映画:コックリさん(2004年韓国)

「コックリさん(2004年韓国)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

コックリさん(2004年韓国)の紹介:コックリさんにより召喚された母娘の怨霊の恐怖を描いた2004年製作のコリアンホラー。監督/脚本は「ボイス」のアン・ビョンギ。原作はイ・ジョンホの「분신사바(コックリさん)」。原題は「分身娑婆 분신사바 Bunshinsaba」。

あらすじ動画

コックリさん(2004年韓国)の主な出演者

美術教師イ・ウンジュ/チュニ(2役/キム・ギュリ)、イ・ユジン(イ・セウン)、キム・インスク(イ・ユリ)、7組担任ハン・ジェフン(チェ・ソンミン)、その父元教師ハン(チン・ググァン)、占い師ホギョン(チェ・ジョンユン)、ユジンの母チョン・ヒス(イ・ウンギョン)、ユン郡長(ソン・ヨンテ)、キム校長(イ・スンチョル)、パク主任(キム・ギョンリョン)、いじめっ子/イロ(イム・ユジン)、ジェウン(タク・ソンウン)、ソジョン(カン・ジョンファ)、いじめられっ子/ヨンミン(ユン・ソラ)、ヒソン(ヨン・ソニ)など。

コックリさん(2004年韓国)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①韓国の閉鎖的な村イヌァ郡。30年前自殺した女生徒インスクの怪談がある女子高に転入したユジンは、早々にイジメられてコックリさん=インスクの怨霊を呼び覚まし、願い通りいじめっ子たちが次々と変死を遂げる。②同じ頃、美人美術教師ウンジュが着任し、担任のジェフンと占い師ホギョンと共に事件の真相を探り始めるが、学校関係者を含む村の顔役たちは動揺し、必死で何かを隠そうとしている。③インスクは盲目なのにものが見え、呪殺能力があった事からイジメられ自殺したとされていたが、怨霊となってユジンに取り憑き、30年前の事件の真相を知る村の顔役たちに狙いを定める。④顔役たちはインスク母娘への残虐な仕打ちが露呈する事を怖れ、30年前と同様ユジン殺害を企てるが、ウンジュの内に潜んでいたナニモノかが目覚め、暗躍し始める…。

【起】– コックリさん(2004年韓国)のあらすじ1

コックリさん(2004年韓国)のシーン1

画像引用元:YouTube / コックリさん(2004年韓国)トレーラー映像

韓国の山間の村イヌァ郡。伝統あるイヌァ女学校に、ソウルから大きな瞳の美しい転校生ユジンがやってきます。

彼女はよそ者として敵視されイジメられますが、いじめられっ子のヨンミンとヒソンに「”コックリさん”に復讐してもらおう」と持ちかけ、放課後の教室で実行する事に。

それは日本の”こっくりさん”に似た儀式で、呪いたい相手の名前を書いた紙の上で、リーダー役がボールペンを緩く掴んで「分身娑婆(ブンシンサバ)、分身娑婆(ブンシンサバ)、オイデクダサイ(ほぼ日本語の発音通り)…」云々と唱え、交信に成功するとボールペンが動き出し、自動書記が始まるというものでした。

また彼女は呪力を上げるため、学校怪談として語り継がれた”呪われた29番の机”を探し出して使い、怖気づく2人には「目を開けたら取り憑かれるから絶対に目を開けちゃダメ!」と言い、呪文を唱えたのです。

するとボールペンはいじめっ子たちの名を塗りつぶし、爪で引っ掻くような音がして、不気味な白い目をした少女が現れ、唯一それを目撃したユジンが絶叫し、儀式が終了します。

翌朝、29番の机に突っ伏して死亡していたヘジの死体が発見され、騒ぎになります。ヘジはいじめっ子の一人で、黒いビニール袋を被ってライターのオイルをかけ、自ら火を点けた自殺と断定されました。

校内は騒然とし、いじめっ子のイロ、ジェウン、ソジョンらはヨンミンとヒソンを脅しますが、ユジンは呪いが発動した事に怯えながらも、徹底抗戦の構えを崩しませんでした。

その一方で、キム校長とパク主任は事件が”29番の机”で起きた事を気にするばかりで、ユジンの担任ジェフンは、ソウルから転任したばかりの美術教師ウンジュに「ヘジは変わった子だったが、自殺の兆候はなかった」と話します。

