映画:シャークネード6ラストチェーンソー完結

「シャークネード6ラストチェーンソー完結」のネタバレあらすじと結末

シャークネード ラスト・チェーンソーの紹介:2018年8月公開のアメリカ映画。サメの大群を巻き込んだ巨大竜巻との戦いを描くパニック映画シリーズ完結編。シリーズ初の劇場公開作で4DX上映される。すべてを失ったフィンの前に、未来から息子ギルが現れる。フィンは過去のシャークネードを壊滅する使命を背負い、時間旅行へと旅立つ…。

あらすじ動画

シャークネード6ラストチェーンソー完結の主な出演者

フィン・シェパード(アイアン・ジーリング)、エイプリル・ウェクスラー(タラ・リード)、ノヴァ(カサンドラ・スケルボ)、ギル(ビリー・バラット)、大人のギル(ドルフ・ラングレン)、スカイ(ヴィヴィカ・A・フォックス)、ブライアン(ジュダ・フリードランダー)

シャークネード6ラストチェーンソー完結のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①家族や友人すべてを失ったフィンを、未来からやってきた大人のギルが助ける。タイムトラベルをして過去のシャークネード1号を消せば、問題は解決するらしい。 ②フィンは先史時代から徐々に現代へ近づきつつ、時代時代のシャークネードを撃退した。結果、シャークネードがない世界を手に入れた。

【起】- シャークネード6ラストチェーンソー完結のあらすじ1

シャークネード6ラストチェーンソー完結のシーン1 かつてアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスとニューヨーク州ニューヨークの二大都市を、サメ(シャーク)を巻き込んだ竜巻(トルネード)、通称:シャークネードが襲いました。
2つの都市はこの災害により、たくさんの被害を出します。
フィン・シェパードと恋人・エイプリルは、途中仲たがいしながらも、シャークネードを撃退しました(映画『シャークネード』『シャークネード カテゴリー2』参照)…。

さらにワシントンはじめ東海岸にいくつもシャークネードが発生しますが、フィンたちは撃退します。
エイプリルは赤ん坊をサメの中で出産し、ギルと名付けられました。しかしエイプリルはシャトルの下敷きになりました(『シャークネード エクストリーム・ミッション』参照)。

エイプリルは死んだと思われましたが、エイプリルの父・ウィルフォード博士によって人工的なものに作りかえられ、生きていました。
アストロX社が開発した天候安定システムで竜巻が発生しなくなっていたのですが、またもや発生しはじめたシャークネードは、フィンがポッドを使って封じ込めをしました(『シャークネード ザ・フォース・アウェイクンズ』参照)…。

一連の出来事でNATOに招集されたフィンは、イギリス・ロンドンへ行きます。
しかしストーンヘンジの遺跡でデュークワカのハーネスを取り出した途端、シャークネードが発生し、ギルを巻きこんで去りました。さらに全世界でシャークネードが発生します。
ハーネスを持ったままシャークネードに入ると、ワープしてしまいます。
スイス、オーストラリア、ブラジル、イタリア、エジプトなどをフィンは移動し、日本にもシャークネードはゴジラっぽく上陸しました。
シャークネードで世界は荒廃し、フィン以外は全滅します。
しかし未来から大人になったギルが、フィンを迎えに来ました(『シャークネード ワールド・タイフーン』参照)…。


…大人になった息子・ギルとともにタイムトラベルしたフィンは、恐竜のいる先史時代へ行きました。
タイムトラベルはエネルギーが不安定で危険なので、過去に戻れるのは1回だけだと、ギルは言います。

今回のフィンの目的は、そもそもの元凶である「シャークネード1号」を叩いてしまうことです。そうすれば、フィンの時代にもシャークネードは生まれないという論理でした。
ギルはフィンを置くと去ります。
タイムトラベルで持ってきた妻・エイプリルの頭部を、フィンは持とうとしますが、恐竜が咥えて行きました。フィンは追っていきます。
(注:エイプリルはシリーズ4作目で人工的なものに作りかえられているので、頭部だけでも意識がある)

【承】- シャークネード6ラストチェーンソー完結のあらすじ2

シャークネード6ラストチェーンソー完結のシーン2 エイプリルの頭部が入った袋を取り返そうとした時に、恐竜たちは水の中へ入ってしまいました。
水中までは追っていけず戸惑うフィンの前に、巨大ザメが現れると、恐竜を丸呑みにします。

