映画:ジョーズ3

「ジョーズ3」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ジョーズ3の紹介:1983年制作のアメリカ映画。映画『ジョーズ』シリーズの第3弾。大型水族館を襲うホオジロザメと人間との戦いを描いた作品。

ジョーズ3の主な出演者

マイケル・ブロディ〔マイク〕(デニス・クエイド)、キャスリン・モーガン(ベス・アームストロング)、カルヴィン・ボーチャード(ルイス・ゴセット・ジュニア)、フィリップ・フィッツロイス(サイモン・マッコーキンデール)、ケリー・アン・ブコウスキ(リー・トンプソン)

ジョーズ3のネタバレあらすじ

【起】– ジョーズ3のあらすじ1

警察署長・マーティン・ブロディ(『ジョーズ』『ジョーズ2』参照)の息子・マイケル、通称・マイクは立派な大人に成長し、エンジニアになりました。

特殊ガラスで作ったトンネルを海底に作り、客が自由に海底を見て回れるレジャー施設『シー・ワールド(海底王国)』がフロリダに完成します。マイクはシー・ワールドのチーフ・エンジニアとして勤務していました。

マイクには海洋生物学者の恋人・キャスリンがおり、キャスリンもシー・ワールドで働きます。

開園を翌日に控えた前日、海洋映画作家・フィリップをはじめとする来賓者が訪れました。マイクの弟・ショーンも会場に来ます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジョーズ3」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×