「ザコレクター監禁地帯」のネタバレあらすじ動画と結末

ザ・コレクター~監禁地帯~の紹介:2016年製作のカナダ映画。アラスカへ行く旅行中、山火事で通行止めに遭遇した若者5人が、宿泊施設もなく採鉱場にたどりつくと、そこはもともと犯罪者を収容したブラックバーン病院がある場所だった。火災で生き残った犯罪者たちが、若者5人を血祭りにあげていく…。

あらすじ動画

ザコレクター監禁地帯の主な出演者

ジェイド(サラ・リンド)、ショーン(ザック・ペラドゥー)、チェルシー(エミリー・ウラアップ)、ライアン(カルム・ウォーシー)、ルーク(アレクサンダー・カルバート)、アイリス(ジョイス・ロビンス)、ディジット(ケン・カージンガー)、スリーアイズ(ブラッド・ ロリー)

ザコレクター監禁地帯のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①女子大学生・ジェイドら5人はアラスカのトクへ行く途中、山火事で通行止めに。宿泊施設もなくガス欠になった5人は、赤ん坊の泣き声を聞いて、老婆から入ってはならないと言われた採鉱場へ入る。 ②火事で全焼した犯罪者用精神病院の生き残りが暮らし、剥製を作っていた。生き残りはジェイド、ショーン、赤ん坊。ルークは仲間になっている。

【起】- ザコレクター監禁地帯のあらすじ1

アメリカ・最北端のアラスカ州。

大学生のジェイドたち5人が1台の車に乗り、アラスカに向かいます。
トクという地名の場所にある、山小屋に行くつもりです。
彼らが通過した途中の地点に、止めた車がありました。それは、ロブとアイリスという夫妻が乗る車です。
ロブは山にある採鉱場の跡地を、再開発する仕事を請け負っていました。妻のアイリスと赤ん坊・カイルを連れて、跡地の下見をします。
採鉱場の中に入ると、人の気配がしました。
もし不法居住者がいるならば、追い払っておかないとならないと、ロブは言います。
ロブが長い階段をのぼって行きました。妻のアイリスも、人影に追われます。
アイリスは首の骨を折られて死にました。横にはすでにロブの血だまりができています…。

・ロブ…採鉱場の跡地を視察に訪れ、すでに死亡。
・アイリス…ロブの妻。赤ん坊のカイルを抱いていて首の骨を折られた。
・カイル…乳児。生存しており、時々泣く。この声につられてジェイドたちは採鉱場に入ってくる。

・ジェイド…黒髪ポニーテールの女性。白いシャツにピンクのパーカー着用。ライアンと恋人同士で妊娠したが、直後に流産した。入院していたため、単位が足りないかもしれない。
・ショーン…ダウンジャケットを羽織る男性。大学の助手らしい。
・ライアン…金髪の男性。肌が白い。青シャツを着用。ジェイドの恋人だが、チェルシーと浮気している。浮気しているが、ジェイドの方が好きな模様。
・チェルシー…金髪パーマの女性。ピンクの服。フェロモン系。ルークと恋人同士なのだが、早く別れてライアンと付き合いたい。
・ルーク…黒髪短髪の男性。緑のシャツに白い帽子着用。チェルシーと恋人同士で、順調だと思っている。

ジェイドたちは朝からずっと車を走らせていますが、携帯は圏外です。
山小屋までまだあと2時間も、運転せねばなりません。
車を走らせていると、前方に横転した車がありました。よけて停車します。
中にいた女性は、死亡していました。警察や救急に連絡しようにも、電波が届きません。
電波の届くところで連絡すればいいということになり、ジェイドたちは車に乗り込みました。
落石があったので、車は急いで移動します。

目的地のトクまであと80kmというところで、ジェイドたちは「山火事で通行止め」と言われます。
道路には交通整理をする警官がいるために、それをおして進むわけにはいきませんでした。
しかもガソリンが残り少なくなっています。

【承】- ザコレクター監禁地帯のあらすじ2

もうすっかり夜になっていました。
宿泊施設も見つからないので、近くにあったガソリンスタンドに入った5人は、情報を得ようとします。

そのガソリンスタンドは寂れており、ガソリンもありませんでした。
瓶詰めの何かが売られてはいるものの、いつのものか不明です。
双子の老婆が店主でした。彼女たちは「近くの採鉱場には幽霊がいるから、絶対に行ってはならない」と注意します。
見ると、雑貨店の一角には行方不明者や失踪者のチラシが一面に貼られていました。
最新のだと、1週間前に行方不明になった者までいます。
ルークは、その採鉱場に金鉱があったと知りました。周辺地図に書かれています。

山のふもとでガス欠になった車を押しながら、5人は昼間に見かけた車のそばに停車させました(オープニングの、ロブ&アイリス夫妻の車)。
トランクが開いて荷物が置かれているのを見て、不審に思います。
近くの採鉱場から、赤ん坊の泣き声が聞こえました。老婆に立ち入るなと警告されていましたが、5人は入りこみます。
中は電気がついておらず、懐中電灯を頼りに赤ん坊の声を聞きながら移動しました。

途中でアイリスの遺体を発見したジェイド、ルーク、ショーンは、夫が殺したのではないかという結論に至ります。赤ん坊はこの女性の子だろうと目されますが、泣き声がやんだので場所が分からなくなりました。

チェルシーがライアンの手を引いて、メンバーから離脱します。
チェルシーはライアンに「早くジェイドと別れて」と要求しました。
2人で身体を重ねているところを、ジェイド、ショーン、ルークに見られます。
浮気がばれ、ライアンは焦りました。ジェイドに言い訳をします。
チェルシーはルークともう別れたいと思っていたので、開き直っていました。
気分を害したルークが、単独行動を取ります。ひたすら上を目指したルークは山の上の森に到着しますが、背後から斧で襲われ、連れ去られます。