どこからかマスクをつけた女性が現れると、袋を咥えた恐竜を退治し、取り返しました。
マスクを取ると、女性の正体は元カノのノヴァです。
ノヴァは死んだはずでしたが、実は死の直前にギルに助けられており、この時代にひと足先に来ていました。
フィンの友人・ブライアンもギルに助けられて、生きています。
ギルがみんなを助け、この時代に連れてきたようです。

さらにフィンは、翼竜に乗って飛ぶエイプリルと再会しました。袋のなかのサイボーグのエイプリルではなく、生きたエイプリルです。
生きたエイプリルは、シャトル落下直前に、ギルが助けていたそうです。
フィンはみんながいることで、心強く思います。


地球に隕石が降ってきました。恐竜が絶滅するときです。
その頃、シャークネード1号が発生しました。
フィンは隕石を利用して、シャークネードを退治しようと考えます。

フィンたちは恐竜の背中に乗って、サメを次々に退治しました。
退治した後、タイムネードが前方に現れたので、フィンたちはタイムワープします。
(注:フィンの胸には「コンデンサー・バッジ」があり、バッジを利用し加速することで、時代を進めることができる)


…フィンたちがワープしたのは、お城がある時代です。
(エクスカリバーがあるので、アーサー王の時代か)
タイムトラベルの影響で、ブライアンが変わってしまいました。中年男性だったのに、若い女性に変化しています。

翼竜ごとワープしたフィンたちは、ドラゴンに乗っているということで、モルガナという女性に、城を襲いに来た敵だと思われます。
モルガナはフィンたちに攻撃をしようとしますが、マーリンという男が制止します。

フィンたちはウィンターという女性に、キャメロット城へ行けと言われました。
城へ行くと、その時代の最先端の武器が用意されています。

シャークネードが発生しました。
フィンがエクスカリバーを抜くと、刀の部分がチェーンソーになっています。
モルガナはサメに襲われて死にますが、フィンたちは無事にシャークネードを始末します。

あと6分でタイムワープの時間だと知ったフィンたちは、ウィンターたちに協力してもらいます。
大きな鍋にフィンたちは乗りこみ、投石器で飛ばしてもらってスピードを出し、次の時代へワープします…。

【転】- シャークネード6ラストチェーンソー完結のあらすじ3

シャークネード6ラストチェーンソー完結のシーン3 …次の時代は、アメリカ独立戦争の頃でした。
ブライアンの顔が、元に戻ります。

ベンジャミン・フランクリンやジョージ・ワシントンが指揮を執る部隊に合流したフィンは、もうすぐシャークネードが襲って来ると訴えます。
フィンとブライアンが説得をし、大砲を使う許可をもらいました。
新たに発生したシャークネードは、大砲と巨大バットで撃退します。

ところで元カノ・エヴァは、あることを考えていました。
エヴァがサメ嫌いになったのは、自分が大好きだった祖父が、サメに襲われて死んだからです。
タイムトラベルを繰り返すことで、祖父と再会できたあかつきには、釣りに行くなという助言を与えようと、エヴァは手紙を書いていました。
フィンはそれを知り、むやみに歴史を変えるなと注意し、手紙を破り捨てます。
(注:先にネタバレ。破って捨てたものの、先祖は拾っている)

次の時代へワープする段になり、ブライアンが「この時代で生きたい」と言い出しました。
ブライアンは歴史教師で、独立戦争に憧れていました。残ることになります。
フィンたちは凧つき馬車を爆薬で飛ばしてもらい、ワープします…。


…次の時代は、ビリー・ザ・キッドがいる、西部開拓時代です。
馬車がいきなり上空から落ちてきたので、ロン保安官はフィンたちを、ビリー・ザ・キッドの逃亡の手助けをした仲間だと思い込みます。

保安官事務所に連れられたフィンたちは、そこにギルを見つけます。
ギルは捕まり、投獄されていました。
さらにニューヨークで死んだはずのスカイが、生きていました。スカイもギルに、助けられていました。

ギルが処刑されそうな時に、シャークネードが発生します。
そのどさくさにまぎれてスカイがギルを助けます。
ロン保安官は、サメにやられました。
サイボーグのエイプリルがフィンに指示をし、目からビーム光線を出してサメを撃退します。

退治が終わって次の時代へワープする時に、ビリー・ザ・キッドがいっしょに未来へ行きたがります。
しかしビリー・ザ・キッドはサメの下敷きになって、死亡しました。
フィンたちはSLに乗り、ワープします…。


