映画:ザカニバルクラブ

「ザカニバルクラブ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

ザ・カニバル・クラブの紹介:2018年製作のブラジル映画。イタリアのルッカ映画祭など、ヨーロッパの映画祭を中心に話題を集めたブラジル発のホラー。素性の不確かな人物を使用人として雇い入れ、快楽のために殺害を繰り返す大富豪オタヴィオとジウダの夫婦。2人は人肉食を楽しむ秘密クラブにも加わっていたが…。

あらすじ動画

ザカニバルクラブの主な出演者

ジウダ(アナ・ルイザ・リオス)、オタヴィオ(タビンホ・テイクセイラ)、ボルジェス(ペドロ・ドミングス)、ジョナス(ゼ・マリア)、ジョジマール(ブルーノ・プラタ)、クロヴィス(ロドリゴ・カピストラノ)、アベラルド(アルカントラ・コスタ)、ラミレス(LC・ガレット)

ザカニバルクラブのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①オタヴィオとジウダ夫婦は、使用人を殺害しその肉を食べる趣味を持つ夫婦。オタヴィオは秘密クラブにも所属している。そのクラブ仲間のボルジェス議員の男色趣味をジウダが知ってしまい、狙われるように。 ②侵入者を殺したオタヴィオとジウダは、ボルジェス議員を呼び寄せて返り討ちにした。使用人・ジョナスに罪を着せようとしたが、ジョナスがたまたま夫婦を殺す。

【起】– ザカニバルクラブのあらすじ1

ザカニバルクラブのシーン1

画像引用元:YouTube / ザカニバルクラブトレーラー映像

ブラジル。

南国の青い海に面した豪奢な屋敷を警備する、警備員ルシヴァウドは、銃を持ちながら転寝をしています。

海もありますが、プールもあります。

プールのそばではこの屋敷の人妻・ジウダが日光浴をし、プール掃除のお手伝い男性・ジョジマールは、ジウダの身体をちらちら見ていました。

屋敷の主人・オタヴィオが、ジョジマールに囁きます。

今から仕事で、警備のルシヴァウドを連れてフォルタレザへ出かけるから、ジウダと共に留守番をしておいてくれとオタヴィオに言われ、ジョジマールは期待に胸を膨らませました。

今日は人妻・ジウダとひとつ屋根の下、ふたりきりなのです。

予定どおりオタヴィオはジョジマールを連れて出かけていきました。

夜、ジョジマールはジウダとベッドインします。

ベッドの上の様子を、戻ってきたオタヴィオがこっそり見ていました。

そしてここぞという瞬間に、オタヴィオはジョジマールの頭部に、斧を振り下ろします。

…実は、オタヴィオとジウダ夫婦は、恐ろしい趣味を持っていました。

身元がいまひとつ分からず、いなくなっても探されないような人物を使用人として雇い、殺害するというものです。

殺害の手口も決まっていました。

主人のオタヴィオが留守にすると言い、妻のジウダが男性を誘惑するのです。

そしてベッドインの最中に、背後からオタヴィオが男性を斧で襲う…というものでした。

殺した男性の肉は、調理して食べます。

食事を楽しんだジウダは、夫のオタヴィオに「レストランを開くべきよ」と褒めました。

オタヴィオはその言葉を喜びながらも、警備員のルシヴァウドが遅刻していることに苛立ちます。

11時半に来ると言っていながら、ルシヴァウドは来ていませんでした。

遅れて来たルシヴァウドは、遅刻しただけでなく、イヤホンで音楽を聴いていました。そのため、主人であるオタヴィオが近づいたことに気づくのが遅れます。

オタヴィオは肉を渡しながら、ルシヴァウドに使用人を辞めさせたことと、次に遅刻するとお前も解雇すると注意しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ザカニバルクラブ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×