映画:ザピラミッドデビルズパワー

「ザピラミッドデビルズパワー」のネタバレあらすじと結末

ザ・ピラミッド デビルズ・パワーの紹介:2014年に公開されたイタリアのホラー映画です。「ヘルレイザー」や「ゾンビ」、「エクソシスト」などといった80年代から90年代のホラー映画をリスペクトした作品で、アレックス・ヴィサニ監督が手がけました。アレックス・ヴィサニ監督はイタリアンホラーの復活を目指して本作を制作しており、名作ホラー映画のオマージュシーンも満載です。4つの章に分かれて展開するのが特徴的で、明確な主人公がいないという珍しいホラー映画となっています。

あらすじ動画

ザピラミッドデビルズパワーの主な出演者

レオ(ラファエル・オットレンヒ)、マックス(マウロ・セリーア)、マヤ(エミリア・ヴァージネリー)、アレックス(アンドレア・ナポレオーニ)

ザピラミッドデビルズパワーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ザピラミッドデビルズパワーのあらすじ1

ザピラミッドデビルズパワーのシーン1 顔を隠した何者かがピラミッド型の置物を作り、それに自らの血を垂らしました。

芸術家フーゾの公園フゼウムで、暗黒のアート展が開催されています。
最終日にあたる今日、テレビリポーターのレオとカメラマンのマックスが撮影に臨んでいました。
公園内をうろつくレオは、とある商店にたどり着きます。彼はそこでピラミッド型の置物に目を奪われました。
レオはピラミッド型の置物を手に取ります。店主が「選ばれし者よ」と口を開きました。
レオはピラミッド型の置物を購入し、マックスの元へ戻ります。
マックスは撮影は終了したと告げ、彼らはホテルへ帰りました。

レオはホテルの部屋へ帰ってからも、購入したものをいじっています。相棒に声をかけられ、レオは眠りにつきました。

ピラミッド型の置物が、電気を発します。その直後、レオがマックスに声をかけ、手の感覚がなくなったと言いました。
マックスは起き上がり、レオの手を見ます。レオの手が奇妙な方向に動き出し、突然自分の首へと向かいました。彼の手はマックスにも襲い掛かります。
レオの手は燃えるように熱くなっており、マックスに対して、切り落としてくれと頼みます。
マックスが切り落とそうとした瞬間、レオの手の異変は収まりました。
レオはもう大丈夫だと言って眠りにつきます。マックスは鏡を見て、レオに襲い掛かられたときの血が消えていることに気づきました。
何かがおかしいと感じたマックスはレオを起こします。レオは何を騒いでいるんだと言うばかりで、先ほどの騒ぎを覚えていませんでした。
マックスは頭を抱えながらも寝始めます。

【承】- ザピラミッドデビルズパワーのあらすじ2

ザピラミッドデビルズパワーのシーン2 2人が寝静まった頃、レオの手が勝手に動き出し、机の上にあったナイフを手に取ります。そのナイフで指を傷つけました。流れ出た血で、何かを描き始めます。
マックスは何か異変に気づき、起き上がります。女性たちがレオの体に噛み付いていました。
上半身裸の男が現れ、マックスに向かってピラミッド型の置物を手に取れと命じます。その男は鍵を起動させるには数多の魂が必要だと言いました。
男は血で円を描き、マックスは命じられるまま、ピラミッドの置物を持って近づき、その体に押し当てます。
すると男がマックスの顔を掴み、その瞬間、奇妙な記憶が流れ込みます。マックスは叫びました。

ホテルの従業員がレオとマックスの部屋を訪ねます。部屋には誰もおらず、ピラミッド型の置物だけがありました。従業員は置物を手に取り、部屋を後にします。
マヤはアレックスが待つ家に帰りました。恋人のかばんに手を突っ込んだアレックスは、指がちぎれたと叫びます。
ですがマヤがアレックスの指を見ても血は出ていません。マヤはアレックスに例の置物を見せました。

その日の夜、アレックスはピラミッド型の置物を見に行き、絵を描き始めます。
翌朝、マヤはアレックスが描いた奇妙な絵を見つけますが、気にすることなく職場へと向かいます。

一方のアレックスは図書館にいました。ピラミッド型の置物について調べるためです。アレックスは書物を読み漁りました。
そうしてサタンの鍵というそっくりのものを見つけます。それはいけにえを捧げるというものでした。

