映画:ザインフェルノ(TRAUMA)

「ザインフェルノ(TRAUMA)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(10件)

ザ・インフェルノの紹介:2017年製作のチリ映画。レイプ事件の裏側に隠された凶悪な事実を描いた、実在の事件を題材にしたスリラー。バカンスで別荘にやって来たアンドレアたちは、突然現れた男たちにレイプされてしまう。翌朝、彼女たちは警察に助けを求めるが、そこに犯人の男が現れ…。

あらすじ動画

ザインフェルノ(TRAUMA)の主な出演者

アンドレア(カタリーナ・マーティン)、ファン(ダニエル・アンティヴィロ)、カミラ(マカリナ・カレル)、フリア(シメナ・デル・ソラ)、マリオ(フェリペ・リオス)、マグダ(ドミンガ・ボフィル)、ペドロ(エドゥアルド・パヘコ)、ディエゴ(クラウディオ・リベロス)、ヨヤ(フローレンシア・エレディア)

ザインフェルノ(TRAUMA)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①アンドレアたち女性4人が、田舎にある叔父の屋敷へやってきた。屋敷に深夜、ファンとマリオ父子の訪問に遭遇。ファンはピノチェト軍事政権下に暴力的な父親に育てられ、残酷な人間に成長していた。 ②乱暴され、歯向かう者は殺すファン。地元保安官も殺したファンにアンドレアが立ち向かって勝利するが、ファンの赤ん坊を見つけて殺そうとしたため、アンドレアも駆け付けた警官に射殺された。

【起】– ザインフェルノ(TRAUMA)のあらすじ1

ザインフェルノ(TRAUMA)のシーン1

画像引用元:YouTube / ザインフェルノ(TRAUMA)トレーラー映像

(原題『Trauma』=『トラウマ』)

〝実話に基づく物語である〟

〔チリ 1978年〕

当時、チリはピノチェト軍事政権下にありました。

反体制派は、容赦なく叩かれる時代です。

妻が共産主義者と組んでいると気付いた夫は、妻をそそのかした共産主義者を射殺しました。

夫はピノチェド将軍に忠誠を誓っており、反政府勢力やゲリラ部隊に憎悪の念を抱いています。

妻を椅子にくくりつけた夫は、息子・ファニート、通称:ファンに注射を打ち、妻(ファンにとっては母親)を犯させます。

娘・カルメンを犯してやると言って、グスタボは妻の頭を撃って殺しました。

ファンはその後も、この情け知らずの、暴力的な父親に虐げられながら育てられます…。

〔チリ 2011年〕

民主化したチリは、大統領も選挙で決められる時代になっています。

サンティアゴから4人の女性が、叔父の別荘に行きました。

叔父の別荘は、アグスティナスという田舎にあります。

・アンドレア…車を運転する黒髪の女性。カミラの姉。妹のことを心配している。レズビアンではない。

・マグダ…アンドレアの友人の女性。金髪と黒のショートボブ。ニコという彼氏ができた。

・カミラ…金髪ロングストレートの女性。アンドレアの妹。フリアと同性愛の関係。

・フリア…黒髪ロングストレートの女性。カミラと交際して半年が経過する。

赤い車に乗り込んだ4人は、途中で道に迷いました。

アンドレアの判断で、地元のバー『グロリアの酒場』に行き、道を聞くことにします。

バーの中には、むさくるしい男ばかりでした。

女性が来る場所ではないと言われつつも、アンドレアは店主に道を聞きます。

店を出ると、店の娘とおぼしき幼女・ヨヤがいました。

地元の保安官・ホルヘとペドロにも「女が来る場所ではない」という注意を受けながら、アンドレアは屋敷への道を聞きます。

叔父であるグスタボは、かつての富豪でしたが、もう何年も姿が目撃されていないとのことでした。

このたびアンドレアたちは、遺産相続した叔父の家にやってきたのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(10件)

ライターの感想

原題『TRAUMA』その名のとおり、なんかトラウマになりそうな映画。
1978年から時代は一気に2011年に飛ぶ。
そのあいだにファンのあいだで何があったかは、多くは語られず。想像するしかない。
ところどころで、ファンが監禁している女性・ブランカの映像が挿入されるが、これも若干説明不足。
ブランカがどう拉致され、どのくらいの期間拉致されているのかも判らず。
妹のカルメンがどうなったのかも不明のまま。
グロテスクな描写が多いので、苦手な人は避けてください。
  • 観ませんさんの感想

    どういう話なのか全く理解に苦しむ映画。
    年代が飛んでるシーンが多いのだが、いつなのかいまなのか過去なのかまた、誰が誰なのか全く分からず。
    終始胸くそ悪いシーンばかり。
    それを見せたいだけの映画。

  • シネマの里さんの感想

    グロテスク極まりない!監督は異常なサディストではないかと思わざるをえない。本当に元題名の通りトラウマになるので子供には見せられない、いや、見せてはいけない作品です。とにかく、そこはボカすだろう、と思う部分は全く無し、には最後まで驚嘆でそこまで描写する監督の意図が分からない。いくら残酷と言っても別の描写はいくらでもあったはず。人によっては食事も摂られなくなるかもしれないのでマジで要注意のはっきり言って放映禁止レベルの映画。現代において今でもこういう作品が撮られているという怒りさえ覚え、見たあと胸糞悪いとはこのことで何も残らない。後悔だけ残る変態基地外映画。絶対オススメしない。

  • ドラナオさんの感想

    最低の映画です!

  • トレルチさんの感想

    今世紀最高の映画
    全て誉め言葉だ…

  • この作品を作った意味が分からないさんの感想

    最高の映画、全て褒め言葉だとか言ってるやついるけど、何がだよ。意味わかんねえ。

  • 星 ☆☆☆さんの感想

    R指定だからそこを踏まえて考えると良いです。
    エンターテイメントとは、対極にあり
    好き嫌いが、すごく別れる映画だと思う。
    ただ、B級映画としては、良く出来てる。
    強くお勧めはしないけど、スプラッタ系が苦手じゃ無ければ話のネタに見るのも有りだと思う

  • なんなん?さんの感想

    感想を述べるような映画ではない。
    何故創られたか意味がわからない。
    何を伝えたいのか最後まで解らなかった。
    観なくていい映画だと思う。
    うっかり観ないように、排除してほしい。
    気分が悪い。

  • ふーんさんの感想

    ゾンビ映画が溢れる現代では
    スプラッタ描写も特にインパクトなし
    プロットも真新しさはないし
    ストーリーも単調
    カット割や演出も特に惹かれなかった

    結果自分には何も引っかからない映画でした

  • Kさんの感想

    今も世界のどこかで起きている真実。名誉殺人にせよ、女性を取り巻く現実は今も昔も大差ない。臓物飛び散るシーンも暗くしてある。鉄道の人身事故よりマシ。平和ぼけした日本人の親子、子どもに見せるべき作品。

映画の感想を投稿する