映画:サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~

「サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~」のネタバレあらすじと結末

サイコ・ウォード 封鎖病棟~絶体絶命~の紹介:2007年に公開されたカナダのホラー映画です。「ソウ」シリーズを手掛けるLIONSGATEが買い付けた映画として話題になった作品となります。もちろん買い付けたというだけで、「ソウ」シリーズの監督が手掛けているわけではありません。いわゆるソリッドシチュエーションホラーで、封鎖された刑務所にてサイコキラーに襲われるという物語です。なお本作はPG-12に指定されています。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~の主な出演者

リサ(ジャクリーヌ・ベッツ)、リチャード(リアム・カード)、スタッズ(ボビー・ホーヴァス)、ティノ(ティム・クラーク)、サラ(サンディ・レイ)、モニカ(ニコル・ボニン)

サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~のあらすじ1

サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~のシーン1 ブラック・クリーク拘置所を訪れた5人の撮影クルー、彼らは今は封鎖されたこの建物の真実を伝えるためにやってきたのでした。
かつてこの拘置所では、軍による人体実験が行われており、特に終身刑を受けた3人の囚人たちがその被験者とされていました。
その噂を確かめるために彼らは拘置所へとやってきたのです。

ティノがネットを通じて知り合ったモニカが道案内をしてくれます。彼女の父が拘置所の資料を持っており、モニカ自身、施設のサイトを運営していました。
リサを車に残して、教授のリチャードら4人とモニカが拘置所へ向かいます。リチャードがカメラに向かって、過去に施設で起こったことを話し始めました。

その日の夜、リチャードたちは敷地内で夜を明かすことにします。ドアの開閉音が聞こえ、ティノとモニカが拘置所の中に入りました。
それからしばらく後、リチャードたちが拘置所の窓に電気が灯っているのに気付きます。ティノと別の人影が見えたため、リチャードとスタッズが調べに行きました。

リサとサラはテントに残ります。そこにナイフを持った怪しい人影が近づいてきて、2人は拘置所の中に逃げ込みました。リチャードやスタッズと合流します。
スタッズが血の跡を見つけ、リチャードだけを呼びました。リサとサラはその場に残り、リチャードとスタッズは血の跡を辿り、トイレの中に入ります。すると突然トイレのドアが開かなくなり、2人は閉じ込められてしまいました。

【承】- サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~のあらすじ2

サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~のシーン2 その頃、リサとサラは物音を聞き、音のした方へと向かいます。一方のリチャードとスタッズは、リサたちが来るまでトイレの中で待つことにしました。
その直後、リサとサラがトイレにやってきます。リサが外からドアを開け、リチャードとスタッズはトイレから出ることができました。
しかし拘置所から外へ出るためのドアは開かず、そのうえ携帯の電波も通じません。彼らは他の出口を探しつつ、姿の見えないティノも探すことにします。そのためリチャードとリサ、スタッズとサラの2人1組に分かれて行動しました。

時を同じくして、カップルを乗せた車がやってきます。カップルは大男に殺害されました。

建物内ではスタッズとサラがロッカーを開けた瞬間、血だらけのモニカに襲われます。2人はモニカを捕まえ、リチャードやリサと合流しました。
リチャードたちはティノがどうなったか尋ねます。モニカは何も知らないと答え、この建物は危険だから早く脱出しようと訴えました。

リチャードたちはモニカから受け取った建物の設計図を見ながら、出口を探し始めます。途中でモニカが逃げ、スタッズが1人で探しに行きました。
逃げたモニカは大男に捕まり、無残にも殺されてしまいます。モニカを見つけられなかったスタッズはリチャードたちの元に戻りました。

リチャードたちは貯蔵エリアに抜けられる隠し通路を見つけ、先にスタッズが入り、様子を見に行きます。人影を見かけたスタッズは後を追いかけ、大男に捕まりました。

【転】- サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~のあらすじ3

サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~のシーン3 リチャード、リサ、サラの3人も隠し通路を抜けました。待っているはずのスタッズの姿が見えなかったため、彼らは探し始めます。見つかったのはスタッズの持っていたカメラだけでした。
その頃、大男に捕まったスタッズは殺されていました。

リチャードたちはひとまずボイラー室に向かいます。ボイラー室に通じるはずの場所に新しい壁が作られていたため、サラが1人で道を戻りました。
大男に見つかったサラは催涙スプレーを使って、何とか逃げます。しかし結局は追いつかれてしまい、大男に捕まりました。

一方のリチャードたちはサラを探して、監房にたどり着きます。リサを入り口で待たし、監房を調べたリチャードはモニカ、ティノ、スタッズの死体を発見しました。
リチャードはティノの遺体から車のキーを手に入れます。監房の奥へ進んだリチャードは、拷問部屋を見つけました。

リチャードはリサの元に戻ります。リサは何が起こっているのか説明してと問い詰め、リチャードは推測を話しました。
この拘置所で人体実験を受けていた3人の囚人の1人、ダレル・クームスが犯人だと、リチャードは言います。ダレルは焼身自殺したとされていましたが、実は生きていたのでした。リチャードがそう考えた理由は、死体にダレルの署名であるCの傷を見つけたからです。

【結】- サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~のあらすじ4

サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~のシーン2 リチャードはこのままではサラが殺されてしまうと、彼女を探し始めます。その矢先、リチャードたちはサラの遺体を発見しました。

リチャードとリサは反撃を決意します。ダレルには人を殺した後、教会に行って懺悔するというクセがありました。サラが殺された今、ダレルは教会に行っているはずだと当たりをつけ、リチャードたちは先ほど見つけた拷問部屋へと向かいます。
拷問部屋で武器を探していると、大男=ダレルが姿を現しました。リチャードは武器を手に持ち、ダレルに挑みかかります。その間にリサを逃がしました。
このとき、リチャードはリサに教会を壊すようにと指示します。その理由はダレルの懺悔するという儀式をぶち壊すためでした。
リサは指示通り、教会を破壊します。ダレルは怒り、リサを追いかけました。逃げ場のないところにまで追い込まれたとき、リチャードがやってきて、ダレルに攻撃します。
ダレルは倒れ込みました。その隙を突き、リサがダレルから鍵を奪います。次の瞬間、ダレルが起き上がり、リサに襲い掛かろうとしました。
リチャードがリサを助けるため、命がけで時間稼ぎをします。その結果、リチャードは殺されてしまいました。
リサは拘置所の外へ出ます。車の元まで走ろうとしたとき、ダレルが武器を投げつけ、リサは倒れました。
結局リサもダレルに捕まり、殺されてしまいます。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

サイコキラーに襲われる側に賢い人が1人もいません。それにラスト、リサは逃げれたはずです。命がけで時間稼ぎをしているリチャードをぼーっと見ていなければ。そうした詰めの甘さをどうにかすれば、良い作品になっただろうにと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「サイコウォード封鎖病棟~絶体絶命~」の商品はこちら