【転】- ザピラミッドデビルズパワーのあらすじ3

ザピラミッドデビルズパワーのシーン3 アレックスとマヤは家で寝ています。突然アレックスの体が浮き上がりました。マヤが何者かに襲われる姿を目にします。それはただの夢でした。

2人は向かい合って、食事をしています。マヤはアレックスに何があったのか尋ねました。アレックスは変化が必要だったと答えます。マヤは「だからルチアーノと疎遠になったの」と言いました。
アレックスはルチアーノの漫画は最低だったと口にします。

夜中に目覚めたマヤは、アレックスがいないことに気づきます。マヤは寝室を出て、血まみれになっているアレックスを見つけました。
アレックスの胸から、ピラミッドの置物を取り出します。こんなことになるなんてと謝るマヤに、誰かが「入れておくれ」と囁きました。

何者かの声に導かれ、マヤはピラミッド型の置物を持って、森へと向かいます。
マヤは地面を掘って、ピラミッド型の置物を埋めました。何者かは「これで我々は自由だ」と呟きます。

4人の男女が森の中を歩いています。彼らの犬が、ピラミッド型の置物をくわえて戻ってきました。
1人が置物をいじります。突然、置物がまばゆい光を発しました。置物をいじっていた男はゾンビと化し、仲間たちに襲い掛かります。
ゾンビとなった彼らは走り出し、森の外で立ち往生していた人を襲い始めました。1人だけが犠牲者となり、他の2人は逃げます。

【結】- ザピラミッドデビルズパワーのあらすじ4

ザピラミッドデビルズパワーのシーン2 犠牲者となった1人もゾンビとなり、4人組と一緒に、逃げた2人を追いかけました。
ゾンビの魔の手から逃れるため、2人は森の近くにあった建物に逃げ込みます。
2人は木の棒を武器として持ち、建物内の探索を始めました。ゾンビに見つかってしまいます。
男はかつての友達を殺害しました。ゾンビがどんどん集まってきます。男は殺されてしまいました。
女は最初にゾンビになった男を倒します。他のゾンビも倒れました。
女は「あー」と叫び声を上げます。

女は建物の外に出て、フラフラと歩き始めました。体からは血が出ています。

ゾンビは絶滅したわけではありませんでした。伝染病は広がりつつあり、世界中で数百万人が死んでいます。

1人の男ダニエルがゾンビを倒していました。彼の前にアダムが現れます。アダムは死んだはずの兄でした。
ダニエルの前にピラミッドの置物も出現し、「鍵はお前を待っている」という声が聞こえます。
ダニエルはふと目を覚ましました。彼は鍵の夢を見ていたのです。
ダニエルの隣にいた男エリアも「最近、鍵の夢を見る」と言いました。彼ら2人は鍵に近づきつつありました。

生存者を前にして、1人の男が演説しています。文明社会は数ヶ月以上前に滅んでおり、その元凶はサタンの鍵にありました。
男は勇敢な弟子のダニエルとエリアが鍵を見つけ出し、悪魔の母胎を始末して、惨劇を止めてくれるはずだと語ります。

カップルがゾンビに襲われていました。ダニエルは助けようとしますが、エリアが奴らを倒せば、鍵の場所が分からなくなるからと止めます。
ダニエルたちはゾンビの後を追いかけ、とある建物にたどり着きました。
そこにはサタンをお腹に宿している女がいたのです。その女は最初にゾンビになった男を倒した人でした。
カップルの女性が襲われそうになっているのを見ていられず、ダニエルが助けに入ります。ゾンビたちとの戦いが始まりました。
ゾンビを蹴散らした2人は、悪魔の母体を始末します。こうして人類は救われ、ピラミッドの置物は封印されました。

それからいくばくかの月日が流れ、レオにピラミッドの置物を売った男が、地面を掘り返します。封印は解かれました。

みんなの感想

ライターの感想

明確な主人公が1人もおらず、ピラミッド型の置物に翻弄されているだけで、ヒーロー的な存在はいませんでした。実際は最後の章でヒーロー的な男たちは登場しますが、急に出てきたキャラなので、まったく感情移入できません。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ザピラミッドデビルズパワー」の商品はこちら