…次はだいぶ現代に近づいています。
フィンの両親が、まだ結婚していない時代でした。
カリフォルニア州サンタモニカの浜辺で、踊る人たちのところへワープしたフィンたちは、沖合ですぐさま、シャークネードが発生するのを見ました。

【結】- シャークネード6ラストチェーンソー完結のあらすじ4

シャークネード6ラストチェーンソー完結のシーン2 フィンは浜辺の人たちに危険を知らせようとしますが、その時、両親を発見します。
両親はまだ若く、結婚していません。
フィンの父はコンデンサーを作っていました。フィンはそれを利用し、撃退します。
両親はフィンに快く車を提供してくれました。
フィンは、両親2人の仲を取り持ちます。
フィンたちは次の時代へ、車でワープします…。


…次の時代は、映画『タイタニック』が流行していた1997~98年ごろです。
本当は現代へ一気にワープしたかったのですが、ノヴァが祖父に知らせたくて、サメに襲われた年にワープするよう細工していました。

ノヴァは祖父の惨劇を阻止しようとしますが、ノヴァが舵を切ったために船が座礁してしまいます。
ノヴァはサメに噛みつかれ、助けようとしたエイプリルも海へ越智、フィンはショックを受けました。
フィンとスカイはサメの背びれに紐をつけ、次の時代へワープします…。


…ワープした先は、荒廃したビル群が立ち並ぶ、20013年でした。一気に未来へ飛んでいます。
未来の世界は、エイプリルのサイボーグ軍団が支配していました。フィンたちは捕まります。

基地へ連れて行かれたフィンは、そこに人間のエイプリルもいることに気付きます。
サイボーグのエイプリル軍団が率いる屋敷には、チタニウム製のマットやクラウディア、ノヴァもいました。
スカイも金属に変えられ、フィンも攻撃を受けますが、その時、人間のエイプリルが起きます。
エイプリルはサイボーグのエイプリルと戦い始め、フィンはその力を利用してワープしました…。


…次にワープしたのは、現代にかぎりなく近い、メキシコ沖32kmの洋上でした。
(これ、映画『シャークネード』のオープニングに、似た場面がある)
そこには小さな船があり、秘密の取引と漁をしています。
網にサイボーグエイプリルの頭部がひっかかり、フィンが取り上げました。
海にシャークネードが発生し、船員たちは襲われます。

フィンは船長が持っているマシンガンやチェーンソーを借り、サメを撃退しました。
船長も奮闘しますが、サメに襲われます。


フィンがシャークネードに勝った時、船にギルが現れました。フィンを誘います。
ところがそのギルは、未来から来たサイボーグのエイプリルの、変装でした。
フィンからコンデンサーを奪うのが目的です。

未来のエイプリルと戦いになったフィンは、頭部のみのエイプリルに「頭の安全装置を作動させれば、リセットされる」と聞かされました。
キスをかわした後、フィンは安全装置を作動させます…。


…フィンはメキシコ湾の海沿いで、バーを経営しています。
エイプリルは身重で、ギルの出産が控えているところでした。
つまり、竜巻が発生しない世界になったのです。
(映画『シャークネード』の冒頭部分と似ている)

フィンは常連客たちに、1杯おごると言い、客たちは歓声をあげました。
乾杯をした後に、エイプリルは産気づきます。
慌てる一同の背後で、テレビが天気予報を映していますが、そこでは「いい天気」と報道していました。

大きく、「FIN(注:「終わりという意味の文字」「主人公・フィンの名」)」と表示される。

みんなの感想

ライターの感想

もうなんか、最後らへんカオス状態になってます。特に、未来のシーン。
シャークネード、初期の頃はサメ率がすごかったのに、今作品では「フィンを取り巻く環境」のほうに主眼が置かれており、シャークネードはそえもの。
とはいうものの、確かに、フィンとその家族のストーリーに惹かれて、シリーズを見続けている人が多いだろうから、納得はする。
今回、本当に完結編っぽい。ハッピーエンド。
途中、もうなんかすごく安っぽいCGとか詰め込まれていたし、ストーリーがはちゃめちゃすぎたけど、
とにかくシリーズを完結してくれたことに感謝。
  • 匿名さんの感想

    FINの意味としてサメのヒレのフィンの事。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「シャークネード6ラストチェーンソー完結」の商品はこちら