【転】- ザコレクター監禁地帯のあらすじ3

再びアイリスの遺体の場所に移動した4人は、アイリスの遺体がないことに気付きます。
ショーンがブレーカーを探り当てて、上げました。採鉱場は明るくなりますが、またすぐ電気は消えます。
仕方なく松明を作り、移動を始めます。

拘束衣や少女の人形を見つけ、何かの旋律を聞いた4人は、ここに誰かが住んでいると確信しました。でも、出ることにします。
奥に武器を持つ女性・メアリーがいました。4人は逃げます。
(メアリーについての説明は後述)
ルークの帽子を見つけたチェルシーが、取り乱しました。
ライアンが、ルークを探すと言い出します。もめごとになったのは自分が原因だと言ったライアンは、ルークと話し合おうと考えました。
ジェイド、ショーン、チェルシーは先ほどの雑貨店に戻ることにし、ライアンは松明を持って歩きます。

店に戻った3人は公衆電話を使おうとしますが、電話線も繋がっていませんでした。
奥から双子の老婆が出て来て「行ったのかい」と責めます。
その採鉱場の近くにはブラックバーンという病院がありました。犯罪者を収容する、精神病院です。
そこには12人を殺害した殺人鬼スティーヴ・ネルソンや、若い女性ばかりを狙った男マック・モリスが収容されていました。
老婆は昔、精神病院に支援する活動として、剥製作りの技術を教えます。
ほかにも、メアリーという女性がいました。彼女は花婿を迎えては血祭りにあげていました。
逮捕された時、メアリーは妊娠していましたが、死産します。
メアリーが死んだ子を剥製にしたことで、老婆たちは教えるのを止めました。
その直後、病院で火事が起こり、全焼します。

表向きは火事で全員が死亡したとみなされましたが、老婆たちは「病院に収容された犯罪者のうち、生き残った者たちが採鉱場で今も生活している」と思っていました。
失踪や行方不明者が出るのは、彼ら犯罪者のせいだと考えています。

その話の途中で、警察無線が入りました。老婆らは無線機を持っており、「落石事故」について警官が無線で通達しています。

【結】- ザコレクター監禁地帯のあらすじ4

直後、雑貨店にも闖入者がありました。老婆の片方が棒で頭を貫かれて死亡します。
(もう片方の老婆がどうなったかは不明)

生き残りはメアリー、スリーアイズ(三つ目)、ファイヤーファイターの3人でした。メアリー以外は男性で、スリーアイズとファイヤーファイターが追跡してきます。
外へ逃げたジェイド、チェルシー、ショーンは、森の中の廃車場に逃げ込みました。車の下に潜ってやりすごします。

再び採鉱場に戻ると、赤ん坊の声が聞こえました。
3人が奥へ進むと、居住空間に辿り着きます。そこにはホルムアルデヒドの臭いと、花婿たちの剥製がありました。
さらに奥に行くと、ライアンがメアリーに剥製にされているところでした。血を抜かれたライアンは、全身を痙攣させています。
双方から囲まれた3人は、階下へ逃げました。そこにはたくさんの死体が転がっています。

チェルシーは外へ出たところで、背後からメアリーに足を刺されました。
ジェイドとショーンも捕まり、連行されます。
メアリーは顔の左半分が、やけどでただれていました。チェルシーを手術台に乗せると顔を切り、バーナーで顔を焼きます。
赤ん坊の声が聞こえたので、メアリーたちは捜索に行きました。
ショーンが全員の拘束を解きますが、チェルシーは死亡します。

ジェイドとショーンは逃げ始めますが、赤ん坊を置いていけないとジェイドが言います。
ジェイドはライアンとの子を妊娠したのですが、出産するか堕胎するか迷っているうちに肺炎になり、流産したそうです。
その後ろめたさから、今聞こえる赤ん坊は助けたいと言いました。
話を聞いたショーンは、赤ん坊を見つけたら逃げろと言います。
ショーンは残ってドラム缶を倒し、火をつけようとしました。

ジェイドはメアリーが赤ん坊を抱いているのを見つけ、メアリーを襲って赤ん坊を奪うと逃げます。
スリーアイズたちと戦っているショーンのところへジェイドが来ると、助けました。
しかしジェイドはファイヤーファイターとメアリーに見つかり、捕まりそうになります。
ショーンが放った火が、建物を覆い始めました。
ショーンは気絶している振りをして、ファイヤーファイターを倒します。

ジェイドはクロスボウを見つけました。ショーンがメアリーを引きつけ、ジェイドがメアリーを矢で射抜き、がけ下に落とします。

採鉱場を出た時には、朝になっていました。
赤ん坊・カイルと共に、ジェイドとショーンは下山します。
彼らは知りませんでしたが、メアリーは生きていました。メアリーを手当てする女性2人のそばに、仲間にされたルークがいます…。

みんなの感想

ライターの感想

公のサイトで書かれているあらすじとは、まるきり異なる内容。
老婆はそこへ泊まれと言っていない。むしろ行くなと警告していた。
話が進むにつれ、だんだん内容が、というか出てくるメンバー(襲ってくる連中)が『クライモリ』っぽい。
三つ目なんて、もろにそうだよね? 設定はすべて、老婆の口から語られる(そして安っぽい映像がつけられる)のみ。うーむ。
B級だと思いながら見たら、さほどがっかりはしないかな。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ザコレクター監禁地帯」の商品はこちら