映画:グリーンインフェルノ

「グリーンインフェルノ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(6件)

ホラー映画

グリーン・インフェルノの紹介:2013年製作のアメリカ映画。これまでに何度も映画化されてきた、人を食べる習慣を持つ〝食人族〟をモチーフにしたホラーを、『ホステル』シリーズなど、過激な描写で人気を博すイーライ・ロス監督が描く。環境保護活動のため、アマゾンを訪れるも、帰路の飛行機が墜落。食人族の居住区に入り込んでしまった学生たちが体験する恐怖を綴る。

あらすじ動画

グリーンインフェルノの主な出演者

ジャスティン(ロレンツァ・イッツォ)、アレハンドロ(アリエル・レヴィ)、ジョナ(アーロン・バーンズ)、エイミー(カービー・ブリス・ブラントン)、ケイシー(スカイ・フェレイラ)、サマンサ(マグダ・アパノヴィッチ)、ラース(ダリル・サバラ)、カラ(イグナシア・アラマンド)、ダニエル(ニコラス・マルティネス)

グリーンインフェルノのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①国連の弁護士を父に持つ女性ジャスティンは、ペルーの未開のジャングルで天然ガスを狙う会社が原住民を虐殺すると聞き、保護活動のため現地に向かった。作戦は一定の成功を見るが、帰還途中にセスナが墜落。 ②ジャスティンらが助けようとしたヤハ族は食人の習慣を持つ部族だった。ジャスティンは生き延びて帰るが、アレハンドロも健在の模様。 ③死ぬ順番。「1.セスナ墜落で複数人、黒髪女性は座席ごと飛び、カルロスは身体ひとつで飛ぶ。操縦士は樹木で首チョンパ。黒髪ポニーテール女性は座席で死亡。もじゃもじゃ頭の男性は取れた後部座席に座っていて死亡」「2.金髪男性(プロペラで頭をそがれる)」「3.カラ(ヤハ族に矢で首ぐっさ&チョンパ)」「4.ジョナ(丁寧に調理、詳細はあらすじ参照)」「5.サマンサ(脱走して殺され調理される)」「6.エイミー(サマンサ食べたショックで首を切って自殺)」「7.ラーズ(ハイになった部族にガブガブ)」「8.ダニエル(蟻責め&少年に首切られる)」生存者は主人公・ジャスティンとアレハンドロ。

【起】– グリーンインフェルノのあらすじ1

グリーンインフェルノのシーン1

画像引用元:YouTube / グリーンインフェルノトレーラー映像

アメリカ、ニューヨーク。

若い女性・ジャスティンは大学1年生で、同じ学年のルームメイトの女性・ケイシーと一緒に住んでいます。

ある日、ジャスティンとケイシーは、用務員の健康保険を求めるデモの声で起こされました。デモは大学生がしており、要求が通るまでハンストを行なうそうです。

朝から起こされたこともあって、親友・ケイシーはデモに否定的でした。

講義を受けたジャスティンは、現在もアフリカの一部の地域では女子割礼…別名・陰核切除の儀式が行なわれていると知ります。

女児が生まれると出生直後に割れたガラスや缶の蓋などで陰核を切除し、縫われて足を縛られ40日間そのままにされる儀式を、毎年200万人以上の人が受けていると知ってショックを受けました。

集落の中で、一人前の女性であることを認めるための儀式だそうです。

ジャスティンは自分の父が国連の弁護士であることを告げ、大学の教授に悪しき因習をただすことはできないのかと問いますが、教授は地域に根付いた風習をなくすのは困難だと答えました。続いて教授は、蟻責めについて説明します。

ところで、ジャスティンが「国連の弁護士の娘」と知り、黒人男性・ジョナが声をかけてきました。ジョナは「うちのサークルに参加してほしい」と言って、チラシを渡します。

それは朝に用務員の健康保険を声高に叫んでいた集団で、アレハンドロという大学生の男性が率いるサークルでした。ジョナは「用務員の健康保険は保障されることになった」と言い、彼らの活動も無駄ではないようだとジャスティンは考えます。

父と食事したジャスティンは、祖母の形見の銀製ネックレスをしていないことを咎められました。ジャスティンは大学で勉強を学びたいと思っていますが、父はジャスティンにフルートの練習を続けてもらいたいと考えています。

ジョナの誘いで彼らのサークルの集まりに参加したジャスティンは、南米ペルーの未開のジャングルに地下天然ガスを狙う会社が開拓を始め、元軍人を雇って原住民たちを虐殺している現実を知りました。

リーダーのアレハンドロは、原住民・ヤハ族が軍人に殺される様子をカメラに収め、衛星をハッキングして動画を流して妨害するつもりです。

親友・ケイシーは心配しますが、ジャスティンは参加する気になりました。

ジャンボジェット機でペルーへ渡り、小型セスナ機に乗り換え、さらに川辺まで三輪バイクで移動し、船でジャングルの奥地に行きます。

・ジャスティン…大学1年生の女性。父は国連弁護士。主人公。

・カルロス…現地で落ち合った、年長の男性。今回の活動のスポンサーでもある。

・アレハンドロ…サークルのリーダーの男性。大学ではカリスマ的存在。

・カラ…アレハンドロの恋人。金髪のきつめの女性。

・ジョナ…黒人の小太り男性。ジャスティンに気がある。

・ラーズ…赤毛の天然パーマぎみの男性。ドラッグ好き。

・ダニエル…少し頭が薄い男性。電子機器のプロ。

・エイミー…赤毛の女性。レズビアンでサマンサと恋人。鳥のタトゥーを入れている。

・サマンサ…金髪の女性。レズビアンでエイミーと恋人。幾何学模様のタトゥーを入れている。

(あと4名いるが、名も出る前に亡くなるので割愛させていただく)

13名は現地に乗り込みます。途中、ダニエルが中継アプリを入れると言って、携帯を集めました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「グリーンインフェルノ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