映画:サイレン(FORBIDDEN SIREN)

「サイレン(FORBIDDEN SIREN)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ホラー映画

ソニーコンピューターエンターティメント(SCEI)から発売されたホラーゲームを下敷きに、「TRICK」「二十世紀少年」などエンターティメント作を得意とする堤幸彦監督が生み出した和製ホラー。孤島の閉塞感と響くサイレンの不気味さはそのままに、ゲームとは全く異なった切り口の恐怖が迫る。

サイレン(FORBIDDEN SIREN)の主な出演者

天本由貴(市川由衣)、天本真一(森本レオ)、南田豊(田中直樹)、土田圭(阿部寛)、里美(西田尚美)、東(松尾スズキ)、山中巡査(嶋田久作)天本英夫(西山潤)、赤い服の謎の少女(高橋真唯)

サイレン(FORBIDDEN SIREN)のネタバレあらすじ

【起】– サイレン(FORBIDDEN SIREN)のあらすじ1

サイレン(FORBIDDEN SIREN)のシーン1

画像引用元:YouTube / サイレン(FORBIDDEN SIREN)トレーラー映像

〝1590年、アメリカ。

ロアーク島で全島民117人が突然消失。

島には《Croatan》という謎の文字が残されていた。〟

〝1872年、大西洋上。

漂流中のマリーセレスト号が発見されるが、全乗組員が消失していた。

航海日誌は「12月4日、我が妻マリーが」と唐突に終わっていた。〟

…1976年、日本・夜美島(やみじま)。

災害救助の人たちが、嵐に襲われた夜美島の捜索をしますが、島民は誰もいません。

家々はみな、ついさっきまで人がいた感じで放置されており、鍋はあたたかいままです。

島に1人だけ生き残った人がいました。保護された男性・土田圭は、壁に赤い文字で「DOG LIVE」と書かれた部屋の中央でパーカーをかぶって椅子に座り、変な歌をうたっています。

「他の住民たちはどこへ行った?」という災害救助の人の呼び掛けに対し、土田は「サイレン…三度目のサイレンが鳴ったら」「サイレンが鳴ったら外へ出てはならない」と連呼し、半狂乱になりました…。

…29年後、2005年。

フリーライターの中年男性・天本真一と10代後半の娘・由貴、小学生の息子・英夫が、愛犬・オスメントとともに夜美島へ引っ越しました。身体が弱く発作の持病を持つ弟・英夫の転地療養のためです。

島は閉鎖的で、島民たちはよそ者の由貴たちを不躾にじろじろ眺め、由貴は居心地の悪さを感じました。

島の診療所勤務・南田先生が由貴たちの乗るフェリーを迎えに港まで来ており、車で送ってくれました。島は日本語だけではなく謎の文字も散見され、異国情緒溢れるところです。

南田先生は「何百年だか前に、異人が流れ着いた関係だろう」と言いました。

島民は昔からの信仰を信じているため「森の鉄塔付近には近づくな(危険な虫がいる)」「サイレンが鳴ったら外へ出てはならない」と南田先生は助言します。

新居は古びた家で、棚や床などあちこちが汚れていました。壁には血痕のようなものも残っています。

隣人女性・里美が現れて手伝ってくれ「村人との付き合いを大事にしろ」と言いました。南田先生の言うとおり、鉄塔付近でなくとも、家の中にムカデとクモの中間みたいな虫が出ました。

由貴の父・真一は島の研究をして本を書くつもりです。一眼レフカメラやホームビデオカメラで、早速島のあちこちを撮影し始めました。

ある日、弟・英夫を追って由貴は森の奥へ行き、廃屋を見つけます。その壁には「DOG LIVE」と赤い字で書かれており、鏡が割れると中から赤いノートが見つかりました。ノートはてのひらサイズで、破れています。

そこには『1976年取材メモ 赤いノート』と書かれており、「サイレンの定義」「セイレーン」「島民は犬をおそれる」「サイレンは鉄塔か?」などの箇条書きのほかに、日記の項目もありました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「サイレン(FORBIDDEN SIREN)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×