映画:サイレントヒル

「サイレントヒル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

サイレントヒルの紹介:2006年公開のカナダ&フランス合作映画。コナミから発売されたゲーム『サイレントヒル』を原作に製作された。2012年10月(日本では2013年7月)に続編である『サイレントヒル: リベレーション3D』が公開された。

あらすじ動画

サイレントヒルの主な出演者

ローズ・ダシルヴァ(ラダ・ミッチェル)、クリストファー・ダシルヴァ〔クリス〕(ショーン・ビーン)、シャロン・ダシルヴァ&アレッサ・ギレスピー(ジョデル・フェルランド)、シビル・ベネット(ローリー・ホールデン)、トマス・グッチ警部(キム・コーツ)、アンナ(タニヤ・アレン)、アダム(クリス・ブリットン)、修理工(ロン・ガブリエル)、レッド・ナース(エミリー・ラインハン)、ダリア・ギレスピー(デボラ・カーラ・アンガー)、クリスタベラ(アリス・クリーグ)

サイレントヒルのネタバレあらすじ

【起】– サイレントヒルのあらすじ1

サイレントヒルのシーン1

画像引用元:YouTube / サイレントヒルトレーラー映像

夫・クリスと妻・ローズは、8歳になる娘のシャロンの夢遊病に悩まされていました。

シャロンは夜毎、夢を見ては家を出てふらふらと歩きまわるのです。そしてシャロンはうわごとでいつも「サイレント・ヒルに帰る」と言いました。

その夜も眠りながら家を出た娘・シャロンは、車道の横にある崖の上から滝つぼにダイブしそうになったところを、母・ローズに抱きとめられて助かります。

ローズが調べてみると、娘・シャロンが口にする「サイレント・ヒル」という街はウェストバージニア州に存在しました。

子どもができなかったクリスとローズは、乳児だった女の子を引き取って、シャロンと名付けて育てました。シャロンは養女なのです。

そしてシャロンを引き取ったのは、ウェストバージニア州のトルーカ郡立児童保護施設からでした。

母・ローズは決断を下します。

娘・シャロンを連れて一度そのサイレント・ヒルに行ってみたら、娘の症状が軽減されるのではないかと考えたローズは、ある日シャロンと2人で「秘密の旅行」と称し、車でそこへ向かいました。

同じ頃、サイレント・ヒルというゴーストタウンが存在することを知ったクリスは、ローズがそこへ向かったと連絡で知り、あとを追います…。

シャロンを連れたローズは、深夜にサイレント・ヒル手前のブラマ市まで到着しました。ガソリンスタンドの店員にサイレント・ヒルへの道を聞きますが、道は封鎖されていると女性店員に言われます。ローズの様子を白バイの女性警官・シビル巡査が見ていました。

しばらく車を走らせていると、ローズは白バイに停止するよう指示されます。一旦は止まったローズですが、シビル巡査の制止を振り切ってサイレント・ヒルに突入しました。

ラジオの故障で雑音がうるさく、ラジオの操作をしながら運転したローズは、ある少女の姿(後述)を見てスリップ事故を起こし、気絶します。シビル巡査もバイクで転倒し、気を失いました。

目覚めたローズは助手席にシャロンがいないのに気づき、慌てて車を出て歩きます。そこは街の入口で「Welcome to Silent Hill(ようこそ サイレント・ヒルへ)」という大きな看板がありました。

真っ白な世界ですが、降っているのは雪ではなく灰です。始終降り続く灰と、たちこめる霧のために極端に視界が悪く、街全体が色彩に乏しい光景でした。

うっすら残る足跡を頼りに街の中へ入ったローズは、一心不乱にシャロンを探し始めます。

サイレンが鳴り始めると、街は急に暗くなりました。

建物の中に入ったローズは、暗闇の中ジッポをつけて歩きます。地下道の奥で物音がするので近づくと、そこには磔にされた遺体がありました。しかしその遺体は動きます。

後ろからは黒こげになった子供の遺体も近付いてきて、ローズは取り囲まれました。遺体は炭化しているものの、まだ燃えており、熱さにローズは悲鳴をあげます。

周囲が明るくなると、遺体たちは灰になりました。そこはボウリング場跡地でした。外にはまた灰が降っています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「サイレントヒル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