映画:ゲットアウト

「ゲットアウト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ゲット・アウトの紹介:2017年10月27日公開のアメリカ映画。『インシディアス』などのジェイソン・ブラムが製作を担当し、お笑いコンビ“キー&ピール”として活躍するジョーダン・ピールが監督を務めるという、異色コンビによるホラー。白人の彼女の実家を訪れたアフリカ系アメリカ人の青年が体験する恐怖を描く。

あらすじ動画

ゲットアウトの主な出演者

クリス・ワシントン(ダニエル・カルーヤ)、ローズ・アーミテージ(アリソン・ウィリアムズ)、ディーン・アーミテージ(ブラッドリー・ウィットフォード)、ジェレミー・アーミテージ(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)、ミッシー・アーミテージ(キャサリン・キーナー)、ジム・ハドソン(スティーヴン・ルート)、アンドリュー・ローガン・キング(レイキース・スタンフィールド)、クリス・ワシントン〔11歳〕(ザイランド・アダムス)、ジョージナ(ベティ・ガブリエル)、ウォルター(マーカス・ヘンダーソン)、ロッド・ウィリアムズ(リル・レル・ハウリー)

ゲットアウトのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①若い黒人男性・クリスは恋人である白人女性・ローズに誘われて、ローズの両親に会いに行くことに。黒人であることを気にするクリスだが、家族は歓待ムード。微妙に居心地の悪さを感じたクリスは帰ろうとするが、制止される。 ②ローズらアーミテージ家は秘密結社で、老齢の身体から若い黒人の身体へ「脳を移植する」ことで乗り換えていた。クリスの友人・ロッドが気づき、助けにかけつけた。

【起】– ゲットアウトのあらすじ1

ゲットアウトのシーン1

画像引用元:YouTube / ゲットアウトトレーラー映像

アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。

ブルックリンの住宅街で、夜に恋人と携帯電話で通話しながら歩いていた若い黒人男性アンドレ・ヘイワースは、不気味な白い車がゆっくりと車道で自分を尾行しているのに気付き、電話を切ります。

車がUターンしてきたので、足早にその場を去ろうとしたアンドレは、車中から出てきた者たちに襲われ、気絶しました。

アンドレはそのまま、車のトランクに閉じ込められ、連れ去られます…。

アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。

26歳の若い黒人男性クリス・ワシントンは、カメラマンでした。アフリカ系アメリカ人です。

恋人の若い白人女性ローズ・アーミテージとの仲も良好で、次の週末に両親に会わせたいと言われています。

クリスが心配なのは、ローズが両親に「恋人が黒人だ」と告げていることでした。ローズは話しておらず、「その必要がある?」と聞き返します。

黒人差別は遠い昔のことで、今は黒人が大統領になる時代でした。

「私の父は、オバマに3期目があったならば間違いなく投票してるくらいのファンだ」

そう言われて、クリスは少し安心します。

車に乗り込んだクリスは、助手席で親友のロッド・ウィリアムスに電話をしました。

ロッドはTSA(アメリカ合衆国運輸保安庁)に勤務する警備員で、クリス同様に黒人です。クリスは旅行のあいだ、飼い犬のシドの世話をロッドに頼んでいました。

ロッドは「白人女の実家には行くもんじゃない」とアドバイスしますが、もう向かっている途中です。

道中、ローズが動物を轢きました。車を止めます。

轢いた動物はシカでした。車道脇の奥の茂みで動けなくなっており、それを見たクリスはどうすればよいか分からず、動物管理局へ通報し、警官がやってきます。

警官は運転していたローズだけでなく、助手席にいただけのクリスにも身分証を提示するよう要求しました。ローズはそれを「必要ないでしょ」とかばいます。

ローズの実家は、ポンタコ湖地区の山奥にありました。豪華な屋敷です。

茶色のレンガに茶色の屋根の広い屋敷に通されたクリスは、ローズの両親に紹介されました。

父はディーンという名で、神経外科医をしています。母はミッシーという名で、精神科医でした。

庭には庭師らしき黒人男性・ウォルターがおり、じっとクリスを見ていました。

屋敷内には使用人らしき黒人女性・ジョージナがいます。

歓迎した父・ディーンは、クリスとローズの交際期間を聞きました。5か月だとローズが答えます。

「黒人を嫌うのではないか」というクリスの心配は、無用のようでした。少なくともディーンは歓待ムードです。

やがて遅れて弟のジェレミーも駆け付け、一家が揃いました。ジェレミーは医大生だそうです。

「ヒトラーは白人の優越性を持ち、ユダヤ人を迫害した」など、食卓で交わされる会話は人種差別を否定するものばかりでした。あまりにも人種差別否定ばかりが続くのも、不自然でした。

