映画:シャイニング

「シャイニング」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

シャイニングの紹介:1980年製作のホラー映画。スティーヴン・キング原作の同名小説をスタンリー・キューブリックが映像化。オリジナル版は143分で、1980年に日本で公開された国際版は119分となっている。

あらすじ動画

シャイニングの主な出演者

ジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)、ウェンディ・トランス(シェリー・デュヴァル)、ダニー・トランス(ダニー・ロイド)、ディック・ハロラン(スキャットマン・クローザース)、スチュアート・アルマン(バリー・ネルソン)、デルバート・グレイディ(フィリップ・ストーン)ロイド(ジョー・ターケル)

シャイニングのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①冬季閉鎖される『展望ホテル』の管理人になったジャックは、新作を練ろうと思うが構想が浮かばない。閉鎖された空間で、ジャックは徐々に精神を病み、1970年に起きた「管理人が妻と子を殺害した」惨劇と同じような経過を辿ろうとする。 ②息子のダニーは超能力の持ち主で、ホテルへ来た当初から、70年の惨劇を知っていた。ダニーは母・ウェンディーとともに逃げ、ジャックは凍死。

【起】– シャイニングのあらすじ1

シャイニングのシーン1

画像引用元:YouTube / シャイニングトレーラー映像

(タイトル『シャイニング』=『輝き』、劇中では、「超能力」のことをさす)

冒頭に失礼。

この映画は、2通りの解釈ができるようになっています。

・ホテルに憑いている悪霊に取り憑かれる男の話(オカルト)

・外界から閉ざされた土地で、孤立した男が正気を失っていく話(サイコ・サスペンス)

どちらに解釈しても、成り立つような話になっているのが、この映画の特徴であり魅力です。

〔アメリカ・コロラド州〕

ロッキー山脈の上に『展望ホテル』という名の、大きなホテルがあります。

冬季は雪が多いため、『展望ホテル』は営業を中止し、閉鎖していました。

積雪がひどく屋敷が傷んではならないので、冬季のオフシーズンには、ホテルは管理人を雇います。

日によって違う場所を温めることにより、積雪による被害を防ぐというのが、管理人の仕事でした。

ホテルのオーナー、スチュアート・アルマンのところへ、中年男性ジャック・トランスが面接に来ます。

アルマンはジャックに「冬の5か月間、孤独に耐えなければならない」と言い聞かせますが、ジャックは「ちょうど新作を考えるところなので、ちょうどいい」と答えました。

それでも念のため、アルマンは1970年の冬に起きた悲劇のことを、ジャックの耳に入れます。

…それは1970年のこと。

当時はグレーディーという男が、ホテルの管理人として着任しました。

グレーディーは妻と2人の娘を連れて、ホテルで過ごします。

ところがグレーディーは、冬の間に神経が参ってしまいました。

斧で家族を惨殺し、さらに家族の遺体をバラバラにして西の部屋に隠し、自分は猟銃自殺をしたそうです。

「キャビン・フィーバー」…僻地や狭い空間で生活する時に生じる、情緒不安定が原因でした…。

それを聞いても、ジャックは笑って聞き流します。聞き流したものの、この「グレーディー」の話は、ジャックの記憶に残ります。

こうして冬季のホテルの管理人の仕事を得たジャックは、妻のウェンディー、息子のダニーを連れて、『展望ホテル』へ向かいました。

〔ホテル閉鎖の日〕

ジャックはオーナーと会います。

妻のウェンディーは「広くて迷子になりそう」と言いながらも、豪華なホテル暮らしが嬉しそうです。

ウェンディーと息子のダニーは、料理主任の黒人男性・ハロランに、食料貯蔵庫を案内してもらいました。

その際に、ハロランはダニーを「先生」と呼びます。

ダニーを「先生」と呼ぶのは、家族の中だけでの秘密なのですが、ハロランがそれを知ることを、妻のウェンディーは驚きました。

あとで、ハロランとダニーは2人で話します。

ハロランは祖母とテレパシーで話すことができる、人物でした。

(ハロラン自身に超能力があるかは謎だが、超能力者だった祖母の言葉を受ける、アンテナの能力は持っている)

ダニーが超能力者だと見抜いたハロランは、その能力を両親は知っているのかと聞きます。

ダニーは、トニーというもう1人の人格を作り上げていましたが、両親は残念ながら、ダニーの能力を知らずにいました。

ハロランはダニーに、その能力を大事にしろと言います。

ダニーは「237号室、怖いの?」と聞きますが、ハロランは否定しながらも「あそこには近づくな」と警告しました。

ダニーはホテルに入った瞬間から、超能力で「ひとには見えないもの」が見えていました。

水色のワンピースを着た少女2人の幻影や、エレベーターから血の海が湧き出る映像です。

しかしダニーはそれを、母のウェンディーには告げずにいました。

とにもかくにも、親子3人での生活が始まります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(5件)

ライターの感想

超有名な作品。…なのだが、意外と見たことがある人、もう少ないかも?
この映画のパロディが使われた作品、すごく多い。
ジャック・ニコルソンの狂気じみた顔が、もはや顔芸になっている(失礼!)。
あらすじ冒頭にも書いたが、「オカルト」としても「サスペンス」としても見ることが可能。
むしろ、どっちにも取れる演出をしているのが、この作品の特徴であろう。
  • piyo0720さんの感想

    これぞホラーの金字塔。ストーリーの中で徐々におかしくなっていく父親の演技が見ている側としてもドキドキします。不思議な能力を持っている息子とおかしくなっていく父親から息子を守る母の展開は怒涛。終盤の追いかけっこは生身の人間が相手とは思えない、恐ろしい狂気です。父親を襲った変化は一体何だったのか、考察を楽しむのもこの作品の魅力です。

  • 匿名さんの感想

    こんなに有名な映画なのにあらすじの順番がごちゃごちゃになっているのはどういうわけなんだ…

  • KOD7さんの感想

    いつも思いますが、1度見たら忘れられないジャケットです。
    冬の5か月間閉鎖されるというホテルで管理人の仕事をすることにしたジャックとその妻ウェンディー、2人にはダニーという息子がいます。
    ホテルが閉鎖されると次第にジャックの様子がおかしくなり、ダニーも変化していきます。それに対して怯えてばかりのウェンディーですが最終的には息子を守るためジャックと対峙することになるのですが…。
    この映画は何よりも「雰囲気」が好きです。
    閉鎖された空間、壊れていく家族、不思議な双子、独特の雰囲気がありますよね。たまに見返したくなります。

  • ゆうみさんの感想

    何より「狂気」ができあがっていく様は怖い。
    輪をかけて、キューブリックの映像美が気味悪い。
    終始音楽で煽ってくる。
    もうなんだか不気味過ぎて、奥さんの妙にかわいい衣装の違和感にゾッとする。顔も怖い。
    そして「不気味」なままで終わっているので怖さの収めどころがない。語り過ぎず絶妙な塩梅。
    まあ一番恐ろしいのはジャック・ニコルソンということで。

映画の感想を投稿する

映画「シャイニング」の商品はこちら

IMAGE

シャイニング [Blu-ray]

Blu-ray > 外国のホラー映画
ワーナー・ホーム・ビデオ
ジャック・ニコルソン(出演),シェリー・デュバル(出演),ダニー・ロイド(出演),スタンリー・キューブリック(監督)

¥980
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20