映画:ゲスト(2009年)

「ゲスト(2009年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

ホラー映画

ゲストの紹介:2009年製作のアメリカ映画。韓国映画『箪笥』(2003年公開)のハリウッド・リメイク作品。病気で寝たきりの母親が火事で焼け死んだショックから精神病院に入院していたアナ。退院したアナは、何かを訴える母の幽霊を見て、義理の母親気取りのレイチェルを疑うが…。

あらすじ動画

ゲスト(2009年)の主な出演者

アナ(エミリー・ブラウニング)、アレックス(アリエル・ケベル)、レイチェル・サマーズ(エリザベス・バンクス)、スティーヴン(デヴィッド・ストラザーン)、母(マヤ・マッサー)、エメリー保安官(ケヴィン・マクナルティ)、マット・ヘンドリックス(ジェシー・モス)、シルバーリング医師(ディーン・ポール・ギブソン)、ヘンソン氏(ドン・S・デイヴィス)、アイリス(レックス・バーンハム)、司祭(アルフ・ハンフリーズ)

ゲスト(2009年)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①病床の母が寝起きするボートハウスが火災に遭い、母が焼死したショックで情緒不安定になったアナは精神病院へ入院する。10か月後、退院したアナは自宅へ戻るが、その間に母の付き添いの看護師・レイチェルが父・スティーヴンに急接近し、継母きどりで振る舞う。 ②母の死が本当に事故なのか姉・アレックスと共に調べ始めたアナは、レイチェルが偽名だと知ってより疑い始める。レイチェルが自分たちをも手にかけようとしていると思ったアナは、保安官に訴えるが家に連れ戻される。 ③火事はアナが起こしたもので、母だけでなく姉・アレックスも死んでいた。アナは恋人・マットやレイチェルも殺し、病院へ再び入れられる。

【起】– ゲスト(2009年)のあらすじ1

ゲスト(2009年)のシーン1

画像引用元:YouTube / ゲスト(2009年)トレーラー映像

アメリカ、マサチューセッツ州・ボストン。

10代後半のアナは、気になる青年マット・ヘンドリックスに誘われて、若者たちが集まるパーティーに行きました。マットといい雰囲気になったアナですが、最後の一線は越えられずに帰宅します。

その当時、アナの寝たきりの母は、本人の希望でボートハウスで生活していました。誰かを必要とする時、母はベルを鳴らして呼びます。

その日もアナはベルの音を聞いて母の様子を見に行きました。その後、父を呼びに母屋に行った時、ボートハウスが爆発して母は亡くなります。燃料タンクの蛇口が壊れていたことによる事故とみなされました。

ボートハウスの爆発の瞬間を目撃したアナは、ショックから情緒不安定になり、精神病院に入院します。

アナは事故の記憶を失っていました。

精神科医・シルバーリング医師は「人は生きて行くために記憶をなくすこともあるのだ。忘れることにも意味がある」と説明し、「退院して、外で好きなことをしろ」と言いました。

10か月の入院生活の後、アナは退院します。

退院するアナに同じ病棟の金髪女性(名前はラストで明らかに)が「話相手がいなくなる」と嘆きました。

アナを車で迎えに来た父・スティーヴンは、新刊の本を渡し、さらにクッキーも手渡します。しかしそのクッキーがレイチェル・サマーズの焼いたものと知ったアナは、食べませんでした。

父・スティーヴンは作家です。そしてレイチェル・サマーズは、かつては亡き母の付き添いの看護師として雇われた若い女性でした。

ところが母亡き後もレイチェルは居座り、父・スティーヴンの世話を焼きました。レイチェルはスティーヴンと深い仲になっており、すっかり母親気取りでいます。

家に着いたアナを出迎えたのは、そのレイチェルです。快気祝いをしようと言うレイチェルは、家の台所をリフォームしていました。実の母親の痕跡を消して、新たに居座る宣言をされたようで、アナは台所のフリフォームを不快に思います。

家の裏にある湖で泳いでいたのは、姉のアレックスでした。アレックスはアナに、新たなボート小屋を父・スティーヴンが急いで建てていたと告げます。

アナは入院中に姉・アレックスが一度も手紙を送ってくれなかったことを責め、「見捨てられたと思った」と言いますが、アレックスは父に手紙やCDを託したと言いました。なぜ父が姉・アレックスの手紙を握りつぶしたのかという謎は残りますが、アレックスが自分を見捨てたわけではないと知ったアナは、アレックスへのわだかまりが消えます。

姉・アレックスはレイチェルのことを「今はパパのお世話をしている」とチクリと皮肉を言います。実際、父・スティーヴンはレイチェルとすっかりラブラブで、アナは非常に不愉快だと思います。

キッチンの壁紙の色を替えたり、伝言板を取っていたりするレイチェルへのささやかな抵抗も込めて、アナは伝言板を再び取りつけました。

屋根裏にあった思い出の小箱を開けたアナは、母とレイチェルの写真と、母が人を呼ぶ時に使っていたベルを見ます。

その日の深夜、アナは自室に誰かが入って来るのを目撃しました。姉・アレックスかと思いましたが、違います。

床を這いベッドの下に潜り込んだ黒い影は、焼死した母の姿でした。アナは夢か混乱しますが、なんとも奇妙な思いだけ残ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ゲスト(2009年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×