父・ディーンは「白人の家族に黒人の使用人たち、そうはいっても差別してると思うんだろ?」とクリスに聞きます。

かつて祖父の介護のために雇った人材で、祖父の死後は必要がなくなったものの、情が移って解雇する気になれないのだと言いました。

お茶会でイライラしているクリスの様子を見た母・ミッシーが、クリスが喫煙者で、タバコを我慢していると見抜きます。

それを聞いた父・ディーンは、妻の催眠術を受けてみればどうかと勧めました。ミッシーの催眠術は魔法のように効くと言いますが、クリスはその気になれません。

今週末にアーミテージ家が開催する、親睦会があることが知らされます。祖父の時代から開いているパーティーだと、ローズがクリスに言いました。

夜のディナーでは、弟のジェレミーが姉の暴露話で盛り上げます。

ローズが体育会系の男子ばかり好きになることを言い、父・ディーンがクリスに何か運動をしていたかと聞きました。クリスは学生時代、バスケ部の選手でした。

幼い頃は柔道をやっていたと言うと、ジェレミーが相手になりたがります。

それを制したローズが、週末の親睦会は憂鬱だと言いました。

夜、外でこっそりタバコを吸おうとしたクリスは、庭師の男性・ウォルターが自分に向かって全速力で走って来て、直前で直角に曲がって去るのを見てあぜんとします。

深夜にもかかわらず、ジョージナは起きて窓際に立っていました。

タバコを吸う気が失せたクリスは部屋に戻りますが、暗い室内に座って紅茶を飲んでいた母・ミッシーに話しかけられて、ぎょっとします。

クリスは夕食時に、両親の話を質問されていました。父とは疎遠で、母は11歳の時に轢き逃げで死亡していました。

母・ミッシーはクリスに、母が死んだ時のクリスのことを質問します。

…その日は雨でした。

クリスは家で、テレビを見ながら母親の帰りを待っていました。

帰宅が遅いと感じながらも、11歳だったクリスは特に何も手立てを講じず、ただ待ち続けていました。警察などに連絡を取って探してもらうと、現実も悪い方へ転がってしまいそうに感じたからです。

実際に母は轢き逃げされて死んでいましいたが、後日クリスは、母が即死ではなかったと聞かされました。

「もし自分が行動を取っていれば、母は探してもらえたかも。助かったかも。何時間も車道に転がったまま、雨に打たれて死なずに済んだかも」

そういう悔いが、クリスにはありました…。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(2件)

ライターの感想

いやあ、想像の斜め上をいく展開。まさかの、サスペンスからのホラーへの移行がすごかった。
この作品は、ネタバレを知ってからでも楽しめるとは思うが、ネタバレなしの白紙の方が、より衝撃度が高いと思う。
特にアーミテージ家に行ってからの、最初の違和感がうまい。
話題は人種のことばかり。しかも、むしろ黒人礼賛しているのに、なんか微妙に空気がへん。
黒人である主人公クリスが、だんだん気づまりになっていく過程が上手に描かれている。
終盤は色彩をかえての、まるっきりのホラー展開。
すべてが判ったときの納得の度合いもよい。
  • Maicaさんの感想

    主人公の黒人の少年がガールフレンドの家を訪れるところから始まるこの映画は、レイシズムについて取り入れながらしっかりホラーの要素もおり混ざっています。屋敷の中にいる黒人たちの様子が何かおかしいことに気づき、その家の家族とガールフレンドに違和感を抱いたとき、恐怖の体験が始まります。手に汗握る展開と、今もなお残るレイシズムの偏見がうまく描かれていて見応えがあります。

映画の感想を投稿する

映画「ゲットアウト」の商品はこちら

IMAGE

ゲット・アウト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

Blu-ray > 外国のホラー映画
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
ダニエル・カルーヤ(出演),アリソン・ウィリアムズ(出演),ブラッドリー・ウィットフォード(出…

¥5,480
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20