込みます。
勢い余ったクリスティーンは、残った車に突っ込みバンパーがめちゃくちゃになりますが、デニスがブルドーザーで彼女の前に立ち塞がっても、しつこく彼女を攻撃し続けます。しかし、クリスティーンが何度突っ込んでもブルドーザーはグラつくだけで彼女には届きません。
すると中から「ちきしょう!」と声がして事務所に突っ込み、前面が牙のようにギザギザになったところで、ゆっくりと後退してガレージの奥に隠れ修復し始めます。中には完全にイッた眼をしたアーニーが乗っていました。
その隙にリーは事務所に隠れ、デニスはクリスティーンの正面にブルドーザーを移動し対峙しますが、エンジンが止まってしまいます。

間もなく闇の中でライトが光り、クリスティーンが完全に修復された美しいボディで現れ、リーがいる事務所に突っ込みます。
彼女は間一髪でデスクに隠れ無事でしたが、フロントガラスを突き破り、血塗れのアーニーが飛び出し抱きつきます。彼の腹には、大きなガラス片が突き刺さっていて、彼は叫んでガラス片を抜き、クリスティーンのエンブレムを優しく撫で息絶えます。その瞬間、クリスティーンのライトも消えます。
ブルドーザーのエンジンがかかった頃には、リーはクリスティーンが鼻面を突っ込んだままの事務所から逃げ出し、「アーニーは死んだわ」と泣いていました。

その時、クリスティーンのラジオから「Pledging My Love(愛の誓い)」が流れてライトが点き、背後にいたリーを轢こうとバックし始めます。デニスはブルドーザーでクリスティーンの側面に突っ込み破壊し、リーはガレージの奥に逃げ込みます。クリスティーンはそれでもよろよろとリーに近づいて行きます。
デニスは、背後からブルドーザーのショベルの爪でクリスティーンのトランクを押し潰し、キャタピラーでじりじりと乗り上げて行きます。クリスティーンは、逃げずに睨みつけるリーまであと数mの所でようやくライトが消え、動かなくなりますが、リーがブルドーザーのデニスと抱き合った瞬間、修復が始まります。
ショベルを抜いた途端、前面の修復は完了し、ラジオからは「Rock'n Roll is Here to Stay」の軽快な曲が流れ出しますが、デニスはそのままキャタピラーで何度も乗り上げ、完全に破壊し押し潰します。

その後、クリスティーンは、廃品工場で四角く固められた鉄クズにされます。
ジェンキンス警部とそれを見届けたデニスとリーは、君たちは英雄だと言われ、「英雄ならアーニーを救えたはずだ」と呟きます。
そこにロックンロールが流れ皆は一瞬身構えますが、作業員が聞いていたラジカセの音でした。
リーは「ロックンロールは嫌いだわ」と呟きますが、クリスティーンの鉄クズの一部はまだ微かに動いていました。

みんなの感想

ライターの感想

運転者不明の大型トラックが乗用車をしつこくつけ狙う1971年スピルバーグの「激突!」、リンカーン・コンチネンタルに悪魔が取り憑く1977年の「ザ・カー」、そして本作、プライドが高く嫉妬深い女の魂を持つ真赤なアメ車プリムス・フューリーという、70~80年代車ホラーの3大傑作の1本、キングの映画化作品の中でも大当たりの作品です。
いじめられっ子が特殊な力を得て復讐し自滅する展開は「キャリー」と同じですが、本作は男同士のプライドのせめぎ合い、クラシックカー、オールディーズ、イケてる女の奪い合い等々の往年の青春映画としての見どころも盛りだくさん、デニスには同情しますが、ヒーロー一人勝ちの結末でない所も気に入っています。
クリスティーンの擬人化度はハンパなく、冒頭侮辱した作業員を瞬殺、憐れなルベーの弟の娘はシートで跳ねたかジュースでもこぼしたか。「ハーレムノクターン」にノり修復して見せるシーンは、アーニーが彼女の意志を確信し、同時に奇跡を得る瞬間にふさわしい見事な仕上がりです。
クライマックスは、嫉妬に狂った彼女が大暴れした揚句、手塩にかけた恋人アーニーは死亡、全部あんたのせいよ!とばかりに、ヒーローガン無視でリーだけを執拗に狙う様はまさに狂女。やっぱり何度見ても面白いです。
  • たまさんの感想

    クリスティーン、最高に面白いですね。

    そこでひとつ思ったことを書き込みたいと思います。
    アーニーがクリスティーンに出会うシーンについてです。前オーナーの兄貴のおじさんがアーニーに「エンジンかけてみろ」というところなのですが、これってアーニーを試していたのでしょうかね?つまり、私が思うにクリスティーンを愛していない人がエンジンをかけても多分始動しないんじゃないかと思うんです。だから、アーニーにキーを渡してエンジンがかかるかどうか(クリスティーンを愛せるに値するかどうか)を試したんじゃないかな、と思ってしまいます。おそらくこのおじさんがかけてもかかんないんでしょう。だから廃車にも出来ない状態でおいておくしかなかった。。。のかな?

    どう思われますか?

映画の感想を投稿する

映画「クリスティーン」の商品はこちら