映画:クレイジーズ

「クレイジーズ」のネタバレあらすじと結末

ホラー映画

クレイジーズの紹介:農業の街に誰にも知らされず、細菌兵器を積んだ飛行機が墜落していた。川に墜落していたため、飲み水を通して人々の体に入っていく。感染した男性が平和な野球場に銃を持って訪れ、狂気の物語が始まる。細菌兵器によって犯された街からの脱出を描いている。1973年の映画、ジョージ・A・ロメロ監督の「ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖」をリメイクした作品。第23回東京国際映画祭特別招待作品。

あらすじ動画

クレイジーズの主な出演者

デヴィッド(ティモシー・オリファント)、ジュディ(ラダ・ミッチェル)、ラッセル(ジョー・アンダーソン)、ベッカ(ダニエル・パナベイカー)、ディアドラ(クリスティン・リン・スミス)

クレイジーズのネタバレあらすじ

【起】– クレイジーズのあらすじ1

保安官として働いていたデヴィッドは、平和な街で行われていた野球の試合を見に行きます。妻であり医者のジュディは仕事で行けませんでした。彼女はデヴィットの子供を妊娠していました。

野球の試合中に酔っ払いで有名なロリーが銃を持って乱入してきます。デヴィッドは銃を下ろすように交渉しますが、ロリーは無視して撃とうとします。デヴィットは仕方なく撃ち殺してしまいます。

検視でアルコールがでるか確かめます。ロリーの家族から酒はやめていたと聞かされます。デヴィッドを恨んだロリーの妻と息子でした。検査の結果、アルコールは検出されませんでした。

ジュディの病院に夫のビルの様子がおかしいから診て欲しいと妻が連れてきます。本人は大丈夫だと言いますが、うつろな様子です。後日CTスキャンをとるから連れてきてと妻に言うジュディでした。

夜中、ビルは妻と息子を閉じ込めて家ごと燃やします。ビルは逮捕されて翌朝州警察が引き取りに来る予定です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「クレイジーズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×