間もなく学校は平常授業に戻り、ヘジンら7組のホームルームにはウンジュがやって来て、着任の挨拶となります。

彼女は名簿順に出欠を取り始めますが、28番のユジンの隣、29番の”キム・インスク”を呼んだ途端、生徒らがざわつき、弱々しい返事が聞こえます。

ウンジュは、29番の席に座り、長い黒髪でうつむいていた少女を「声が小さい」とたしなめますが、生徒たちは悲鳴を上げて逃げ出します。

教室に残っていたユジンは「このクラスにインスクという生徒はいない」と言い、ウンジュの背後に現れた女性の霊を目撃します。ウンジュはハッとして名簿を見直しますが、29番は空欄で、席にも誰もいませんでした。

ウンジュは校長室に呼ばれ、校長とパク主任に詰問され謝罪させられますが、パク主任は”29番”にこだわって激高し、校長にたしなめられます。

ユジンたち3人はいじめっ子らに脅されますが、ユジンは「ヘジが死んで呪いが始まった。このままじゃ済まないはず」とほくそ笑んでいました。

一方7組の担任ジェフンは、山間の邸宅にウンジュを誘い、その家の主で霊感占い師の同級生ホジョンを紹介します。

彼女の帰りを待つ間、ウンジュは改めて”29番のインスク”とは誰なのか聞きますが、「ただの学校怪談だから気にするな。あの学校の教師は全て村の出身者で、僕もあの学校で教師だった父の勧めで村に戻った」と言われ、肝心のインスク母娘の話の途中でホジョンが戻り、うやむやになります。

ホジョンは明るく健康的な女性で、天気予報や占い、カウンセリングなどを生業とし、ジェフンの良き相談相手であり、可愛い妹のような存在です。

翌日は、いじめっ子のイロが校舎裏で焼死体となって発見され、騒ぎになります。

校長室には、村の顔役たち=校長やパク主任、ユン郡長(村長)、ジェフンの父で元教師のハン・サンド、警察関係者ら10人ほどが集まり、今回とインスク母娘の事件との関係を話し合っていました。それは30年前に村で起こった陰惨な事件で、誰もが必死で取り繕おうとしているようでした。

一方ジェフンは、ヨンミンからコックリさんの事を打ち明けられ「呪った相手はまだ2人残ってるから助けてあげて!」と言われますが、インスクの霊に足を掴まれゾッとします。

またインスクの事件を調べていたウンジュは、尾け回していたユジンに気づき、山中の火災現場跡(インスク母娘の家の焼け跡)で拾った鏡台の引き出しから、古びた女学生(インスク)の写真を見つけます。

ユジンは路地でいじめっ子たちに捕まって小突かれ「ヘジやイロと会ってただろう? 2人ともあんたと会った後で死んでる。2度と私たちに近づくな!」と脅されますが、2人に会った覚えなど全くありませんでした。

また家でも母親ヒスから「2日続けて深夜に戻り、パパに叱られたでしょ?」と言われますが、出掛けた事も叱られた事すら覚えがなく、初めて記憶が欠落している事に気づきます。

また一家は、村の出身者でイヌァ女学校の生徒だった母親ヒスの強い希望で、ソウルからこの地に戻ったのですが、母親はなぜかインスクの事を「知らない」と言っていました。

学校では欠席者が相次ぎ、ジェフンは個別に連絡して原因を突き止めようとしますが、パク主任に阻まれます。

その最中、通路でユジンと話していたいじめっ子のジェウンが、突然ビニール袋を被って焼身自殺を図り、死亡します。

その騒ぎは、気づいた教師や生徒たちが泣き叫んで必死に止める中で起こった事で、ユジンの眼は白濁してジェウンを睨みつけ、ジェウンはそれに操られるかのように袋を被って火を点け、火が点いた時点で正気に返り、暴れて泣き叫んだのです。

それを屋上から見ていたウンジュには、ジェウンにまとわりついていた不気味な女生徒の霊が彼女の手を握って火を点けさせ、ユジンが焼け爛れた女生徒の顔に見えていました。

また直後に正気に返ったユジンは、屋上にいたウンジュの背後にいた女性の霊を見て気を失います。

ユジンは刑事に尋問を受けますが「被害者3人と会ってたと言われたが全く憶えてない!これはインスクの呪いよ!」と泣き叫んで終わります。

最後に残ったいじめっ子ソジョンは、外出を禁じられ部屋にこもっていましたが、深夜表に現れたユジンに呼ばれ「私が怖いんでしょ?」と言われてブチ切れます。

彼女は憎まれ口を叩きながらも、結局怯えて荷物をまとめて逃げ出し、村境の道路まで逃げたところで立ち止まり「こんな村二度と帰るか!」と怒鳴っていました。

すると荷物を入れたビニール袋からインスクの霊が這い出して足を掴まれ、通りがかった大型トラックに撥ね飛ばされ、死亡します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「コックリさん(2004年韓国)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×